2017年3月 5日 (日)

新しいブログ始めました

「未来社会の道しるべ」http://future-reading.hatenablog.com/

「人生挫折医師の叫び声」(将棋ネタあり)http://readingfuture.blog.fc2.com/

2017年2月21日 (火)

The excellent board gamer should become a professional shogi player.

Shogi shares similar rules and the same origin with chess. The all legitimate states of shogi is 10 power to 70, those of chess is 10 power to 47, and those of go is 10 power to 170. In short, shogi is more complex than chess and much less complex than go. Certainly, it’s more difficult to learn the rules of shogi than those of chess, however making money is easier for shogi than chess.

The players of shogi are estimated at about 4 million by the Japanese governmental survey. (cf: http://www.stat.go.jp/data/shakai/2011/) The top shogi player earns about 1 million dollars EVERY YEAR. (cf: https://www.shogi.or.jp/news/2017/02/201610.html) Even the rank 10th shogi player earns more than 150,000 dollars. Japan has about the 200 professional shogi players including female pros. Once you become a pro shogi player, you can usually make money enough to live in Tokyo for 20 to 40 years by playing just 10 to 80 matches per year. The rest 300 days of a year without matches? You can do whatever you want. I can’t find trustworthy data about how many chess players and how much top chess players earn, but I’m sure making money by shogi is much more efficient for effort than chess.

However, the pro shogi players are facing a risk of losing their jobs because of computer shogi. Computer shogi has revealed that the pro shogi players are so timid and so stupid that they can’t understand the truth of shogi found by computer. To my surprise, many Japanese people HAVE NOT YET understood that computer surpassed a top pro shogi player about 5 years ago even after computer go defeated a top go player last year. That is this blog topic. I think you can find an eccentric and noteworthy feature of the Japanese people on this blog.

Are the pro shogi players samurais?

The pro shogi players usually think highly of Japanese tradition. The pro shogi was born 400 years ago during samurai period, but the pro shogi players seem to think lightly of samurai spirits.

I believed the pro shogi players were samurais. Samurais always dare to challenge stronger players and never make any excuse. However, facing strong computers, a top pro shogi player had avoided challenging them for at least 5 years and made miserable excuses for it.

Interestingly, some Japanese CONSERVATIVE people have backed up this pathetic top shogi player. They said that they didn’t want to watch a top pro lose to computer even though other Japanese people had been eager to watch this historical shogi match between a human and a computer.

Why? Japanese conservative people respect samurai spirits and never accept cowards or any excuse for avoiding challenges, don’t they? One of the reasons is that conservative people despise new technology though they have never tried to defect from a high-tech country, Japan, but it doesn’t explain all of the reasons. I think that if you understand this, you could get a new insight into a Japanese or a human.

Are the pro shogi players really clever?

Meijin has been the highest title of the pro shogi players for 400 years. Mr. Ito made the first computer shogi to defeat a former Meijin, Mr. Yonenaga. (cf: https://en.wikipedia.org/wiki/Computer_shogi) Mr. Ito was also the first person to say broadly that a computer shogi surpassed even current Meijin.

It’s no wonder that almost all of the pro shogi players didn’t accept what Mr. Ito said. However, Mr. Ito proved that by statistics, Elo rating. Needless to say, shogi is a logical board game, so the pro shogi players must be good at logic, but actually most of the pro shogi players couldn’t understand Elo rating for some years. They finally came to realize around 2016 that a computer shogi already surpassed the pro shogi players. (cf: http://news.nicovideo.jp/watch/nw2146725) Now, we are able to know that a computer shogi substantially surpassed a top pro shogi player in 2011 or 2012, thanks to Mr. Ito. (cf: http://aleag.cocolog-nifty.com/blog/cat60425624/index.html)

Still, without statistics, the pro shogi players must realize the contents of shogi the best in the world, so they should have come to know firstly that a computer surpassed a human. The fact is that they couldn’t realize it for about 5 years. If they don’t understand even the contents of shogi, what do they exist for?

Another “Naked Emperor” in Japan

The Emperor’s New Clothes by Andersen has been one of the most popular fables in Japan. I think the reason why the Japanese people like this fable is that Japan has a lot of naked emperors.

A computer shogi defeated the pro shogi players many times,(cf: https://en.wikipedia.org/wiki/Computer_shogi) but some Japanese people still believe that it doesn’t mean computer surpassed humans because Mr. Habu, the most famous pro shogi player, has not yet been defeated by computer. Mr. Habu is the very man who has been wanted to challenge a computer shogi the most but escaped it for at least 5 years. I wrote on this blog that he spread ridiculous rumor to avoid a match with computer (cf: https://perfect-chaos.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-53db.html) and that he is the naked Emperor who insist that his clothes can’t be seen by fools.(cf: https://perfect-chaos.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-03e6.html)

However, this perspective hasn’t spread around Japan at all. Especially, the nationwide newspapers, which are the main sponsors for the pro shogi players, haven’t yet said officially that a computer shogi has surpassed Mr. Habu overwhelmingly. They managed to say that a computer might surpass a top shogi player. (cf: http://www.sankei.com/column/news/161009/clm1610090004-n1.html)

Actually, not only the pro shogi players but also a lot of the well-educated Japanese people haven’t realized that a computer surpassed Mr. Habu about 5 years ago although it can be proven scientifically, and some of them still don’t accept it. It’s unbelievable for a lot of the Japanese people not to realize it after an American computer go defeated a Korean top go player who is stronger than all of the Japanese pro go players. Shogi is more complex than chess and much less complex than go. Therefore, computer defeats humans firstly in chess, secondarily in shogi, and finally in go. Definitely, the things go that way. If you went through Japanese math education, you must understand that simple logic. It’s impossible even for Mr. Habu to win against computer because computer already defeated humans in go. I wrote that many times on this blog, but all of the nationwide newspapers, which must have a lot of Japanese well-educated journalists, haven’t yet referred to that topic. It’s so weird, but pathetically those kinds of peculiarities happen in Japan. The Japanese people sometimes consider a naked emperor well-dressed even though they know the emperor is actually naked.

If you know a well-known Western journalist, could you make him/her write this absurd fact? It’s very embarrassing to say, but the Japanese people suddenly admit a fact after the Western people point to it.

2016年11月 5日 (土)

日本が世界最高のAI国家になる方法

日本が世界で最も情報公開を進めれば、今すぐにでも世界最高のAI(コンピュータ)国家になれるでしょう。ビジネスチャンスは飛躍的に広がり、先進国で極端に低い生産性は段違いに向上するはずです。実力は正当に評価されるようになり、福祉に取り残された人たちを救えると考えます。

コンピュータが社会生活を豊かにする条件は、次の三つがあるでしょう。

①コンピュータ技術の向上

②コンピュータ使用についての法整備

③社会のコンピュータ認識の変化

ここでは①については触れません。現状のコンピュータ技術のままでも②と③を進めるだけで、日本が世界最高のコンピュータ国家になれると確信しているからです。まず、次の(1)を実現するだけでも、現在なら世界最高になれるでしょう。

(1)日本中の法人の金銭取引を全てネット上に公開する

この法人には行政機関も含め、金銭取引は給与も含めますが、私人の金銭取引は除きます。日本中の法人の全ての商品、全てのサービスの現在と過去の販売価格がネット上に公開されます。世界中どこからでも、日本語を理解している人なら、日本での金銭取引がネット上で簡単に把握できます。

たとえば、私が「プロ将棋ビジネス大成功!」で書いたスポンサー支援のプロ将棋リーグ企画が実現可能かどうか、以上の情報がネット上で収集可能であれば簡単に調べられます。どこそこの会場使用料と運営料はいくらで、どこの企業にチケット販売を委託する値段がいくらで、棋士の給与がいくらで、あちらの企業はスポンサー費用として観客〇人につき×万円を払ってもらえるから、観客を△人集めれば黒字にできる、などが一般人でも無料で計算できます。こんな社会になれば、ビジネスチャンスは今と比較にならないほど広がります。若者の起業家数は今の何%増ではなく、何倍にもなるに違いありません。国内や海外からの投資額は大幅に増えるでしょう。

メリットはこれに留まりません。「これだけ勤勉に働いているのに、なぜ日本人の生産性が低いのか」の疑問もこれで氷解します。同業他社と比べれば、非効率に人件費をかけている部署が分かるからです。また、自分の給与が全国規模で比較して不当に安いと分かり転職できるので、実力は正当に評価されやすくなります。倒産寸前の違法な会計操作は日本企業の情けない習慣になっていますが、それも事実上撲滅できます。生活保護の不正受給はゼロに近くなり、一方で、本来福祉の対象にすべき人たちが明らかになります。公的機関の金銭取引や公務員の給与も全てネット上に公開されるので、税金の無駄は激減するでしょう。

なお、全ての企業の全役員、全従業員の給与は公開しますが、その給与を得ている個人名は非公開です。家族に内緒でパチンコに費やしている金額や、買った下着の値段と種類などの個人の消費がネット上に公開されるわけでもありません。

それでも個人事業主などの収入が全世界に公開されるので、お金持ちが泥棒に狙われやすくなる恐れはあるでしょう。確かに、上の改革は大きなデメリットも確実にあります。しかし、全体で考えれば、メリットがデメリットを遥かに上回ると私は確信しています。また、そうなるように政府、国民が制度を運営できるはずですし、そうすべきです。たとえば、泥棒が発生しないように恵まれない人の福祉を充実するなどの方法があります。この制度を適切に運用して、日本中の理不尽や不条理や非効率や不公平を解消していけば、犯罪率はむしろ下げられるはずです。

この制度の導入により、事務処理の効率化は各段に進むと期待できます。そう遠くないうちにキャッシュレス社会にも自動的に移行するでしょう。日本中の全ての人がそれぞれ欲しいデータをネット上で探しやすくするため、あるいは比較しやすくするため、SEやプログラマーの仕事は大幅に増えるのは間違いありません。また、効率化によって削減できた人手は、現状で圧倒的に不足している福祉の手を差し伸べるソーシャルワーカーなどに大量に回すべきでしょう。パワハラ撲滅のための役人数などは数十万人単位かそれ以上に増やしてもいいはずです。

こんなことを提案すれば、「それでは企業秘密が世間に知れ渡ってしまうではないか」と猛反対する人が出てきます。しかし、企業が持つ技術や会議資料を公開するわけではありません。あくまで企業の金銭取引だけをネット上に公開します。どうしても金銭取引を非公開にする必要があれば、公的機関の許可を得た時のみ例外的に認めるべきで、よほどの事情がない限り、企業名と商品と金額と経費と給与を1円に至るまで随時ネットで公開すべきと私は考えます。

なお、何十年後かの未来でないと実現しないかもしれませんが、次の(2)(3)の改革も今すぐ適切に実行できれば、他国が到底追いつけないほど、日本がIT先進国になるでしょう。

(2)私人間の金銭取引を全てネット上で公開する

(3)日本人の位置情報を全てネット上で公開する

日本人であれば世界のどの場所にいるか、ネット上で正確に把握できます。また、誰が何時にどこの店でなにを買ったかネット上に一つ残らず記録され、統計データが出ます。希望しない場合は、個人データを非公開にすることも簡単にできますが、匿名の統計データとしての記録は保持されます。

こんなことを書くと「世間知らずの大バカ野郎! それだと嫉妬深い妻に、若い女性社員が飲み会にいたとバレるだろう! それだけで浮気したって激怒するんだぞ! データ公開拒否したって妻なら猜疑心から怒るに決まっている! 人の結婚生活を壊す気か!」などと考える人がいるでしょう。でも、そんな嫉妬深い妻がいる自体、おかしいですよ。その妻は精神的なサポートが必要で、(2)(3)の導入以前に重要な問題があります。むしろ、上のようなシステムを導入することで、その妻が精神サポートの対象だと社会に認知され、夫にとっても問題を一人で抱えなくて済むので、いいじゃないですか。

私は(2)(3)が今すぐ導入されても問題ありません。(2)(3)の導入に抵抗する人は、本当に浮気しているか、近しい人に嘘をついているか知りませんが、なんらかの後ろめたいことがあるからでしょう。結婚後の浮気(不貞)は不法行為ですし、後ろめたいことは誰にでもあるので、なにも嘘をつかなくてもいいはずです。個人情報を非公開にするシステムでも救済されないほどに嘘をつく必要があるなら、大抵、その裏には個人ではなく社会として解決すべき問題が隠されていると推測します。確かに(2)(3)にデメリットはありますが、メリットも多くあります。より成熟した社会になれば、メリットがデメリットを凌駕するように運用していけると私は考えています。

(2)(3)のメリットとしては、まず、家に鍵をかけなくていいことが挙げられるでしょう。持ち主の許可なく泥棒が家に入った時点で、その泥棒の位置情報が警察に自動的に行って、すぐに逮捕できます。集団どころか個人の消費行動まで追跡できるので、在庫は極限まで減らせるでしょう。一人ずつの需要と供給を結びつける開発、製造、流通、販売システムも完成できるはずです。社会面でいえば、上記のように浮気が難しくなるので、もてる人が複数の異性と付き合うことは少なくなるに違いありません。あるいは、女性が自身の収入以下の男性と結婚する確率は3%以下であるが、20代女性の平均収入以下の20代男性は33%であると、怪しい雑誌の調査ではなく、公的な統計で判明したりすれば、結婚率上昇のためにどのような対策をとるべきか社会全体で考えられ、少子化問題を解決できるかもしれません。

このような情報公開社会を提案すると、「1984年」などのSF小説を読みすぎなのか「管理統制社会」と批判したり、戦時中の憲兵による風紀介入を引き合いに出して「デートも気軽にできなくなる」と批判したりする人が必ず現れます。もちろん、公的機関、特に警察の情報介入は適切になされるべきで、それについては十分に考慮すべきです。しかし、役人が把握できる情報は原則、全てネット上に公開すべきだと私は考えています。公的機関の一部専門家は知っているが、一般人は知らない情報があるのは好ましくないでしょう。

それに、現在だってGoogleamazonなどの外国企業が日本企業や日本政府以上に日本人の位置情報や金銭取引情報を把握し、それを活用して利益を産み出しています。だからといって、日本社会に大混乱など生じていません。なにより、外国企業に日本人の膨大な情報を日本企業や日本政府以上に利用されて、悔しくないですか?

少し話は脱線しますが、「アップル帝国の正体(文藝春秋、後藤直義著,森川潤著)」という、日本のiPhone使用者全員に読む義務を課したいような本があります。iPhoneの精密部品の多くを日本企業が作っているものの、アップルにそれらの精密部品を安く買いたたかれて、膨大な利益をアップルに持っていかれている構造が赤裸々に書かれています。私にとって最も悔しかったのは、iPhoneの液晶画面を1億個も作っているシャープ工場のある三重県亀山市で、「そんな田舎でiPhoneが売られていたらブランドイメージに傷がつく」という理由から、アップルがiPhoneの販売を認めていない現実です(現在は販売されているようです)。幕末、高杉晋作が上海に行って、「中国人が作った中国にある橋なのに、イギリス資本という理由で、中国人の無料通行は一切認められていない」現実を知り愕然としたことを思い出しました。アップルによる屈辱的な搾取が起きる大きな理由は、日本製造業についてのアップルの情報収集能力だと、上記の本を読めば分かります。情報を非公開にしたところで完全機密にするノウハウもない日本人相手なら、情報の価値を知り抜いている外国企業相手に勝てません。だったら、最初から情報を全て公開すればいいんですよ。それに、一部の怪しい情報通、一部の大企業、公的機関だけが情報を利用できる不平等は好ましくありません。どんな人でも日本中のあらゆる基本情報をネット上で簡単に利用できていたなら、新しいアイデアが今の何百倍以上も生まれていたはずです。日本語の特殊性があるのに外国企業につけこまれることもなく、日本人の誰かがiPhoneのような製品を作って、数兆円規模の利益が日本に毎年入っていたことでしょう。

(1)(2)(3)の改革は夢物語のように思われるかもしれませんが、100年後にはどの国でも導入しているに違いありません。そのような情報公開制度を効果的に運用する社会をいち早く実現すれば、日本が世界をリードできると私は確信しています。多くの日本人が1日でも早くそれを理解して、日本が世界に先駆けて情報公開社会を達成し、物資的にも精神的にも豊かになれることを願っています。

(付記)

粗削りですが、この記事のアイデアは「新・船中八策」と呼べるほどに、日本の進むべき情報社会の姿を20年から50年は先取りして示せたと自負しています(とプライドの高い筆者が自惚れています)。こんなブログで「便所の落書き」で終わるのはもったいないアイデアのように思うので、誰か広めてくれると嬉しいです。これ以上のアイデアは私に考えられないでしょうから、『アメリカとヨーロッパの経済比較から、プロスポーツやプロ棋界の廃止により日本人の一人当たりGDPが向上する仮説』『人工知能バブルが起こる危険性』『将棋・囲碁を教育に用いた場合の悪影響』『プロ棋士は性格(礼儀作法や話し方)が素晴らしくても、人間性(話す内容)は空っぽである』など、語り残したテーマはありますが、こちらのブログはしばらく休止する(あるいは終了する)つもりです。上から目線と皮肉の度合いがひどくなる一方のブログをここまで読んでいただき、誠にありがとうございます。また、特にプロ将棋ファンの心情を著しく害して、大変申し訳ありませんでした。

2016年11月 4日 (金)

ソフト使用スキャンダルで盲目になるプロ将棋界

次の記事で、このブログは一度閉める予定ですが、その前にこの記事を挿入しておきます。プロ将棋界の視野狭窄はこれまでに指摘した通りで、この記事を書く時期に話題になっているソフト使用スキャンダルはプロ将棋の存在価値を広い視野で見つめる絶好の機会のはずなのに、そうはなっていません。むしろ情報発信する棋士やファンの多数は、新しいスキャンダル情報のたびに興奮して、その真偽に振り回されている有り様で、視野狭窄は極限まで進み、もはや盲目と言っていいほどひどい状況です。

日本人全体でいえば最初から記憶に残っていない方が大半でしょうが、プロ将棋界ではこの1ヶ月ほどソフト使用スキャンダルで天地が動転したかのように大騒ぎしています。それは別にいいのですが、「この機会にプロ将棋界のあるべき姿を考えよう」「ソフトが強くなった今、プロ将棋はどうあるべきか考えなければいけない」の掛け声はあるものの、そこから踏み込んで「どのような改革を断行すべきか」の案がなぜか出てこないようです。せいぜい不正防止策などの案が出る程度です。それだけでは、スキャンダル前の状況に戻るに過ぎません。私がこのブログに書いてきたような考察はどこにも、本当に一つも見つけられません。まるで政治スキャンダルの報道にはいちいち過剰に反応して批判を浴びせるくせに、政治改革の報道になると難しいからとそっぽを向く無知蒙昧な大衆を観る気分です。以前にも書きましたが、バカな政治家がいるのはそれを支持するバカな民衆がいるからで、プロ棋士制度が対局時間の大幅短縮などの最低限の改革すら行われていないのは、それを固持しようとするプロ棋士たちがいて、それを支持するファンがいて、無関心ながらそれを容認する国民がいて、そしてプロ棋士制度を金銭的に援助するスポンサーがいるからです。

この機会に、プロ棋士全員にどうして今の仕事をしているか、聞いてみたらどうでしょうか。

・家族の食い扶持を稼ぐためでしょうか?

・頭がいいとチヤホヤされたいからでしょうか?

・自分の好きな遊びでお金儲けをしたいなんて幼稚な理由でしょうか?

最後の理由を幼稚と言うのは失礼かもしれませが、私の実感です。好きなことを仕事にできないどころか、できればしたくない仕事に従事して、なけなしの金を稼ぐだけの若者なんて、日本に何百万人もいます。ストレスばかり感じて、毎日自殺を考えている若者だって何名いるか分かりません。無料の自殺相談電話に24時間いつかけても、すぐにかからないことを知っているプロ棋士は何人いますか? あまりにかける人が多くて、まずつながらないのです。そんな状況から這い上がって、なんとか医学部に入ったが、卒業前には奨学金の借金が1千万円を越えている奴だって世の中にはいます。そんな奴からすれば、上記の三つに類似した理由だけで棋士であるなら、くだらないですよ。自分やその周りの人だけではなく、社会的に本当に価値のある仕事をしてください。

ここで「棋士がどれだけ努力しているか知っているのか! 十年以上も努力し続けて、ようやくプロ棋士になった若者が、人間とは桁違いに計算力の高い将棋ソフトに仕事を脅かされているなら、かわいそうと思わないのか。上の例で出てくる医学生が医師になった途端に、診断ソフトの登場によって仕事を奪われるようなものだ!」と言う人がいれば、私ならこう答えるでしょう。

「診断ソフトの登場によって、その医学生が診断の仕事をできなくなるのは仕方ありません。そもそも、その医学生が医師になる個人的な理由はともかく、人を病気から救うために、医師が社会的に価値を持ち、仕事として成立していることは理解しているはずですし、理解しなければなりません。診断ソフトが医師以上に人を病気から救えるのなら、その医学生は診断以外で人を病気から救えばいいだけです。ところで、棋士はなんのために将棋を指しているのですか? 日本人の1%も楽しみにしていない退屈な対局のためですか? ソフトが判断すればミスも多いプロ将棋の棋譜を、どこかのカルト集団の教祖の言葉のように、実は内容をよく理解していないファンたちに崇めてもらうためですか? 今回のスキャンダル騒動では、『不正を告発して、不正がなかった場合、告発者が罰せられる』というチェス界にあるらしい妙なルールを導入すべきだ、と主張する奴までいるようですね。チェスではソフト不正使用と不正摘発のイタチごっこをしていますが、そんなことまでプロ将棋界は後追いするつもりなんですか? プロ将棋界が世界に率先して示せる改革案や矜持はないのですか?」

2016年11月 2日 (水)

電王戦の意義

「人工知能が人間を目標に追いつき追い越すことについて(略)(社会を)いかにうまい方向へもっていけるかは、この電王戦の意義かなと思っています」(電王戦final5局後、ponanza開発者山本一成氏の言葉)

私を含め、電王戦を人間とコンピュータの関係を考える機会と捉えている人は少なくありません。ドワンゴの川上会長や朝日新聞社説からも同様の見解はうかがえるはずです。しかし、いまだコンピュータの誤解が蔓延しており、山本氏の言う電王戦の意義が達成できているとはとても思えません。日本がIT社会(コンピュータ社会)に遅れてしまった要因が、電王戦によって炙り出されていると私は考えています。

コンピュータ社会は20年以上前から到来しています。日本でも、いくつかの仕事がコンピュータによって消滅してきているはずです。しかし、先進国で際立って低い日本の生産性(http://www.jpc-net.jp/annual_trend/)の要因として、しばしばIT化の遅れが挙げられています(一例としてhttp://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je07/07b02030.html)そこでもう一歩踏み込んで、なぜ日本でコンピュータによる合理化が進んでいないのか、と考えてみると、「コンピュータへの誤解の蔓延」は必ず挙げられるべき要因だと今の私は確信しています。

母国民を称賛して恐縮ですが、日本人は極めて精密に仕事を進めます。その正確さと速さは世界中のどの国民をも圧倒しており、まるでコンピュータのようです。それこそが、1980年代後半、日本が歴史上最高の存在感を世界に示せた大きな要因であったはずです。しかし、コンピュータのような精密さは、進化するコンピュータそのものには、やはり勝てません。日本はかつての成功体験に執着して、コンピュータ優位の現実をいまだ受け入れられていないと私は考えます。

今後10から20年で日本の就業人口の49%が人工知能やロボットなどで代替可能になるとの予想が昨年末に発表されました(https://www.nri.com/~/media/PDF/jp/news/2015/151202_1.pdf)IT化がこれほど速く進むほどの「素晴らしい日本の未来」を私は想像できませんが、日本人がどれほど抵抗しても、100年後、コンピュータによって代替されている仕事は、49%かそれ以上あるとは想像しています。そして、コンピュータへの効果的な切り換えが遅くなるほど、日本人の生産性成長率が低くなり、世界経済から取り残されることは間違いありません。そんな当たり前のことすら理解せず、日本人は未開人のようにコンピュータを敵視し、その歴史の流れに抵抗しています。それは技術面の問題でなく、精神面での問題です。

まさに電王戦は、その日本人のコンピュータ認識問題を浮き彫りにしてくれました。この機会にこそ、自らの中にあるコンピュータへの異常な抵抗感に気づくべきです。もしかしたら、こんな機会は日本に2度とこない可能性だってあります。

人工知能はまだ学習能力も、思考能力も、感性能力もありません。人間に使われる道具に過ぎません。

一方で、コンピュータを有効活用すれば、事務作業を中心に、多くの仕事から人間を解放してくれるのも事実です。

将棋での人間とコンピュータの関係を通じて、いかに日本人が愚かであったかは、このブログでいくつも指摘してきました。非科学的な都市伝説を生み出し、人間有利の理不尽なルールを設定し、人間がコンピュータに負けている現実を何年間も理解しませんでした。囲碁で先にコンピュータ優位と決まった後でさえ、大多数の国民はその異常さに気づいていません。

また、コンピュータを考慮しなくても、プロ将棋やプロ囲碁がいかに異常な制度になっているかも指摘してきました。それらの指摘は私以前にも多くの人がしてきたにもかかわらず、「そういう習慣だから」などの非科学的、非経済的な理由で、抜本的な改革もなされないまま、制度が継続してきています。そんな硬直的な制度は、日本で他にいくらでも見つけられるはずです。
日本人はこれらの異常さを、取り繕わずに、ありのままに「異常だ」と直視すべきです。その正しい現状認識ができない限り、なにも始まりません。そして、異常な現状を真摯に反省して、これからの未来、どうコンピュータを活用していくべきかを正しく考えなければならないはずです。


ただし、別の観点で見れば、希望もあると思います。日本人は認識を変えればいいだけで、これから長期間努力して新しい技術を獲得する必要はないからです。今ある技術を有効に活用すれば、それだけで日本人全体の生活水準を劇的に上げられると推測します。「日本が世界最高のAI国家になる方法」の記事(http://perfect-chaos.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/ai-4d6f.htmlに、私の考える、その最良の方法を述べています。

2016年11月 1日 (火)

アルファ碁勝利後の日本人の異常な反応

私がこのブログを始めたのは「将棋より囲碁で先にコンピュータVS人間が決着した意味を、もしかして日本人の誰も理解していないのか」という戸惑いがあったからです。ブログを始めて7ヶ月くらいたちますが、上は全国紙社説から下はネットメディアまで、私と同様の意見を発見することはありません。それどころか「不屈の棋士」などに代表される全く逆の見解や、「一体どこをどう見て考えたんだ?」という私には理解不能な見解が満ち溢れています。

10年後の日本人には信じられないかもしれませんが、いまだに次のような事実があることを記しておきます。

1、囲碁でのコンピュータ勝利ニュースが世界中に流れた後に、「将棋でコンピュータがトッププロに勝っているのか?」という疑問を、多くの日本人ジャーナリストが普通に持っています。なお、ネットで1日も調べれば、その答えは4から5年前に出ていると、義務教育修了程度の統計能力があれば証明できます。

2、上のような疑問を持つのに、「もし将棋でトッププロがコンピュータにいまだに勝っていたなら、日本のコンピュータ技術はどこまで遅れているんだ?」という、私だったら必然的に生じる疑問は全く出てきません。

3、アルファ碁ニュースに「囲碁文化の乏しいアメリカのコンピュータがトッププロに勝ったのに、どうして日本製コンピュータがまだトッププロを倒していないんだ!」、「遥かに複雑な囲碁でコンピュータ優位が公式に決まったのに、将棋でコンピュータVS人間決戦が遅れているのは日本の恥だ!」と私は考えたのですが、それらの発想がほぼ全て(推定で99.9%以上)の日本人にありません。

繰り返しますが、アルファ碁勝利直後だけの話ではなく、7ヶ月たった今も、上の事実が継続しています。10年後の日本人なら、「なんで誰も上の事実の異常さに気づかないんだ? Googleが日本中に催眠電波でも送っているのか?」という私の戸惑いを理解してもらえるのではないでしょうか。

1980年代後半、世界最高最強の国家であるアメリカの人たちに「憎らしいほど精密な日本製品をぶち壊せ!」と発狂行動をとらせるほど、高度な科学技術力を誇った日本の姿はもはやありません。ITメディアまでが、プロ棋士と人工知能(コンピュータ)を並べると、プロ棋士を応援して、コンピュータを敵視しているほどです。コンピュータを使って書いた『コンピュータは敵だ』メッセージをコンピュータ上に流していることに、なんの疑問も感じず、そんな記事を書くライターにIT企業が給与を払っているのですから、喜劇以外のなにものでもありません。コンピュータで生活がこれまで豊かになってきて、これからも豊かになっていくことに、本当の本当に気づいていないようです。現在、アメリカが先導する科学技術相手に発狂しているのは、日本人です。

どうして日本人は科学技術でここまで落ちぶれてしまったのでしょうか。まるで「魂を抜かれる」とカメラに怯える未開人のようです。残念ながらカメラにそんな凄い機能がないように、人工知能にも日本人が恐れるほどの凄い機能はありません。

いいかげん、未開人並みの発想を逆転させましょう。「人間の仕事の49%がコンピュータに奪われる」のではなく、「人間の仕事の49%がコンピュータにしてもらえる」が正しいです。つまり、今やっている仕事の49%もコンピュータが自動的に処理してくれるのです。人類にとって進歩以外のなにものでもないはずです。

たとえば、次の事実はどう思いますか?

1920年から2000年までの80年間に、ある産業の就業人口割合が約49%も下落しました(http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/11/s1111-6b.html)

もちろん、その衰退した産業は農林水産業(第一次産業)です。これを、機械が人間の仕事を奪ったと解釈しますか? 普通に考えれば逆でしょう。機械が人間の代わりに面倒な仕事をしてくれるようになったのです。結果、人間の生活が楽になり、空いた時間により価値ある仕事ができるようになりました。この流れを止めることはできませんし、止めるべきでもないはずです。もし止めようとしたら、日本経済が最悪の状況に追い込まれるだけでしょう。

また、上の事実に対して、もし1920年からのわずか20年間で第一次産業の就業割合が49%減少していたら、それをどう考えますか? 日本が急ピッチで近代化を進めた証拠になったでしょう。むしろ喜ばしいニュースのはずです。

電王戦の意義は、日本人のコンピュータに対するひどい誤解を浮き彫りにしたことにある、と私は考えています。あるいは、電王戦こそ、日本人が既に到来しているコンピュータ社会にいかに適応していくべきか考える絶好の機会である、場合によっては最後の機会である、と考えています。これについて、次の記事でさらに掘り下げます。

2016年10月27日 (木)

将棋とプロ将棋は区別すべきである

プロ棋士やプロ棋士ファンがしばしば混同していますが、将棋とプロ将棋は別物です! あまりにも混同されているので、この違いはどんなに強調してもいい気がします。また、私もこのブログの一番初めに書くべきだったかもしれませんが、この違いの差こそ、プロ野球との最大の差でしょう。つまり、野球で遊ぶ人よりもプロ野球ファンは遥かに多いのですが、プロ将棋ファンは将棋で遊ぶ人よりも遥かに少ないのです。重要な違いなので、下に繰り返します。

 野球 ……  野球競技人口   << プロ野球ファン人口

 将棋 …… プロ将棋ファン人口 <<  将棋競技人口

より具体的な数値を出します。

プロ野球ファン人口……2998万人(参照:三菱UFJリサーチ&コンサルティングとマクロミル「2015 年スポーツマーケティング基礎調査」)

野球(キャッチボール含む)競技人口……812万人(参照:総務省「平成23年社会生活基本調査」)

将棋競技人口……393万人(参照:総務省「平成23年社会生活基本調査」)

プロ将棋ファン人口……不明

残念ながら、プロ将棋ファン人口を公平に求めたデータは見つけられませんでした(あったらコメントにぜひ書いてください)。ただ、将棋番組の推定視聴率と私の周りにいた将棋好きとの会話から考えて「プロ将棋ファン数<<将棋好きの数」だと確信しています。ほとんどの将棋ファンは、プロ将棋に関心など全くなく、将棋で遊んでいると推測します。だから、プロ野球を廃止したら、そのせいで野球競技人口が激減する可能性は高いかもしれませんが、プロ将棋を廃止しても、そのせいで将棋競技人口が激減する可能性はあまりないでしょう。

もしそうであるなら、トッププロがソフトよりも実力で遥かに劣る今、プロ将棋が存在する意義はないはずです。まずはプロ将棋ファン人口と将棋競技人口が等しくなる程度には、プロ棋士たちは普及活動に邁進すべきではないでしょうか。また、どのように将棋を活用すれば今後の社会で有益であるか、私がこのブログで論じてきたよりも広く深く、プロ棋士たちは考える責任があるはずです。

ところで、日本将棋連盟の公式HPには、根拠を示さずに将棋人口を1500万人と書いています(http://www.shogi.or.jp/faq/other/)。どうやら将棋連盟は日本政府の公式調査を信用できないようなので、公益社団法人認定を取り消して、日本から出て行ってもらうといいでしょう。
冗談はともかく、日本将棋連盟は定款で「普及」を目的としているので、プロ将棋ファン人口はどんなにお金がかかっても、公平に求める義務があるはずです。会社の利益増を目標にしたのに、今年の利益数値を知らない上に、目標値を定めていないでは、話になりません。また、日本将棋連盟のスポンサーである大手新聞各社も、プロ将棋ファン人口の数値には敏感になるべきでしょう。
というより、日本で最も質の高い情報を集められるはずの大手新聞各社が例外なく将棋連盟に毎年、何千万円や何億円と寄付しているのに、プロ将棋ファン人口の公平な数値が発見できないのは、一体どうしてなのでしょうか? 新聞社はなんの計画もなく、なんのチェックもせず、なんの改善要求も出さないまま、日本の伝統文化だからと、将棋連盟に何十億円も払い続けてきたのでしょうか。

2016年10月26日 (水)

将棋は面白いゲームですが、人生をかけてはいけません

こんなたとえ話はどうでしょうか?

わずか3才で九九を暗唱できるようになった佐藤くんがいました。そんな佐藤くんの優秀な頭脳に感動して、佐藤くんの掛け算能力を伸ばすことを目的とする変な団体ができてしまいました。佐藤くんは団体の人たちに励まされ、毎日家の中で掛け算能力を伸ばすことだけに没頭して、学校にも通わず、就職もしませんでした。佐藤くんの生活の世話は全て団体がみます。佐藤くんはその甲斐あって99×99を暗唱できるようになり、999×999を暗唱できるようになりと、掛け算能力を伸ばして、団体の人たちはそれを褒めそやします。そんな生活を続けたまま佐藤くんは47才になって、ついに10桁の九九を暗唱できるまでになります。そこで佐藤くんを発見した私が「世の中には電卓というものがあるんですよ」と教えます。「私が人生をかけて取り組んできた計算は、全く意味のないことだったと言うのか!」と佐藤くんが叫びます。私はこう答えます。

「そんなの当たり前じゃないですか。どうしてもっと早く気づかなかったんですか? どうしてもっと視野を広げなかったんですか? どうしてそんな当たり前のことをあなたに教える人がいなかったんですか?」

プロ棋士は、上のたとえ話を笑えるでしょうか? 上では佐藤くんより計算能力の高い電卓が現れていますが、そんな機械の有無にかかわらず、人生を費やして将棋や囲碁を考えるべきでないことは自明の理です。その自明の理に気づかないどころか、全く反対の信念を何十年間もの長期に渡って持っている人は、本来、この社会にいるべきではありません。上のたとえ話が現実にあったら、もはや佐藤くんの社会復帰は不可能で、残りの生涯は精神病院かどこかで収容しないといけないほどの危険人物になっているかもしれません。

……というのは、意地悪この上ないコメントですね。プロ棋士はもちろん、将棋や囲碁を趣味にしている人に、こんなコメントを言えば、気分を害することは間違いありません。(もう何度目か分かりませんが)私の性格の悪さを露骨に出して、申し訳ありませんでした。

ただ、「不屈の棋士」を改めて読んで、プロ棋士たちは将棋を指してお金をもらっていることに生涯で一度も疑問を感じていないのではないか、と強く思い、特に佐藤康光氏の傲慢さと視野狭窄と自己中心さと非科学的思考はひどすぎると感じたので、あえて書いています。

(以下は蛇足です)

なお、言うまでもなく、全てのプロ棋士は義務教育を修了しています。社会で生きていくための最低限の視野の広さは身に着けています(そのはずです)。その後の生涯だって、外からの情報を遮断されているわけではありません。上のたとえ話なら、変な団体が加害者で、佐藤くんは被害者と言えるかもしれませんが、プロ棋士はそんな言い訳もできません。以前、このブログに「たかが将棋に本気になってしまうのか、本気になれるのか」と私は書きました。これは「酒は飲んでも飲まれるな」と同じような意味のつもりです。たかが将棋に本気になれるのは、人生をより豊かにすることになるので、好ましいと思います。しかし、将棋のことになると正気を失くしてしまうほど没頭してしまうのは危険です。あくまで自分が主体的に将棋に取り組むべきで、将棋が主で自分が従になってはいけません。全ての人にとって、将棋と比較できないほど大切な存在はいくらでもあるはずです。それくらいは社会人である以上、自明の理にしておくべきでしょう。

このブログを読む人には未成年者もいるかもしれないので、将棋ではなく上司が主となって犯罪者になった知人の話を付け加えておきます。その知人はパラハラ上司の命令で嫌々ながら飲酒運転をして、警察に捕まり、「上司に命令されたから仕方なかった」と被害者であるかのように主張しました。もちろん、1人前の社会人のそんな言い訳が通用するはずもなく、立派な前科がつきました(明らかな脅迫があれば話は別だったでしょうが、その証拠がなかったり、性格のキツイ上司に頼まれた程度だったりしたなら、当然、罰が科されます)。

2016年10月22日 (土)

プロ棋士の志望動機

ある開業医が自身の開業経験を紹介するセミナーで、こんなことを語っていました。看護師1名と事務員1名を募集したところ、看護師に応募する者たちの多くが志望動機すらまともに言えず、呆れたそうです。前職場の上司への恨みを延々と語って、こちらが「上司にも〇〇の事情があったんじゃないでしょうか」と言っても、全く自分の非を認めない者。大きい病院だと大変だけど、ここなら楽だと思った、と言って笑う者。履歴書の志望動機欄に「家から近いから」としか書いてないので丁重に詳しく聞いたところ、「だから、そこに書いてある通りですよ」と怒ったかのような返答をする者。

「ほとんどは病院での勤務経験のある看護師でしたが、正直、病院もこんな看護師をよく雇ったものだ、と思いました。同時に募集した事務員と比べて看護師は給料がずっと高いのに、志願者の社会常識は明らかに劣っていたんです。看護師がいかに資格に守られた職業か、よく分かりました」

もちろん私は「看護師以上に恵まれている資格の医師がそんなこと言える立場にないだろう。だいたい、誰かを人格で選抜するなんて非常に傲慢な行為だということを分かっていないのか。世間知らずはどっちだよ」と思いながら聞いていましたが、面前で相手を非難しないほどの思いやりは持っていました(倫理観よりも常識を優先する臆病者でした)。

「不屈の棋士」を読んでいた時、その話を思い出していました。やはり資格に守られたプロ棋士たちのほぼ全員が「プロ棋士の存在意義」の質問に対して、社会人失格としか思えない返答ばかりしているからです。プロ棋士たちは通常の社会人なら必ず通過する就職面接をしてきていないからでしょう。そういえば、先月、史上最年少でプロ棋士になった愛知県の少年が「タイトルが狙えるような棋士になれればいいかと思う」と言っていました。もしこれが普通の面接試験なら、次のように返されるかもしれませんよ。

面接官「日本将棋連盟の定款は読んでいるんでしょうか? 第3条の目的には、将棋の普及発展と技術向上を図る、と書いています。将棋の技術向上は第二で、第一は将棋の普及発展です」

応募者「え?」

面接官「定款も読んでいないんですか。失礼ですが、当連盟で働く意欲が本当にあるのか疑ってしまいます」

応募者「いや、棋士らしく大きな目標を持とうと……」

面接官「タイトルを取ることが大きな目標なんでしょうか? そんな自己中心な目標よりも、多くの人に将棋の奥深さや面白さを伝える方がよほど大きな目標だと当連盟は考えています」

応募者「でも、歴代の永世名人もプロになった頃はそんなこと言っていましたし……」

面接官「時代は変わりました。既にソフトがトッププロより遥かに強いことは知っているはずです。もはや将棋の強さを追い求める意義はほとんどありません。それよりも将棋ファンを増やし、将棋業界全体を盛り上げることがプロ棋士の最重要の仕事です。もっとも、ソフトに追い抜かれる以前から当連盟の定款には、それが第一の目的と書いていました。その理念を共有できないようでは、どんなに将棋が強くても、当連盟で働くには不適切と判断させてもらいます」

上のような仮想面接を読んで「おいおい、こんな圧迫面接する会社なんて世の中に存在しないよ。もしあれば、こっちから辞退すればいい」と、前歯一本はへし折りたくなるような感想を持つバブル世代オヤジか、それと同等に恵まれている人もいれば、「圧迫面接のわりに言葉遣いがすごく上品な面接官だな」といった感想を持つ私のようなブラック企業経験者もいるでしょう。プロ棋士は一体、どんな感想を持つのでしょうか。

2016年10月21日 (金)

アルファ碁勝利を的中させた人が日本にいた!

「将棋ですら人間VSコンピュータ決戦が遅れているんだから、囲碁のイセドルVSアルファ碁については、日本の誰もアルファ碁の圧勝を予想できなかった」

そう思っている方もいるかもしれません。しかし、なんとアルファ碁勝利を的中させた人が日本にいたのです!

ponanzaの山本一成氏です! ニコニコ生放送で、囲碁について最も詳しいはずのプロ棋士2人がイセドル氏全勝や41敗と予想する中、囲碁についてはド素人の山本氏だけは第1局開始直後にアルファ碁の4勝1敗と正確に予想していたのです!

この事実だけでも、「囲碁についてさえ無知なら、プロ棋士なんて存在意味がないな。その資金は全て山本くんに回して、中韓のプロ棋士にも勝つ囲碁プログラムを作ってもらおうか」などと大手新聞各社には考えてもらいたかったです。

アルファ碁対局については対戦結果に限らず、内容についても囲碁プロ棋士の解釈は見事なほどにハズレでした。今でもネット上にその証拠は残っているので、ぜひ検索してみてください。アルファ碁勝利に日本のプロ棋士がショックを受けたのは、人類がコンピュータに敗北した以上に、自身が世間に自信満々で発していた予想や解釈が、あるいは、人生の長期間にわたって培ってきた自身の囲碁観が、アルファ碁に完全に否定されたからでしょう。


ところで、このブログで何度も主張してしまった
「プロ棋士の資金を囲碁ソフト開発に回す要望」について、日本のIT業界の知識が増えるにつれて、私は疑問を持つようにもなっています。囲碁や将棋のプロ棋士の資金を他に回すべきことに疑問は全くないのですが、囲碁ソフト開発に莫大な資金を投入する社会的な価値については大きな疑問を持つようになりました。

たとえば、もし本当に数十億円の資金が山本氏の自由に使えるようになったら、日本人のコンピュータへの認識が現状のように誤解だらけのままであれば、なにより、日本人の教養水準や道徳水準が現状のように低いままであれば、山本氏を第2の堀江貴文氏にする恐れは十分にあると考えています。

これは、このブログを通じて最も伝えたいことであり、いずれより深く論じるつもりです。

なぜアルファ碁戦がたった5局なのか

4連続くらいになりますが、統計学の記事です。

イセドルVSアルファ碁で、Googleが出した「5局でいい」という条件は統計学的に異常です。チェスのカスパロフVSディープブルー戦は6番戦です。チェスで明確に優劣を決めるためには6番戦でさえ少ないのに、チェスより遥かに複雑な囲碁の対局数がたった5局でいいと、世界最高のIT企業の一つ、Googleが言っていたのです。Googleが囲碁の優劣を決めるために何局打つべきか、解析していないはずがありません。この不合理は、やはり、たった5局でもアルファ碁が十分に勝てると数学的に証明したからでしょう。だから、5局という不自然な条件を見た時点で、アルファ碁の圧勝を確信した人が日本にいなかったのは本当に残念です。もっとも、この期に及んでまだ「羽生さんはコンピュータに実力で勝てるのか?」なんて質問が普通に出ている統計学オンチの国で、そんな人を所望するのは、木に縁りて魚を求むようなものかもしれません。


……という理屈は、統計学の大原則を間違っています。ここ
10から20年ほどの医学教育を受けた方なら全員知っている統計学の基本中の基本の原則ですが、統計学は事実を示すものの、因果関係(理由)は示さないのです。たとえば、かりにアルファ碁が全敗していたとしても、その根拠として、たった5局にした、と理屈をつけることもできます。

あのGoogleが理由もなく、わずか5局にするでしょうか? これはチェスでの人間VSコンピュータの6番決戦よりも少ないのです。どう考えても、統計学的には不合理です。それを合理的に説明するには、Googleは最初からイセドル氏に勝ち越せると思っていなかった、と仮定するしかありません。本当にイセドル氏に勝ち越せると思っていたら、偶然の要素を排除するため、より多くの対局数を要すると、Googleが把握していないわけはないからです。つまり、今回のイセドル戦は、アルファ碁にとって試行運転に過ぎなかったのです。勝ち負けによらず、Googleは賞金を得られない条件からも(wikipediaの「alphago対李世ドル」参照)、Googleは勝つ見込みを持っていなかったと推察できます。よって、これらの条件が出た時点で、イセドル氏の圧勝は明らかだったのです。

一応、上のような理屈も通ると思います。統計学が示せるのは、「よほど実力差が大きくない限り、囲碁で優劣を明確にするために5局では不十分」という事実だけです。統計的には歪な5局という少なさから、アルファ碁の圧勝も、イセドル氏の圧勝も予見可能です。5局にした本当の理由はGoogleに聞かないと分かりません。

統計学の大原則の誤解について、次のような医学の例をあげておきます。数十年間以上も科学的事実だと信じられていたが、現在は否定されている仮説に「コーヒーはガンの原因である」があります。実際は「コーヒーを飲む人は肝臓がんになりにくい」が正しいです。どうして以前と正反対の医学事実が明らかになったかというと、端的に言えば、統計学を最重要視すべき医者たちですら、その大原則を明確に把握していなかったからです。

紛らわしいのですが、「コーヒーを飲む人ほどガンになる確率が高い」は今でも統計的事実です。また「コーヒーに発がん物質が含まれる」が学会で認められている事実もありました。これらの事実から、感覚的に「コーヒーはガンの原因である」と結論づけたくなったのでしょう。しかし、この命題を否定した最大の根拠こそが、統計学でした。実際は「コーヒーを飲む人はタバコもよく吸う」+「タバコを吸う人はガンになりやすい」→「コーヒーを飲む人はガンになりやすい」だったのです。大規模調査によって、「コーヒーを飲むがタバコは吸わない人」は「コーヒーを飲まないしタバコも吸わない人」よりも肝ガンになりくい、と分かったのです。だから「コーヒーを飲む人がガンになりやすい」統計事実があっても、「コーヒーはガンの原因である」と因果関係までは導けません

とはいえ、「コーヒーに発がん物質が含まれる」のなら、「コーヒーはガンの原因である」は間違いないだろう、と考える人もいるかもしれません。最近の医学で明らかにされている事実をいえば、人間が食べたり飲んだりするもので、発ガン性の全くない物質など、ありません。人間が体内で行う消化や代謝などにはエネルギーが必要で、その時に遺伝子などを傷つける可能性が例外なくあるからです。だから、他の飲食物同様、コーヒーに発がん物質が含まれているのは事実でしょうが、ガン誘発作用はそれほど強くなかったと思われます。ともかく、「コーヒー〇タバコ×の人」は「コーヒー×タバコ×の人」より肝ガンになりにくいと何回調査しても同じ統計結果が出るようなので、コーヒーには肝ガンを誘発する作用より、抑制する作用がある、との仮説が現在では有力です(ただし、統計学の大原則から、これを科学的事実と断定はできません)。

当ブログの趣旨と全く関係ない話になっているので、これくらいで終わりにします。

(執筆動機が不明確な記事になりました。あまり指摘されていない「アルファ碁戦が5局なのは少なすぎる」とネット上で主張したかったことと、このブログ記事を読む上でも必要な統計学の大原則を説明したかったことが、動機です)

2016年10月20日 (木)

将棋や囲碁では統計学が無視されている(チェスでは無視されていない)

前回と前々回の記事を書いていて、何回も感じた疑問ですが、どうして将棋界や囲碁界はここまで統計学を無視しているのでしょうか。将棋ファンにしろ、囲碁ファンにしろ、プロ野球ファンもいれば、プロサッカーファンも間違いなくいます。体力勝負のプロスポーツでは統計学の活用が進んでいるのに、知力勝負のプロ棋界では統計学が置き去りにされているのは極めて奇妙です。

たとえば、プロ野球ではセリーグとパリーグともに、1年をかけたペナントレースの後に、日本シリーズ出場権をかけたクライマックスシリーズが10年ほど前から行われています。統計学的にいえば、1年の長期間をかけて平等に100回以上も対戦したペナントレースの覇者こそが、実力で一番に位置づけるべきなのは疑いようがありません。だから、クライマックスシリーズの導入について、真に実力があると自負する巨人は反対していました(このため、セリーグではパリーグより導入が遅れています)。しかし、日本シリーズ自体が本当に実力差が出ているか怪しい短期戦であるので、同じく短期決戦のクライマックスシリーズについても、批判がありながら、今のところ続いています。

また、Jリーグの2ステージ制導入時は、ファンから凄まじい批判がありました。批判理由は野球と同じで、1年を2つのステージに分けるより、11ステージで対戦数の多い方が実力差を正確に示せるからです。私はサッカーファンではないので当時の騒動を傍から見ていた立場になりますが、「世界基準の1ステージ制を守れ!」(実際は世界でも人気のないリーグでは2ステージ制もまれではない)と、Jリーグそのものを潰す気かと思うほどの猛烈な批判があったことはよく覚えています。サッカーの2ステージ制についてネットで検索したら、統計学を用いた批判記事がいくつも出てきます。

このような事実を知りながら、プロ将棋の対局数を大幅に増やそう、といった提案がどうして全く出ないのでしょうか。真の実力上位であるのに、つまり統計学的には実力上位であるのに、タイトルが獲れていない棋士は今もいますし、過去にも何名もいました。公式の情報を信じるなら、タイトル取得の有無で、棋士の収入は大きく変わってくるはずです。タイトル戦の対局数をもっと増やすべきだとか、レーティング制を導入すべきだとか、なぜ棋士もファンも声をあげないのでしょうか。

チェスでは世界最高決戦の両プレイヤーがその勝敗によらず、賞金を均等に分け合っていたります(https://www.chess.com/article/view/how-much-is-the-world-chess-championship-worth)不確実要因の小さいチェスとはいえ、実力が近いとよほど対局数を多くしない限り勝敗は運によって決まるため、また、注目の集まる対局でどちらかが手を抜くことはありえないので、結果によらず賞金を分け合っているのだろうと私は推測しています。もしかして、プロ将棋も実は賞金を分け合っていたりするのでしょうか。もしそうなら、その事実は公表すべきでしょう。

こう書きましたが、タイトル戦で賞金を分け合っていると私も本気で疑っているわけではありません。というのも、間違いなく統計学に詳しい将棋ソフト開発者も、電王トーナメントや世界コンピュータ将棋選手権の対局数が少ないから増やすべきだ、と誰も不平を言っていないからです。分かっていながらも、そういうものだ、と割り切っているのでしょう。

韓国と中国のプロ囲碁も、多くの棋戦やリーグ戦を行っている方式のようです。おそらく、中国と韓国の棋界も日本流を模倣したのしょう。Googleがイセドル氏や柯潔氏をアルファ碁の対戦相手に選んだ理由は、当然、レーティング値のはずです(柯潔氏との対局は実現するか不明のようですが)。実際、イセドル氏は韓国が独自に作成しているランキング表で2015年に1位ではありませんし(wikipediaの「韓国囲碁棋士ランキング」参照)、2015年は国内タイトルもとっていないようですが(wikipediaの「韓国の囲碁タイトル在位者一覧」参照)、世界レーティングでは柯潔氏に次いで2位になっていたようです(http://sports.geocities.jp/mamumamu0413/world/stats.html)

レーティングで1番なのに、つまり実力で一番なのに、国内タイトルを一つも獲れなくて収入が少ないなど、欧米のチェスプレイヤーたちだと理解に苦しむのではないか、と私は推測します。

説明責任について、もう一つ書いておきます。「Jリーグ再建計画(日本経済新聞出版社)」によれば、サッカー協会は2ステージ制導入の批判が激しくなった後、「1ステージ制が実力差を測るために好ましいと私どもも判断しているが、人気の低落を止めるための策として止むを得ず2ステージ制にした」と隠すところなくファンに全て説明しています。将棋連盟もサッカー協会を見習って、電王戦の対局料と賞金、異常なルール導入の経緯と理由など、隠すところなくファンに全て説明すべきだと考えます。以前にも書きましたが、これをしていない以上、最低限の責任も果たしていないと批判されるべきです。

将棋に日本一決定戦はない

プロ将棋ファンから「なにを今さら」と言われそうな基本事実ですが、前回の記事に書いた通り、プロ将棋に実力日本一を公式に決める棋戦はありません。強いていえば、名人戦がそれに近いのですが、公式には名人戦ではなく竜王戦が最高棋戦になっています。しかし、竜王位が棋界最高の実力者だと言うと、ほとんどのプロ将棋ファンに「そうとも限らない」や「全然違う」と否定されるでしょう。そんな風に、プロ将棋界では実力日本一を公式には決めていません。ついでに言えば、プロ囲碁界でも決めていません。

とはいえ、現在、日本のプロ囲碁界で最強の棋士といえば、タイトルを独占している井山氏以外をあげる人はまずいないでしょう。プロ将棋界でも日本人全員に聞けば「羽生さん」が圧倒的に多いでしょうが、プロ将棋ファンに聞けば、羽生氏、渡辺氏、佐藤名人あたりで迷うはずです。7つもタイトルがあるため最高実力者を決めにくい、という説明もできるでしょうが、より根本的な理由は少なすぎる対局数にあります。

こちら(http://www.shogi.or.jp/game/record/successive.html)にある通り、これまでのプロ将棋史上の年間の最高対局数は89です。この89局は例外的な多さで、平均すれば1人あたり年間30局程度しか指しません。上位になれば年間50局くらい指すのですが、その程度では将棋の優劣をつけるに十分とは言い切れません。前回の記事に書いた通り、チェスでさえ11の優劣を決める場合に24番戦もします。チェスより複雑な将棋なら、さらに多い対局数が必要になります。順位戦とよばれる、いかにも実力順位を決めそうな名前の棋戦があり、その最上位のA級で総当たり戦をするものの、10名が1回ずつ全員と対局するだけです。こんな少ない対局数では不確定要因が大きすぎて、実力順位が決まるとは誰も思っていません。

もし実力日本一を正式に決めたいのなら、プロ野球のペナントレースのように、1年かけて100回くらい対戦すればいいでしょう。たとえば、A級順位戦で1回ずつではなく、10回ずつ全員と対局すれば、おそらく毎年、プロ野球の優勝チームが決まるように、そのA級順位戦の結果で実力最強棋士が定まります。ただし、それを実現するためには、対局時間を大幅に減らさないといけません。

「対局時間の減少はいいですね! ぶっちゃけ言いますが、あんな退屈な対局は将棋好きの俺の友だちだって観ていませんよ。対局時間は10分の1くらいに減らしましょう。そのまま対局数を増やせば、実力日本一も決まって、盛り上がるに違いありません! この案を採用しない手はないでしょう!」

こんな感想を持った人は今まで何人いたのか分かりません。私も以前の記事に書いたように、プロ将棋の改革案として、対局時間の短縮はほぼ例外なく出てきます。しかし、いまだに持ち時間が8時間、両者合わせて16時間、しかも2日制なんて対局があったりします。なぜでしょうか?

プロ将棋ファンなら言うまでもないですが、長時間使えば、棋譜の質が上がるからです(将棋対局のレベルが上がるからです)。プロのタイトル戦、最高峰の戦いは、誰が見ても日本最高レベルの対局を維持しなければならない、とプロ棋士と(一部しかいない)熱狂的なファンは信じているわけです。

しかし、プロ棋士同士よりも遥かに強い対局が行われているfloodgateの棋譜を鑑賞する人がろくに増えていないことから分かるように、ファンが棋譜の質にこだわるなんて、幻想でしかなかったことが既に判明しています。そもそも、プロ棋士でさえ棋譜の質(将棋のレベル)なんて実はよく分かっていません。「不屈の棋士」でプロ棋士たちがソフトの指す棋譜を見ても、「将棋ソフトが羽生さんに実力で勝っているとは思わない」と本気で言っているんですから。

だから、羽生氏が将棋ソフトに公式に負けた時点で、対局時間を大幅に縮小しない理由は全くありません。しかし! 羽生氏敗北後でさえ、本来断行すべき対局時間の大幅縮小が実行されない恐れが、残念ながらあります。悪しき前例がプロ囲碁界にあるからです。それについては、しばらく後の記事で論じるつもりです。

なぜ将棋連盟は2005年にコンピュータ対局禁止令を出したのか

日本将棋連盟は2005年の橋本対TACOS戦で、あわや橋本棋士が負けかけたことに驚き、届出なく所属棋士がコンピュータと公開対局することを禁止しています(ネットでの対局は取り締まれないと判断したのか、公開対局と判断しなかったのか、その後も棋士は連盟への届出なしでコンピュータ将棋とネット上では対局しています)。

発表当時から現在に至るまで、この禁止令は批判の的になっています。この命令のせいで、「トッププロがコンピュータとの対戦を望まれながら、5年以上も逃げていた」という将棋の歴史に永遠に消えない記録を作ってしまったわけですから。一方で、これを擁護するファン(あるいはカルト)も、残念ですが日本に多くいます。「祖父は木村政彦氏に全ブラジル国民の前で負けると知っていた。それでも戦ったのはエリオ・グレイシーが現在のサムライだったからだ」(https://www.youtube.com/watch?v=fvWW0p38xqU)とは真逆の姿勢です。最高実力者がなにかと理屈をつけて、コンピュータとの決戦から逃げていた事実は、チェスにも囲碁にもありません。そんな将棋のプロ棋士に勝負師を自称する資格はないと思います。

感情論はともかくとして、コンピュータ対局禁止令が2005年という早い時期になぜ出たのか、考察してみます。理論的に考えれば、その時期からコンピュータ対局禁止令を出すべき理由も見いだせます。

YSSの山下さんが書いたと思われる次のようなブログ(http://blog.livedoor.jp/yss_fpga/archives/53897129.html)があります。2010年にはコンピュータが人間トップに追い越した、とグラフを用いて示しています。ボンクラーズの伊藤氏はコンピュータの人間への勝利を2011年から2012年と推定しているので、それよりも早い時期です。やはり山下さんはコンピュータ寄りなのか、と思ったら、「羽生さんがソフトに圧勝する姿を見たかった・・・。 願わくばこんな予想がはずれることを祈ってます」と棋士寄りな感想も書いていたりして、興味深いです。話は逸れますが、プロ棋士に個性があるように、ソフト開発者にも個性があり、人間VSコンピュータ決戦を通じた葛藤もあります。私ほどソフト開発者に関心を持っていれば分かると思いますが、電王戦の主役を棋士ではなくソフト開発者にすることは十分可能だったでしょう。それはともかく、上の記事のグラフを利用してコンピュータ対局禁止令の合理性について解説させてもらいます。

グラフによると、2005年に対局禁止令が出たときのレーティングは、コンピュータが2600くらいで、トッププロは3300くらいのようです。当時のプロ棋士の最低レーティングを私は知らないのですが、現在のようにプロの最上位と最下位のレーティング差が600から700と仮定します。すると最底辺のプロのレーティングが2600から2700となり、2005年時に、最底辺のプロと最強コンピュータがほぼ互角になっています。とはいえ、その立場にいるプロには大変失礼で申し訳ありませんが、引退寸前の最底辺のプロとの対局でコンピュータが勝っても、コンピュータがプロに勝った、と納得する人はあまりいないでしょう。当時の橋本棋士のように、それなりに実力のある棋士と対局させれば、レーティングでいえば2900以上の棋士と対局させれば、当時のコンピュータにはまず負けないはずです。レーティングの定義によれば、レーティングが300下の相手なら、勝率は約85%です。もし負けたとしても「1回では偶然もありえる。番勝負での再戦を申し込む」と言えばいいだけです。番勝負なら平均的なプロはまず負けませんし、人間VSコンピュータなので確実に盛り上がるでしょう。いくらなんでも2005年にコンピュータ対局禁止令を出すなんて、ビビりすぎです。

……では、ないんですよね。将棋連盟は決して臆病すぎたわけではありません。この時点で、平均的なプロがコンピュータに番勝負でも負ける可能性は十分にあったのです。この記事だけでなく、このブログの最初の記事から読んでもらえれば、理論的に「2005年の時点で平均的なプロがコンピュータに負ける可能性が十分ある」ことは導けると思います。ここから先、新しい理屈は使わずに、数値的な厳密さはありませんが、それを証明していきます。

繰り返しますが、チェス<将棋<囲碁の順で複雑さは増していくので、この順で不確定要素が大きくなっていきます。必然的に、実力差を明確に出すためには、チェス<将棋<囲碁の順で、対局数が多くないといけません。これは、現在のようにタイトル戦の対局数が似通っていたら、将棋ではタイトル独占者が出やすいのに、囲碁ではタイトル独占者が出にくいのと、全く同じ理屈です。英語版wikipediaWorld Chess Championshipにあるように、チェスの最高決戦では24番戦など普通にあります(チェスでは先手有意が明らかなので、偶数番勝負が通常です)。7番戦くらいでは偶然の要素が強く出ると分かっているからです。また、11で決戦をすると、相性による偶然があるため、しばしばチェスの最高峰はリーグ戦だけで決めています。

将棋はチェス以上に不確定要素が強いので、本来ならタイトル戦は、チェス以上に多い対局数、それこそponanzaの山本氏が言うように100番戦くらいは必要なのでしょう(https://cakes.mu/posts/3223)もちろん、長年将棋を指し続けているプロは「将棋の実力差を明確に出すためには、7番勝負くらいでは全く足りない」と気づいているはずです。だから、「2005年の時点で平均的なプロが番勝負でもコンピュータに負ける可能性が十分ある」と恐れたのでしょう。もっとも、そこで「負ける可能性があるからといって、逃げたらプロ棋士の永遠の恥辱になる」とまで気づかなかったのは、やはり失敗としか言いようがありません。

だから、もし当時の将棋連盟会長がどうしてもコンピュータ禁止令を出したかったのなら、最低でも、そういった理由も含めて次のように全部説明すべきでした。

「(平均的な)プロ棋士がコンピュータに実力で負けることはないと確信しております。しかし、残念ながら、将棋は不確定要因の大きいゲームであり、7番勝負くらいでは実力に劣るコンピュータがプロ棋士に勝ってしまうこともありえます。その可能性と、それによる損失を考慮して、コンピュータ対局禁止令を出すことに決定いたしました」

もちろん、これでも批判はされたでしょう。しかし、このように科学的事実を明確にファンに伝えていたら、2016年の今でも「羽生さんはコンピュータより強いのか?」という科学的に証明できる命題の答えを一流新聞社の記者すら分かっていない、なんて国民的バカ問答は起こらなかったでしょう。この愚行は、将棋連盟が存在する限り批判され続けても仕方ない、むしろ、批判され続けるべきだとさえ思います。

ところで、もし上のように発表すると、「では、実力名人制と言いながら、本当は実力で名人位は決まっていないのか?」と疑問を投げかけるバカがいるかもしれません。質問者の学力の低さに呆れつつ、そんな人には「もちろん、そうですよ。それ以前の推挙制名人と比べたら、対局の勝敗によって決めるので、まだ実力が示せている、というだけです。もし名人が紛れもない最高実力者なら、名人が全タイトルを独占することになってしまって、他の棋戦を開催する意義がなくなります。チェスの例を調べてもらった方がいいかもしれませんね」と笑って説明してあげればよかったでしょう。

2016年10月18日 (火)

アンチのいないプロ棋士界

ここまで書いてきたように、プロ棋士界はプロスポーツとも違う特異さがいくつかあります。特に、プロ棋士ファンがプロスポーツファンよりもカルト集団(狂信集団)に近いと考える最大の根拠は、アンチがいないことです。

私はプロ将棋の10倍以上、プロ野球について詳しく、観戦時間も長いです。かりに人間以上にパワーがあり、足が速く、よく曲がる変化球を投げる野球ロボットが実用化されたと空想してみました。トップ棋士が将棋ソフトとの対戦を避けるように、プロ野球チームがロボットチームとの対戦を避けるでしょうか? 私には、プロ野球チームが逃げることなど想像できませんでした。「この腰抜けが!」「プロなんか辞めちまえ!」「負けるから戦わないなど、それでも人間代表か!」などの激しい罵倒が間違いなく飛んできて、逃げることなど許されないと推測します。たとえ巨人が「人間の威厳を保つため」など体の良い理由で逃げたとしても、中日あたりがロボットチームと戦って負けて「ロボットには負けたが、どこかの臆病者どもには度胸で勝ってるぜ」と誇るでしょう。

余談になりますが、プロ野球に詳しくない人に伝えると、日本のプロ野球史上で最も人気のある選手は、元巨人の長嶋茂雄氏になるはずです。そんな人気最高の選手でも、いえ、そんな人気最高の選手だからこそ、猛烈なアンチがいます。長嶋氏の最大の栄誉ともいえる、天皇展覧試合の劇的なサヨナラホームランがあります。しかし(やはり)、このホームランを対戦相手であった阪神のファンはいまだ認めていない、という有名な話があります。関西出身でもなければ、試合当時は産まれてもいない阪神ファンから「あれはファウルだ」と聞いたとき、私は大笑いして感動しました。

そんな健全なアンチが、プロ棋士界にほとんどいません。私に言わせれば、皆無です。上位の棋士になるほどプロ棋士内だけでなく、ファンの中でも崇拝度が高まっています。盤上の内容だけでなく、(大した人生経験もないはずなのに)盤外での言葉まで重みを感じています。

しかし、「不屈の棋士」によれば、羽生氏はコンピュータよりも強いはずだ、などと2015年にもなってプロ棋士たちは本気で言っています。レーティングの数学を理解できていない証拠でしょう。なにより、この人たちの最大の特技である将棋でさえ、実はよく分かっていない証拠にもなっています。それさえダメなら、棋士たちに、あとなにが残るのでしょうか? 傲慢さと視野の狭さだけではないのでしょうか? 「不屈の棋士」を読めば、その全棋士が、プロ将棋について半年程度しか考えていない私でも気づく基本認識(人間に指せてソフトに指せない手はない、経済需要を無視してプロ棋士が成り立っている、など)すら欠けて、見当違いの意見を言っていると分かるはずです。こんな本で、どうすれば棋士の知性に感動できるのでしょうか? プロ棋士の言うことなら、理屈抜きで素晴らしいのでしょうか? それはカルト集団幹部の言うことなら、なんでもありがたみを感じる信者たちと、どこが違うんですか? 「羽生氏の負けるところを見たくないからソフトと戦ってほしくない」なんて、「教祖の予言が間違っているなんて知りたくないから、予言を科学的に判定してほしくない」と言うカルト集団信者となにが違うんですか?

(ここから先の内容はいずれ消すかもしれません)

ところで、ネット上には将棋の情報(サイト)を集めたサイトがあります。私はそのうちの一つに、このブログを登録してほしい、と3度頼んだのですが、載せてもらえませんでした。プロ棋士界ではファンも含めて、アンチを徹底的に排除する傾向がそんなところにも現れているように感じました。

2016年10月17日 (月)

プロ棋士を他の職業と同列にするな

2016/9/26の朝日新聞社説(http://www.asahi.com/articles/DA3S12577447.html)を要約すれば「将棋プロ棋士は、AIと人間がせめぎ合う最前線にいる。だから、プロ棋士がAIに実力で負けていたとしても、それ以外の価値を示せるなら、他の仕事もAIに奪われない手がかりになるのではないか」のような意味になると推測します。この社説の中でも一番ひどい誤解だと思うので、正させてもらいます。

たとえば、あらゆる不測の事態にも事故を起こさず、どんな人間よりも速く正確に運転できるプログラムができれば、世界中のバスやタクシーの運転手がどれほど抵抗しようとも、それらの仕事は淘汰されます。これまでも多くの人間の仕事が機械化されてきたように、その仕事を残す価値が社会的にないからです。

しかし、その価値判断があてはまらない仕事も、世の中にいくつかあります。プロスポーツ選手や芸術家やプロ棋士はその代表でしょう。それらは、あってもあまり困らないが、なくてもあまり困らない妙な職業です。かりに世界中のゴミ収集する人、トイレットペーパーを作る人、水道修理をする人が全員即死したりしたら、大問題です。すぐに他の人に仕事を覚えてもらうにしろ、機械にしてもらうにしろ、なんとかその問題は処理してもらわないと、日常生活に大きな支障が出てしまいます。しかし、世界中のプロ野球選手が全員即死したなら、しばらく悲嘆にくれる人はいるでしょうが、別にプロ野球をそのまま消滅させても、かつてのファンも他の娯楽を見つけて、世の中は不便もなく回っていくでしょう。

プロ棋士もそんな特殊な仕事の一つです。他の仕事と同列にできない場合も多くあります。AIによる仕事の消滅問題では、まさに同列にできない例にあたるでしょう。「プロ棋士の未来」の記事の前後でプロ棋士の存在価値について私は考察していますが、そこではコンピュータのプロ棋士への優劣について触れていません。確かにプロ棋士がコンピュータに負けた後のプロ棋士の存在価値は重要な問題なのですが、それを一切考えなくても、プロ棋士の存在価値は考察でき、場合によっては、問題の本質に迫れると判断したからです。

実際、ネットを調べてもらえれば分かるのですが、「なぜ将棋を指すだけで生活できる人が世の中にいるんでしょうか?」という質問は、プロ棋士がコンピュータに負けるずっと前から存在しています。おそらく、この質問は江戸時代から、つまり棋士という職業が誕生した瞬間から、「いなくていいのに」という思いとともに、庶民の口から出ていたことでしょう。

逆にいえば、バスの運転手も、医者も、弁護士すらもAIの波にのまれて消えていったとしても、プロ棋士は残っている可能性もあると私は予想しています。機械化によって淘汰されるとは限らない代表的な仕事かもしれない、とまで私は考えています(もっとも、ソフト使用が防ぎきれないことから、世界中から一気に消滅する可能性も十分あるとも考えています)

ただし、プロスポーツ選手や芸術家などの特殊な職業の中でも際立つ特殊性が、日本のプロ棋士にはあります。経済合理性から逸脱している点です。たとえば、プロ野球も映画俳優も、お金を払ってでも観たい人がいなければ消滅してしまいます。他の多くの職業と同様、需要があるから存続しているのです。しかし、この経済の大原則がプロ棋士に適用されていません! だから、ネットで調べても、「野球なんかして食っている奴がなぜいるんだ?」よりも、「将棋なんかして食っている奴がなぜいるんだ?」の質問が多く存在しています。NHKがプロ棋士の対戦を放送していますが、視聴率は1%未満と推定されています。私の父の一番の趣味は囲碁で、30年間以上、週末の10回に89回は碁会所に行くほどですが、新聞の囲碁欄を読んでいるところなど見たことありません。囲碁のプロ棋士の名前なら、いつの間にか詳しくなった私の方が父より多くあげられます。それほどニーズがないプロ棋士がどうして食っていけているかというと、採算度外視でプロ棋士を保護している団体があるからです。それが大手新聞社です。その最大の責任者のはずの新聞社が度し難いほど愚かな社説を掲載してくれたのです!

ようやく「朝日新聞2016/9/26社説の見識の狭さに脱帽!」の記事での批判に戻ります。プロ棋士のスポンサーである新聞社が、小学生が書いたかと見まがうほどの見識の社説を書いてくれたので、私も「こんな社説を書く奴の給料を激減させて、ニートでも雇ってあげた方が社会貢献になる」だとか、口を極めて罵ったわけです。おそらく、たかが将棋の社説だから見逃されたのでしょう。しかし、AIについても述べた記事です。プロ棋士の失業問題なんてどうでもいいのかもしれませんが、AI(コンピュータ)はほぼ全ての日本人に関わる問題です。だから、社説にまで格上げしたのではないのですか? それにもかかわらず、コンピュータの基礎知識を間違うような教養の低さを露呈し、プロ棋士と他の職業を区別すべき問題で同列に扱う愚かさをさらし、自分が大金払って養っている遊び人(プロ棋士)を天才だと豪語する親バカぶりを全国に恥じらいもなく示しています。率直に言って、AIとプロ棋士についての記事で、あれよりひどい内容は想像できません。

2016年10月16日 (日)

いまだに羽生氏がコンピュータに勝っているという悪夢

「ソフトの形勢判断能力は年々向上し、いまやトップ棋士と互角かそれ以上の実力をもつといわれる」

2016/9/26の朝日新聞社説(http://www.asahi.com/articles/DA3S12577447.html)からの引用です。私の知る限り、朝日新聞でもアルファ碁勝利の報道時、将棋でコンピュータがトップ棋士に勝っていることを暗黙の前提としていました。それから半年たって、なぜ上のように伝聞調になった(後退した)のでしょうか。このブログで何度も書いてきたように、レーティング数値から考えて、将棋でコンピュータがトップ棋士に45年前に勝っているのは科学的事実です。記者は上の命題を多数決で成否を決める政治問題かなにかと勘違いしたのかもしれません。

ところで、「いまでも本当に将棋でトップ棋士がコンピュータに勝っている」としたなら、それはどういう意味になるでしょうか? 囲碁でアメリカ製コンピュータが人間に勝った後なのに、将棋では日本製コンピュータが人間に勝っていない、という意味になってしまいます。合法局面数は、チェスで1047乗、将棋で1070乗、囲碁で10170乗です(「アルファ碁はなぜ人間に勝てたのか」参照)。コンピュータが人間に勝ったのは、チェスで1997年、囲碁で2016年です。それなのに、日本の将棋ではいまだに勝っていないんですか?

それが事実なら、日本のコンピュータ産業はそう遠くないうちに海外勢に壊滅させられるでしょう。この記事(https://www.nri.com/jp/news/2015/151202_1.aspx)のように、もし人工知能で日本の労働人口の49%が代替可能なら、その富は全て外国に流れることになります。新聞記者がAIを語る上で本当に心配すべきなのは、わずか200名程度の将棋プロ棋士の失業問題ではなく、その10万倍以上の雇用に影響するかもしれない日本のコンピュータ産業だったのではないでしょうか。上記の社説の見解は焦点のズレがあるだけでなく、倍率まで派手に間違ってくれています。

朝日新聞への邪推とわずかながらも声援

次の記事にも書きますが、2016/9/26の朝日新聞社説(http://www.asahi.com/articles/DA3S12577447.html)は、日本の一流新聞社が掲載したと信じたくないほど、ひどい内容です。その見識の狭さは「不屈の棋士」(大川慎太郎著 講談社現代新書)とあまりに同等なので、以下のような邪推をしたくもなります。

朝日新聞社で出世してきた将棋好きの重鎮記者がいました。彼はAI(コンピュータ)どころか、テレビのリモコン操作に戸惑って家族の助けを呼ぶほどの機械オンチです。それでも自分の能力や努力不足とは全く思わずに、機械のせいにするほどの傲慢さは持ち合わせています。身近なオヤジ記者たちも同様の意見を持って愚痴りあうため、自分勝手な見解は増幅される一方です。彼は「不屈の棋士」を読み感動して、「どれほど強いかよく知らないが、面白みのない将棋を指すAIに負けないよう棋士は頑張ってくれ!」と時代錯誤な記事を書きました。新人記者の頃に、アメリカで日本製品が破壊されたジャパンバッシング事件を「時代錯誤なラッダイト運動」と批判した先進的な見識は微塵も残っていません。その記事は当然、将棋部記者にもチェックされて、事実誤認がいくつもあると発覚します。しかし、普段は完全サル山社会のプロ将棋界と交流している将棋部記者に、新聞社の花形部署で出世してきた重鎮記者に意見を述べるなど考えも及びません。「素晴らしい」「同感です」「AIと将棋についてここまで深い記事など私ごときには書けません」など、こびへつらうばかりです。あまりの絶賛の声にいい気になった重鎮記者は、その記事を将棋欄の隅にでも入れるはずだったのに、勢い余って社説にまで捻じ込んでしまいました。

それにしても、こんなひどい社説を書いた記者の年収はいくらなのでしょうか。こちらのHPによると朝日新聞記者の平均年収は1299万円のようです(http://toyokeizai.net/articles/-/71793?page=2)。中卒以下の教養レベルの記事を書く人に1300万円も払うくらいなら、日本人平均年収の400万円くらいに下げて、あと2人くらいニートの若者でも雇ってあげるといいと思います。将棋ウォーズばかりしているニートの中にも、恵まれたバブル世代のオヤジ記者以上の教養を備え、将棋部記者以上に先輩の事実誤認を指摘できる気概を持つ者なら、間違いなくいるでしょう。一流新聞社に就職できるのなら、(朝日新聞の嫌いな)毎日何百もの右翼発言を書き込むネトウヨを止めて、(朝日新聞の好きな)護憲デモに参加する条件でも、喜んで受け入れるニートは確実にいるんじゃないでしょうか。ニート家庭の崩壊も救えて、お母さんからの感謝状をもらえるはずです。重鎮記者の年収を激減させれば、その奥さんも働かざるを得なくなり、(朝日新聞の好きな)女性の社会進出の促進にもなるじゃないですか! いいことづくめで、やらない手はないですよ!

意地の悪い皮肉はこれくらいにしておきます。最後に、わずかですが、朝日新聞への声援も書きます。「メルトダウン」「ヒルズ黙示録」など珠玉のノンフィクションを記し、「こんな凄いジャーナリストが日本にいるのか!」と私に思わせた大鹿靖明氏は朝日新聞記者のはずです。私より何百倍もの量と質の情報を入手できる立場にいるのですから、一部の特権階級とその支持者のためだけでなく、社会の木鐸として、プロ将棋界およびプロ囲碁界に対応することを期待しています。

2016年10月14日 (金)

こちらのブログは拡散歓迎です

いずれこの記事は削除するかもしれませんが、原則、このブログは他のHPSNStwitterなどで許可なく自由に拡散してもらって構いません(そうしていただけると幸いです)。

プロ棋士業界では、このブログのような見解は相当に奇抜みたいです。その分、このブログの見解に同意することは無理でも、それを知っておくだけで、より深い洞察を持てるようになるのではないでしょうか。

特に、マスコミの将棋・囲碁担当記者、プロ棋士、その関係者には読んでもらいたいです。どんな方法でもいいので、その三者にこのブログの見解を伝えてもらえると嬉しいです。

プロ将棋解散宣言

今日の毎日新聞の余録では、三浦氏のソフト使用疑惑にふれて、「プロ棋士の矜持を示すかたちで収めてほしい騒動だ」と結んでいます(http://mainichi.jp/articles/20161014/ddm/001/070/160000c)

日本将棋連盟が来週中にでも次のような宣言を出したら、批判の殺到は間違いないものの、私はプロ棋士の矜持を示したと考えるでしょう。

・日本将棋連盟は次の1から4の項目を公式に認め、5の項目を実行すると宣言する。

1.全ての将棋プロ棋士はソフトに明らかに実力で劣ること

2.どんな検査をしてもソフト使用を完全には防げないこと

3.上記二つの事実がある以上、プロ棋士の対局に価値がないこと

4.上記の価値がない以上、日本将棋連盟が存在する意義もないこと

5.以上の見解から、明日以降の全てのプロ棋士対局を中止して、できるだけ速やかに日本将棋連盟を解散する

この宣言により、現コンピュータ時代に、ボードゲーム(二人ゼロサムゲーム)の勝者に莫大な賞金を与えていることの不条理を世界中の人たちに知らしめ、それらを完全消滅させる栄誉が将棋の歴史の最終章に刻まれるかもしれません。これまでソフトとの決戦を避けてきた情けない日本将棋連盟が、またハイテク国家日本が、最終最後の大逆転の一手として、その優秀な科学的思考力を顕示することになるかもしれません。

少なくとも、ある特定のソフト使用疑惑の真相を追及していくと、まず防ぎきれない不正であると発覚して、最低のプロ将棋の終末に追い込まれるよりはマシでしょう。

2016年10月13日 (木)

都市伝説「マイクロチップを埋め込んだ棋士」

「実は10年前からソフトを使っています」

その棋士の告白に私は耳を疑った。誰もが信頼している現役の棋士が、まさかソフトを使っているというのである。

しかし、一体、どうやって使うというのか。既に携帯電話の持込は厳禁、対局中の他者との接触は不可、対局前には金属探知機で全身をくまなく検査されているではないか。

「ここにマイクロチップが埋め込まれています」

彼は口の中を指さした。私は覗き込んだが、それらしき物は見つけられなかった。

「分かりませんか? 部分入れ歯ですよ」

「あ!」

確かに部分入れ歯がある。この中にチップがあるのか。

「これを噛む回数で対局相手の手を仲間に伝えています。仲間は遠隔操作でこの入れ歯をわずかに振動させ、その回数でソフトの手の連絡を受け取る仕組みです」

「しかし、金属探知機に反応しないんですか?」

「世界中のどの金属探知機にも反応しません。もしこれで反応するのなら、ブラの金属やカツラの取付器具だって反応してしまいます」

彼は表情を全く変えずに淡々と話す。

「万一、反応したとしても、この部分入れ歯だけ外してから、また検査してもらえばいいのです。さすがに対局中に部分入れ歯を取り上げられたりはしませんから」

彼は衝撃的な事実を告白しているのに、動揺しているようには全く見えなかった。そして、次の発言はさらに驚愕であった。

「公式戦でソフトの手を使っているのは私だけではありません」

「ええ!」

「他にもソフトの手の連絡を受け取る手段はいくらでも作れるでしょう。物的証拠はありませんが、状況証拠ならあります。普通の人間ならまず浮かばないような手が1局中10回もあったりします。そんな奇跡はこの世にありません」

「そんな……。それでは真剣勝負だと信じて観戦しているファンを騙していることになりませんか?」

それまで冷静だった彼が、その私の質問に声を荒らげた。

「では、ファンが観戦したい対局とは一体なんですか!」

彼の剣幕に驚いて、私はすぐに言葉が出なかった。

「私はこう思っています。そもそもソフトが人間を越えた時点で、プロ棋士の価値なんてなくなっていました。そんな当たり前のことさえ気づかずにファンは……」

そこからの彼の独白は私の人生観を変えるほど深いものであったが、私は秘密厳守を約束したので、ここには記さない。

ご存知のように201x年に、巧妙すぎて防ぎようのないソフト使用が発覚し、プロ棋士団体はあっけなく解散した。事件当時、ファンや無実の棋士たちから「情けない」「400年の伝統を汚した」「なぜ解散までするのか」などの辛辣な批判が、犯人、プロ棋士団体、およびスポンサーに浴びせられていた。しかし、上記の彼の独白を聞いていた私は、批判を浴びせていた方こそ、そのような終末を迎えさせた元凶ではないか、という気がしてならなかった。

2016年10月12日 (水)

たかが将棋に本気になってしまうのか、本気になれるのか

なんじゃあ、このブログは! 正気か、コイツは?

なにが悲しくて、たかが将棋にここまで深く考えているんだ? 小学生に課した「郷土の歴史を調べよう」の宿題で、100冊も引用文献のある論文を書いてきたようなもんだろう! やりすぎだ! 日本の汚点だとか、科学文明の恩恵だとか、人類の発展だとか、なぜ将棋のブログでそんな言葉が出てくるんだよ! 

新聞社までカルト集団化しているなんて、本当に思っているのか? まるで将棋連盟が日本を裏で操る悪の秘密結社みたいじゃねえか。たった200名程度の団体が、そんな大それたことできるか!

いちいち指摘されなくても、プロ棋士のプライドが高いとか、視野が狭いとか、みんな分かっているんだよ。毎日将棋のことばかり考えていたら、それは視野も狭くなるさ。気づいたことを全て言葉にするなんて、子どもみたいなマネするな! 勉強ができるからって威張り散らすお前の方が、プロ棋士以上に人間性に問題がありすぎるんだよ!

プロ棋士の存在価値を科学的に考える奴がいるなんて思わなかった。世の中、無駄なことなんていくらでもあるだろう。お前だって正月に初詣するんじゃないの? そんな習慣に「初詣に行く目的を次に列挙する。1.神聖な気持ちになる 2.気分を一新する 3.……。以上の目的を全て達成する上で、初詣の時間効率および経済効率の悪さは明らかである。千年以上もこれに気づかないどころか、考察した文書すらない日本人は理性的な思考を放棄していたと判断されても仕方ない」なんて言うバカがいるか! 存在理由なんてどうでもいいんだよ! お前こそ科学的思考をする前に、社会常識を身に着けておけ!

※注意

もちろん、こんなコメントが来たわけではなく、「言われる前に自分で書いておこうかな」と思って、これまでと同じ筆者がこの記事も書いています(笑) このブログは6月末までの1期と8月末以降の2期に分けられるのですが、何度か断っているように、2期は1期とほぼ同じ理屈の繰り返しばかりで、言葉遣いを大げさにしたくらいなのですが、アクセス数が1期の10倍ほどに増えています。ネットに限らないのかもしれませんが、過激な表現の方がウケはいいようです。「最近の政治でポピュリストが台頭するわけだな」なんて思っていたりします。あ、それは、ちょっと違いますかね(笑)

「人と車はどちらが速いか?」「人である。なぜならエネルギー効率がいいから」

「人と車のどちらが速いか?」

こんな答えが分かり切っている質問をしたことも、されたことも、私は人生で一度もありません(でした)。まして、ここで上のタイトルのような返答を本気でする人がいたら、私の方も本気でその人の脳梗塞を疑って、救急車を呼んでしまうかもしれません。

余談ですが、現在の医学では、脳梗塞になっても4時間半以内なら救える場合があります。それ以降になると脳梗塞は一生治りません。日本では毎年、脳梗塞のせいで片麻痺になったり失語症になったりする人が何万人もいます。脳梗塞後でも10年以上生きる場合もあり、本人はもちろん、家族や介護者の負担は決して軽くありません。もし脳梗塞の事前確率が高い(脳梗塞になってもおかしくない)不整脈のある高齢者が上のような戯言を真顔で言っていたら、躊躇なくMRIのある病院まで、できるだけ早く連れていってください。念のため書いておきますが、そんな場合、病院のすぐ近くにいるなどの特別な事情がない限り、車は人より確実に速いので、自家用車か救急車を必ず使ってください。

以前の記事でも取り上げた「電王戦から考えるコンピュータと人類の未来」という公開討論会(http://logmi.jp/589932015年にありました。ドワンゴ会長の川上氏が「(電王戦を)本当に公平にするんだったら、エネルギーの消費量を同じにする必要があると思うんですよね」と主張していました。Apery(浮かむ瀬)の平岡氏が「それは本質ではないでしょう。人と車を例に考えてください」と呆れていました。

私もなんという屁理屈だと思いましたが、どうやら川上氏は本気だったようです。2日前まで開催されていた第4回電王トーナメントで、なんと消費電力が表示されるようになりました。

いつからドワンゴは省エネに関心のある企業になったのでしょうか。もしそこまで省エネに熱心なら、川上氏を含めた全社員の自動車通勤を禁止にして、社内のエアコンも全て撤去すべきです。その方がよほど地球と人類に恩恵があります。

来年の電王戦では、そんな日本の汚点になるような表示はしないでほしいです。

「なんで消費電力なんて表示しているんですか?」

「エネルギー効率で人間が勝っていることを示したかったらしいです」

「え!」

将棋の人間VSコンピュータの決戦が囲碁より遅れた情けない事実が既に確定しているのに、恥の上塗りをしないでください。

それと、ドワンゴが川上氏の独裁会社なのはその著書を読めば、おおよそ予想できたのですが、いくらなんでも上のような命令まで従順に聞くことはないでしょう。親会社のKADOKAWAも川上氏の暴走を少しは止めてください。

さらに余談になりますが、次のデータ(http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/6390.html)によれば車に二人以上乗っていれば、エネルギー効率としても車は人に勝つようですね。

2016年10月10日 (月)

「人間とコンピュータの将棋対局に公平なルールは存在しない」は詭弁である

以前の記事で「人間同士の将棋対戦ルールも『完全に』公平にはなりえない」と書きました。それは事実でしょう。ただし、「人間とコンピュータの将棋に公平なルールは『絶対に』存在しない」は間違っているでしょう。人間とコンピュータの対戦だとしても、ほとんどの人が認める公平なルールが存在する場合もあるはずです。その一番良い例が、アルファ碁VSイセドル戦で、ルールが不公平だと言う声が世界的に全くあがっていないことです。一方で、電王戦では3年前からハード制限、事前貸出、改良不可の三つのルールが加わって、私を含めた多くの方がこのルールに疑問を投げかけています。

ハード制限のせいで、ソフト側に不利なハンデ戦になっていることは疑いようもありません。事前貸出と改良不可に至っては、電王戦が勝負として成立しないほど理不尽極まりないルールです。「最も不公平で面白くないルール」の記事にも書きましたが、改めてその理不尽さを説明します。

「電王戦の規制(レギュレーション)について」の記事でも触れましたが、理性的な人間ではまず浮かばない、この滅茶苦茶なルールの発案者は恐らく塚田氏(会見で泣いてしまうほど理性が崩壊していた人)です。この塚田氏の電王戦対局は、この電王戦こそ「人間がコンピュータに負けた瞬間だ」と今でも私に思わせているほど、劇的な一局でした。しかし、上のような滅茶苦茶なルールを提案されたら、「悔しすぎて理性がブッ飛んじゃったんだな」と見なし、その人をなぐさめるものの、重要な意思決定には加えないはずです。こんな塚田氏の主張を鵜呑みにした大崎善生氏も、将棋に没頭しすぎて理性が欠けてしまっていたのでしょう。

「ドキュメント電王戦」で、塚田氏は自分が戦ったわけでもないツツカナの最初の4手目までが入力されていて不公平だと愚痴っています。ここで、将棋を私と同じかそれ以上に知っている方に質問します。最初の4手目までをプロに打ってもらったとして、そこからプロと対局して勝てると思いますか? 勝てるわけないですよね。まして、この4手目までは相手の手を見て入力したわけでなく、勝負前から入力されていて、しかもツツカナ制作者が考え出しています。また、ここが一番重要なのですが、電王戦出場棋士の全員にツツカナは事前に貸し出されていました。だから、最序盤の少しだけプログラムを変更したのです。それで棋士が負けたのなら、棋士がツツカナより弱かったと普通なら判断するはずです。

それと、実は第3回電王戦でも、やねうら王だけでなく、直前のルール変更に伴うプログラム修正がponanza以外の全てのソフトに行われています(http://d.hatena.ne.jp/kanoke/20140319)。もしかしたら、この修正がなければ、第3回電王戦でも棋士側が勝ち越したのかもしれません。しかし、上のツツカナ戦でもそうなように、急なソフト修正で対応できなくなるほど、既にプロ棋士たちはソフトに勝てなかったのです。常識で考えて、実力で棋士がソフトに負けたとしか考えられないはずです。

前回の記事で、「プロに弱い、コンピュータに強いアマチュア」の裏にはインチキが隠されていると私が断定したのは、上のような事実があるからです。おそらく、そのアマチュアは少しプログラムを変更されると、もう勝てないに違いありません。もし最強将棋プログラムをいくら適切に変更しても、そのアマチュアがソフトに圧勝したとしたら、そのアマチュアは羽生氏にも負けるはずがありません。

ここまで読んで、まだ「改良不可」のルールが理不尽だと納得できない方に説明します。確かに、同じハメ手に何度でもはまる将棋ソフトの欠点は、人間の価値観なら、間抜けと感じるでしょう。また、相手に弱点があるなら、人間同士の戦いなら、そこを攻めるのは合理的です。しかし、人間VSコンピュータでは、その考えは通用しないんですよ! 少しは理性的に考えてください! なにも知らずに普通にコンピュータと戦えば、プロがまず負けるまで差がついてしまいました。勝負前にハメ手を発見できたら勝って、発見できなかったら負けるだけです。そんなの勝負と言えますか? もはや研究です。やる方も観る方も、つまらないこと、この上ありません。将棋の必勝法を見つけ出したい一部のマニアがすればいいだけで、公開対局にする価値はありません。まして、将棋を知らない人でさえ注目する人間とコンピュータの決戦にする価値はありません。

だから、公平に考えて、本当の決戦はもっともっと早くするべきだったんですよ! カルト化してしまった将棋ファンがそれを理解していなかったのならまだしも、囲碁で先に決着してしまった後でさえ、一流新聞社までがあんなトンチンカンな社説(http://www.asahi.com/articles/DA3S12577447.html)を出すとは、理解に苦しみます。コンピュータのひどい誤解がここまで浸透していることに、日本のコンピュータ産業の後進性の大きな原因の一つがあるのではないでしょうか。

人間VSコンピュータの公式決戦は、そのボードゲーム史上に永遠に残るほど、注目が集まります。最近、あるアメリカ人のチェスファンから「最強のチェスプレイヤーは誰かと尋ねられれば、今でも、Carlsenではなくカスパロフと答える人が多いだろう」と言われました。人間VSコンピュータ決戦後に、人間同士の最強を決める意味などない、と見なされていることが理由かもしれません。

プロ将棋界の最大の間違いは、理不尽なルールを加えたり、非科学的な都市伝説を吹聴したりして、コンピュータとの最終決戦をここまで先延ばしにし、その価値を激減させたことです。近いうちにこのブログでも扱う予定ですが、「なぜ将棋で、トッププロがこんなに長期間コンピュータから逃げていたのか」というテーマは将棋史上に(もしくは日本史上にも)残る恥辱として記録されることは既に間違いないでしょう。情けないです。

都市伝説「プロに弱く、コンピュータに強いアマチュア」

将棋棋士レーティング表(http://kishi.a.la9.jp/ranking2.htmlによると、プロ最上位と最下位でレーティング600点以上も差があります(今日現在で698点)。イロレーティングの定義だと、プロ最上位が最下位と対局すれば、100回戦って97勝以上する確率になります。

「プロ棋士には弱いが、コンピュータには強いアマチュアがいる」という都市伝説があります。これがもし「全てのプロ棋士に負け越すが、最強コンピュータには勝ち越すアマチュアがいる」という意味なら、レーティング理論と将棋のルールを知っていれば、そんな都市伝説は誤りだとすぐに分かるでしょう。

たとえば、次の話はどう思いますか? 先手と後手を交互に入れ替えて、公平に100回対局します。AさんはBさんに5050敗でした。AさんはCさんに973敗でした。BさんはCさんなら楽勝と思って100回対局したところ、Bさんの5050敗でした。Cさんの実力がついたと判断したBさんがAさんとの復讐戦を提案したら、またもAさんはCさんに973敗でした。Bさんは「私をバカにしているのか! なんのインチキだ!」と怒りました。

将棋で公平に戦った場合に、こんなことはまず起こりません。普通に考えれば、Cさんが手を抜いてAさんと戦っている可能性が濃厚でしょう。たとえ相手の苦手な戦法をとっていたとしても、先手と後手を交互に入れ替えているのですから、その相手に学習能力があれば、上の例ほど歪な結果にはなりえません。

これを理解できる方なら、統計データでの証明がなくても、二人零和有限確定完全情報ゲームならイロレーティング数値で実力が示せることも理解できるのではないでしょうか。

だから、将棋ソフトがトッププロに追いついた2011年以降、「全てのプロに弱く、最強コンピュータに強いアマチュア」都市伝説は統計学上ないと断言できます。もしあるとしたら「トッププロに負け越すが、最強コンピュータには勝ち越すアマチュア」でしょう。トッププロと最強コンピュータの実力が拮抗していた2011~2012年くらいなら、そんなアマチュアがいた可能性がゼロとは断定できません。そうはいっても、将棋の定義上、そのアマチュアはトッププロに4555敗で、最強コンピュータに5545敗になる程度しょう。もし「トッププロに惨敗するが、最強コンピュータに圧勝するアマチュア」が2011年以降にいた可能性なら限りなくゼロです(事実上のゼロです)。もしいたなら、「なんのインチキだ!」と怒鳴るような事情が裏にあるはずです。

しかし、あろうことか、この非科学的な都市伝説を羽生氏が事実だと強弁しています(https://www.youtube.com/watch?v=QB9-kx_dHhE)。しかも、この発言は2015年のようです。

私は上の都市伝説を科学的に否定しましたが、「電王と勝てば賞金100万円(または300万円)」イベントでこれまで勝った4名全員はプロ並みの実力を持っていて、その時でもハード制限があったことから、上の都市伝説を常識的に否定している方がネットでは多いようです。2015年といえば、ハード制限のあるponanzaが上記イベントでプロ並みに強いアマも含む相手に1660敗という、トッププロでも不可能としか思えない結果を出した後です。

羽生氏が上記の都市伝説を吹聴したせいか、「コンピュータはプロに強いが、プロはアマに強い、そして、アマはコンピュータに強い。これだと、どれが最強かは決められない」という、プロが聞いたら泣いて喜びそうな説までネットで流布されています。カルト集団内で教祖が伝えた非科学的神話を、信者が増幅させていくのと似ているかもしれません。
この科学に反する都市伝説の裏にあるインチキはなんでしょうか? 私は真相を知りませんが、次のような単純なインチキだと推測します。

「特別な将棋ソフトのハメ手をいくつも見つけた」

「ランダム制(乱数)を十分に入れていない将棋ソフトの必勝法を見つけた」

ここでアルファ碁VSイセドルを例に出します。この対局で、アルファ碁のプログラムに乱数を入れていない可能性が高いと私は推測しています。コンピュータが計算で出した最高得点の手を選ばなければ棋力が低くなるので、通常、電王戦出場ソフトのように乱数は無理やり入れません。実際、第1局と第5局、第2局と第4局では、イセドル氏の手に対して、アルファ碁は途中まで全く同じ手で返しています。もしアルファ碁に乱数が入っていなければ、イセドル氏の第4局の指し手を完全に記憶すれば、私でさえアルファ碁に100連勝できます。それで私が「あのアルファ碁に100連勝した私は人類史上最強の棋士だ」と屁理屈を主張しても、真に受ける人は地球上にいません。

もし私の推測が当たっていたなら、この都市伝説の発生原因の一つは「コンピュータ(人工知能)に学習機能がない」という基礎知識の欠如にあります。私が以前の記事に書いたように、「(知能と呼ぶに値しない)人工知能は人間の道具にすぎない」という基本事実を、羽生氏もそのファンも認識していなかったのでしょう。

あるいは、もっと悪質なインチキが裏にあるのかもしれません。ただ、インチキの正体がなんにしろ、この都市伝説発生の元凶は、プロ棋士やそのファンの理性が欠けてしまっていたこと(カルト化していたこと)にあるでしょう。「ABに圧勝して、BCに圧勝して、CAに圧勝した」なんてことが将棋に起こった時点で、「なんのインチキだ!」とどうして考えなかったのでしょうか。そんな理性的な思考を放棄して、インチキだとしても、自分の信じたい幻想に浸りたかったのでしょうか。

2016年10月 7日 (金)

都市伝説「コンピュータは新定跡を発見できない」

「次代を担う棋士たちも(略)創造的な将棋を指し続けてほしい。その姿は、AI時代を生きる私たちの手がかりや励ましになる」

朝日新聞2016/9/26の社説の結語です。こんな結論になる時点で、この筆者が将棋について、およびコンピュータについて、どれほど無知であるかが推察されます。

以前にも書きましたが、将棋は二人零和有限確定完全情報ゲームなので、ルール上、人間が指せる手はコンピュータも必ず指せます。手数は無限でないので、計算力で遥かに優れるコンピュータが人間よりも先に必勝法を見つけます。これは、定義さえ理解すれば瞬時に導かれる事実です。
だから、将棋という世界で、人間が到達できる範囲は、コンピュータが到達できる範囲と比較して、急激に狭まっています
。今はまだ人間とコンピュータが人と車くらいの差かもしれませんが、時間経過とともに、人と新幹線、人と飛行機と差は大きくなるだけです。人間が未踏の地を発見できる可能性は残されてはいますが、そこにプロ棋士の存在価値を見いだそうとするのは無理があるでしょう。

しかし、電王戦が開催されるようになった後でも(つまりコンピュータがトッププロに実力で追いつき、追い越した後でも)、「コンピュータは新手・新定跡・新戦法を発見できない」という都市伝説がまことしやかに流れていました。10年前の羽生氏の次の発言が出所かもしれません。

「勝ち負けだけを争うものなら将棋にそれほどの価値はない。思いがけない発想やドラマチックな逆転が共感と感動を呼ぶ。感動的な俳句を作れないように、コンピューターに人間の共感を得られる将棋は指せません」

この真意は分かりかねますが、「思いがけない発想の手」「ドラマチックな逆転が起こる将棋」はコンピュータによって既に無数に指されています。

コンピュータが指せない手など理論上ありえないので、上記の都市伝説は中卒以上の人なら信じるわけがない、と私は思いたいのですが、ネットで調べれば「そうなのか」と信じていた人が少なくないと分かります。コンピュータが新手・新定跡・新戦法を指していると人間が長い間気づけなかった証拠にはなっています。「気づきたくなかった」「気づく能力がなかった」のどちらが大きい要因なのでしょうか。

余談になりますが、「不屈の棋士」で羽生氏は「floodgateが参考になると思ったことはありません」と言い捨てて、渡辺氏は「floodgateに興味ありません」と言い切っています。自分より明らかに強く、また対戦から何年も逃げていた相手にここまで見下した発言をしているのですから、二人がコンピュータに負けた時にはこのような発言をまず謝罪させてほしいです。「私の理解の限界を越えるほど強いです」「私にはここまで見事な戦法はとても指せません」と訂正させてほしいです。

「不屈の棋士」での「羽生氏はモンスターのように強い」という勝又氏の発言もそうですが、「コンピュータは新定跡を発見できない」都市伝説も、次の記事に書く「プロ棋士に弱く、コンピュータに強いアマチュア」都市伝説も、義務教育を修了したはずの日本人がどうして信じてしまうのか、不思議で仕方ありません。私のこの記事も、「幽霊がいる」と信じている人に「幽霊はいません。なぜなら人間は原子で構成されていて、その原子はもともと……」と科学的に説明するくらい、間抜けな気がします。

ともかく、上の例にはプロ将棋界のカルト集団的側面がよく現れています。全国紙の社説までカルト化されている状況では、みなが科学的思考を取り戻すには時間がかかるのかもしれません。ここまで洗脳が浸透していると怖くもあります。私も同じ人間である以上、同じように妄信に陥っている可能性があると、肝に銘じておくべきでしょう。

2016年10月 6日 (木)

将棋はミスするから面白いのか

朝日新聞2016/9/26の社説には「常に直線的に最善手を選ぶソフトに対し、人間には駆け引きやミスによる逆転がある。だから面白い」という誤解が書かれています。

常に最善手を選ばないソフトは乱数を用いれば簡単に作れます。事実、第3回電王戦からは事前貸出のルールが加わったので、仕方なく、レーティング(実力)を下げてランダム制(乱数)を取り入れています(http://news.mynavi.jp/articles/2014/03/11/denou/003.html)。電王戦には朝日新聞の記者がいつも来ているのに、どうしてこんな事実誤認が起こったのでしょうか。というより、この程度のコンピュータ基礎知識すら間違った社説を掲載するほど、朝日新聞社はコンピュータに無知なんですか。

上の勘違いは論外として、今回焦点をあてたいのは「人間の対局ではミスがあるから面白い」という意見です。これはコンピュータに負けているプロ棋士を擁護する意見として散見されます。本当に将棋を好きな方に聞きたいのですが、将棋の面白さはそんなところにあるのですか?

2014年大晦日に電王戦リベンジマッチが開催されました。この時は「ヒューマンエラーを排すため110分にする」というルールで行われています。コンピュータはミスがないが、人間にはミスがあるため不利だ、という棋士側の主張によるものです(もちろんコンピュータにもミス・誤作動は起こるのですが、ここではそれについて論じません)。この棋士は、ミスを除いて本来の将棋の技術としてコンピュータと対戦すれば必ず勝てる、と信じていたようです(「ドキュメントコンピュータ将棋」参照)。(実際は、このルールでも棋士が練習対局で3連敗して、本番でようやく判定勝ちになった程度です。ハード制限、事前貸出、改良不可のふざけたルール付きで、この有り様です)。

こんな主張が出ること自体、ミスが面白いと思われていない証拠になります。詰みの手筋になった時点で、コンピュータなら一瞬で読み切ってしまいます。そこから先、人間が間違わずに指すことが、将棋本来の面白さなのでしょうか。「ミスかどうか分からない。妙手かもしれないし、悪手かもしれない。何手か進めて、絶妙手だったと分かった」 そういった部分があるからこそ、将棋は面白いはずです。正解が分かった問題を正確に解くことが将棋の面白さなら、イライラ棒の方が観ていて面白くないですか?

しかし、「不屈の棋士」P251によると、最近のプロ将棋では終盤に時間を残す傾向が強くなってきたそうです。ソフトの普及により、従来予想された以上に人間は終盤にミスをしていることが多いと分かったからです。この傾向を糸谷棋士は「間違いなくソフトの効果で、将棋の進歩に役立っている」と言っていますが、それは本質が見えていません。コンピュータに確実に負ける分野で、人間が多くの時間を費やすのは無駄でしょう。人間同士で勝つためには有効でも、将棋の進歩には役立っていません。

だから、人間が将棋を指す意義は「ミスかどうか分からない」部分のある序盤や中盤にしか残されていません。しかし、この部分でも人間は大抵負けます。1秒間に数百万手も考えるコンピュータ相手に人間は適わないからです。

多くの方が予想した通り、コンピュータが人間に一度でも勝った時点で、人間が将棋を指す意義を将棋内容に見出すのは無理でしょう。

「将棋内容に棋士の存在価値を見出す無意味さ」について、次からの記事でさらに掘り下げます。

2016年10月 5日 (水)

朝日新聞2016/9/26社説の見識の狭さに脱帽!

将棋の観戦記者と違って、良心的な大手新聞社が「不屈の棋士」のような見識の狭い意見を述べることはない、というようなことを以前の記事で私は書きましたが、新聞社を信頼しすぎていたようです。朝日新聞が次のような薄っぺらい見解を堂々と全国に発してくれました(http://www.asahi.com/articles/DA3S12577447.html)。プロ将棋好きの記者による独善的な記事をうっかり掲載したのならまだ救われたのですが、よりにもよって社説です。

たとえるなら、「ニコニコ動画に自作のダンス動画を公開するだけのニートの子どもに、毎月数十万円のお小遣いをあげている過保護の親が町内会誌に『踊ってみた動画の制作者は将来食えなくなると心配する声もある。しかし、一生懸命踊る姿は多くの人を感動させている。これからも創造的な踊りを披露して、私たちの希望となってほしい』と書いた記事を読んだ」になります。

「アホか! お前みたいなバカ親の金銭援助がなければ、将来どころか今だって食えていないんだよ!」

「なんでこんなことを町内会誌に載せるんだ? 自分の家の問題だろう! 世の中に背を向けているお前んとこのボンクラを今すぐ社会復帰に向かわせろ!」

全国紙でここまで狭量な記事が載ったことは、ある意味で興味深いです。プロ棋士界はプロスポーツよりも狂信集団(カルト集団)に近いと考えるべきなのかもしれません。ここ数年のコンピュータとの対戦では、プロ棋士界のカルト側面が露骨に出ています。これからの記事でそれらを指摘するつもりです。

ところで、本題から外れますが、なぜ私がこんなことに注目するかを説明しておきます。

「不屈の棋士」の著者同様、上の社説を書いた人やチェックした人は「世の中には他に救うべき人がいくらでもいるのに、将棋が上手いだけの人を救うべきなのか」と真剣に考えたことなど生涯で一度もないに違いありません。つまりは、一流新聞社に勤めるエリートなのに、発想が社会常識に縛られているのでしょう。大げさにいえば、日本人全体の想像力の低さがここに現れているように思います。

民主主義国家でバカな政治家が多いのなら、その国民もバカが多いはずです。倫理観の乏しい医師が日本に多いのなら、日本人全体が倫理観に乏しいはずです。

以前、私はこんな私立大学病院の医師に会ったことがあります。製薬会社が用意した豪華な弁当に感動している医学生たちを前にして、その医師は「昔はこの程度の弁当だけじゃなく、製薬会社は立食パーティーを用意してくれたり、ホテルに泊まらせてくれたり、タクシー券をくれたりした」と自慢しました。バカな医学生たちが「昔はよかったんですね」と笑っていたので、私は呆れて「どこがいいんですか? そんなお金はどこから出ているか想像できないんですか? 製薬会社の収入は究極的には患者さんから出ているんですよ。昔はひどかったと言うべきでしょう!」と怒りました。残念ながら、その場で私に同意してくれる医学生はおらず、むしろ場を白けさせたと見なされ、私は避けられるようになりました。

こんな風に昔の腐敗を「古き良き時代」と勘違いしている医師は、いまだに掃いて捨てるほどいます。そんな想像力の欠如した医師を容認する人たち、そんな医師を容認することで自分たち自身の生活が苦しくなると想像できない人たちが日本にいるからでしょう。

イセドル戦第4局でアルファ碁は暴走も誤作動もしていない

2016/5/15NHKで「天使か悪魔か羽生善治人工知能を探る」という恥ずかしい番組が日本で放送されてしまいました。私はテレビを持っていないのですが、友だちにわざわざ録画を頼んでまで観ました。ひどい内容になることも覚悟していたつもりでしたが、予想以上のひどさに落胆しました。タフツ大学の「社会性を身に着けようとする」ロボットはとりわけ滑稽なのに、番組スタッフは(恐らく大真面目に)電波に流しています。日本の公共放送がどれだけコンピュータ(人工知能)について無知であるかを知るためには有益とも思えるので、you tubeなどで観てみるといいかもしれません。
この番組を観て「すごい! ロボットが社会性を身に着けだした!」と考える日本人は番組スタッフ以外にあまりいないでしょうが(いないことを願っていますが)、番組のように「イセドル戦第4局でアルファ碁は暴走した」と考えている人は少なくないと推測します。そこまで思っていなくても、第4局でアルファ碁はなぜあんなひどい手(下図参照)を打ったのか、謎に感じている人は多いはずです。

Photo_5

アルファ碁VSイセドル戦については、ponanzaの山本一成氏と囲碁棋士の大橋拓文氏の対談記事(https://cakes.mu/posts/12685)があります。上の1手の解説部分は会員登録しないと読めなくなっていますが、このアルファ碁の記事だけでも「不屈の棋士」1冊分くらいの価値があると私は思います。アルファ碁VSイセドル戦について、ここまで本質を突いた分かりやすい記事は世界的にも珍しいかもしれません。

上の1手は囲碁を知る方なら、大悪手とすぐに分かるそうです。残念ながら私はそれを理解できません。しかし、山本氏の次の発言で一気に謎が解けました。

「いや、でもこれを打つことで致命的な局面は2手くらい先送りにされたんじゃない?(笑)。だからコンピュータからすると、こういう手を打つ合理的な理由があるんです。イヤなことは先送り(笑)」

電王戦を知っている方なら、この発言で「なるほど!」と私のように思ったのではないでしょうか。電王戦final第1局でAperyが犯した王手ラッシュですよ! 他でも将棋ソフトが負けそうになると例外なく指してくるその場しのぎの手ですよ!
負けると分かってからのAperyの王手ラッシュは将棋ファンからすると品のない手らしく、棋譜を汚したと批判が殺到したそうです。しかし、自分の王が詰みになると分かったら、持ち駒全て使ってでも王手する方がマシです。だから、理論上は王手ラッシュが最善手になりうるんですよ。

そもそも機械の暴走あるいは誤作動の定義はなんでしょうか? たとえば、お茶を入れると移動して、人に湯呑みを差し出すカラクリ人形があったとします。このカラクリ人形は決まった移動方法しかできないので、その道筋を本などで遮断すると目的地まで移動できずに人形は転んでしまいます。これを暴動あるいは誤作動とは、通常、呼ばないはずです。人形の道筋をふさぐ方がいけない、あるいは、遮蔽物に対応した機械ではない、と表現するはずです。

アルファ碁の悪手も同様です。「アルファ碁はどんな劣勢でも上手く挽回できるプログラムでない」あるいは「アルファ碁は美しく負けるようプログラムされていない」と表現するのが正しいでしょう。アルファ碁はプログラムから外れた計算をしたわけでも、計算を放棄して適当に打ったわけでもありません。人間にとっては理解に苦しむ悪手なんでしょうけど、アルファ碁のプログラムに沿った計算では、あの1手が最高得点なんです。

前回の記事で「思考のできない人工知能は人間の道具に過ぎない」と私が主張したのは上記のような観点からになります。大悪手を打つアルファ碁でもイセドル氏に勝ち越したことで「人工知能の優秀さを人類に知らしめる」役割は十分に果たせたわけですしね。あらゆる道具がそうなように、人工知能(コンピュータ)をどう使うかはこれから人間が考えていくべき課題でしょう。

思考のできない人工知能は人間の道具に過ぎない

この記事もそうですが、このところ以前の理屈の繰り返しが多い上に、長文化が激しくなって、申し訳ありません。

最近の記事で「人工知能は大したことない」と主張する一方で「これから人工知能により多くの仕事が消滅する」とも私は主張しています。この一見矛盾する主張の真意は「人工知能(コンピュータ)は思考と呼べるほどの機能をいまだ持っていない。それでも、既にコンピュータにより代替されうる仕事はいくらでもある」になります。

たとえば、多くの事務処理作業はコンピュータによって代替可能なはずです。今現在、こんな事務作業が存在すること自体おかしい、まして人件費を使う必要はない、と思う仕事は日本にいくらでも残っています。他にも医療業界では、薬剤師の仕事は明かに非効率な部分が大きいです。海外ではとっくの昔に機械化されている薬の仕分け作業や調剤作業など、高学歴で高給の薬剤師に独占させているのが謎の仕事が少なくありません。

「コンピュータが思考と呼べるほどの機能を持っていない」と私が考える根拠についても示しておきます。

deep learningで有名になった機械学習とはなんでしょうか? wikipediaや専門書には難しいことを書いていますが、私は次のように認識しています。

「正しい計算方法を計算により導き出すこと」

将棋ソフトを例に、この認識ついて具体的に説明していきます。(以下では「ドキュメント電王戦」の勝又氏の発言をいくつも引用しています)

将棋11級程度のbonanza制作者がなぜプロに匹敵するソフトを作れたかと言えば、機械学習を取り入れて、プロと同じ手を高確率で指せるようになったからです。

そもそも、将棋ソフトは次のような方法で1手を導いています。現在の局面の情報を把握して(数値として入力して)、ある計算方法(評価関数と呼ぶ)に従って計算し、最も点数の高い手を導き出すのです。

この評価関数が将棋ソフトの要になります。

bonanzaの登場以前は、この評価関数をどう作るかが、ソフト開発者の腕の見せ所でした。

持ち駒パラメーター(変数)で飛車は1200点で金は600点で、王から3コマ以内に金がいたら囲いの強さパラメーターを300点プラスして、囲いの強さパラメーターから相手の攻めの強さパラメーターを引いたものを2乗して……以上を全て合計する、というように評価値を求めます。

bonanzaの開発者は、この評価関数すらもコンピュータに作らせた(機械学習させた)のです。評価関数のパラメーターを無数に自動生成させて、最適な評価関数を作成しました。プロの何万局もの手順を入力してソフトに次の1手を導かせ、それがプロの手に一致するように評価関数を自動調整させたのです。

すると、bonanzaの評価関数のパラメーターは一時期5000万を越えたようです。

deep learningを含む全ての機械学習ではこのように、より正確な結果を出す(プロの手とより高確率で一致させる、画像内に猫がいる・いないをより正確に認識させる)計算方法を計算により導き出しています。

ここで注目してもらいたいのは機械学習といっても、結局は数値計算しているに過ぎないことです。どこまでいっても、コンピュータ(またはプログラム)は計算以外の能力を持っていないからです。人間で言う思考なんて全くしていません。命令通りに計算して、出力しているだけです。

とはいえ、科学的にいえば、人間の思考も、脳内で電気信号が複雑に連絡しあっているだけです。これはコンピュータのハード内で電気信号が複雑に連絡しあうことと、あまり違わないようにも思えます。だから、いずれコンピュータが「思考」をする可能性もなくはない、と私は考えています(有機物の思考を無機物で代替するのは原理的に不可能と主張する人も少なくありませんが)。しかし、コンピュータが人間と同等の思考をするためには機械学習程度のブレイクスルーでは全くもって不十分です。少なくとも、現段階でコンピュータは思考と呼べるほどの柔軟性も複雑性も示しているとは到底思えません。思考ができない以上、コンピュータは人間がうまく利用して使うべき道具に過ぎない、と私は認識しています。

ところで、「人工知能という呼び方について」という記事で「人工知能」という名称は誤解を招くので適切でない、と主張していたのに、その後も人工知能という単語をこのブログで使って、申し訳ありません。理解しづらいと思う方は、人工知能=AI=コンピュータと置き換えて読んでもらって大丈夫です。私の知る限り、この置換は他でも(このブログ以外でも)十分に成り立つはずです。さらに書けば、このブログでは、IT=人工知能(AI)=コンピュータ≒ソフト=プログラミング(プログラム)と、これらの単語をほぼ同義として使用しています。もちろん、コンピュータはハードとソフトの二面性があることは私も認識しているのですが、記事を書くときはほとんど意識していません。

この記事を含めて私のブログは、コンピュータ専門家が読めば誤解の多い内容になっているでしょうが、大目に見てもらえると幸いです。専門外の私でもプロ棋士界の異様さはいくつも指摘できるのですが、人工知能(コンピュータ)については専門外の私が語れる範囲はごくわずかだと分かってきました。それについては、いずれ記事にしたいと考えています。

2016年9月23日 (金)

大手新聞各社へのお願い:プロ棋士への資金を囲碁ソフト開発に回してください

前回の記事が実現する可能性はもちろん低いのですが、日本が人工知能産業(ソフト産業) で遅れているのは事実です。日本で優れた人工知能を開発しなかったとしたら、他の国に先を越されるだけなのも間違いないでしょう。そこが人工知能を考える上で一番重要なはずなのに、しばしば見落とされているのは本当に残念です。昨日も、アメリカが高額給与と理想的な開発環境で優秀な日本人プログラマーを引き抜いているという記事(http://mainichi.jp/articles/20160325/mog/00m/040/007000c)を見つけて、落胆しました。

だから、大手新聞各社に向けて、もう一度お願いします。これから23年だけでいいので、プロ棋士たちを養うのはやめましょう。将棋と囲碁のスポンサー料合計で毎年、何十億円使っているんですか。アルファ碁勝利の国際的大事件の直後に、中国人にも韓国人にも負ける井山氏を7冠制覇と一面記事で絶賛するなんて、滑稽だと思っていなかったのですか?

今はプロ棋士への資金を全額、囲碁ソフトの開発に回してください。天才的なアマチュアが趣味で囲碁ソフトを開発しても、Googleのような大企業が囲碁ソフトを開発したら、どうやっても負けるのはアルファ碁の勝利で分かったはずです。このままなら、韓国や中国が優れた囲碁ソフトを先に開発して、囲碁棋士だけでなく人工知能でも日本が中韓に負けますよ(負けたと一般に思われますよ)。そんなことが起こったら、ただでさえ評価の低い日本のソフト産業への投資がさらに少なくなるでしょう。日本での人工知能の開発がもっと遅れて、海外の人工知能会社に、日本の多くの富が奪われる悪夢が実現してしまうかもしれません。

こんな意見に反対するプロ将棋やプロ囲碁ファンにも問いたいです。プロ棋士とコンピュータのどっちが大事ですか? あるいは、将棋・囲碁とコンピュータのどっちが重要ですか? もしそこで将棋や囲碁を選ぶのなら、テレビも電車も携帯電話もエアコンも銀行ATMも使わずに、将棋盤と駒あるいは囲碁盤と碁石だけ持って、耐えられなくなるまで将棋と囲碁の勉強をして、頭を冷やせばいいと思います。

将棋ソフトと囲碁ソフトと人工知能の最悪の未来

201X年、将棋ソフトの羽生氏への優位は明らかであったものの、いまだ羽生氏と将棋ソフトの勝負は行われていなかった。

それをチャンスと見たのか、Googleがアルファ将棋を開発し、羽生氏に7億円の対局料を示して勝負を迫った。日本将棋連盟が決断を先延ばしにしていると1ヶ月も過ぎたので、業を煮やしたGoogleは直近の世界コンピュータ将棋選手権の優勝ソフトponanza1億円の対局料で勝負を求める。ponanza側に断る理由はなく、ponanzaの手は代理操作者の棋士が指し、アルファ将棋の手はロボットアームが指すことになった。科学的に有意に優劣を決めるため対局数を増やし、110秒で100局の対戦が行われた。結果、ponanza100連敗となる。途中、代理操作者が泣き出すハプニングもあった。

続いて、Googleが羽生氏との対戦を6億円の条件で求める。(世間知らずな理事たちによって運営される)日本将棋連盟はその申し出を一度受け入れたものの、「その前にponanzaと対戦しろ!」という世間からの凄まじい非難があり、撤回する。急遽、羽生氏とponanzaの対局が行われることになり、ponanzaの全勝となる。この結果を見たGoogleは「もはやアルファ将棋が世界最強であることは証明された」と宣言して、羽生氏との対局は求めなくなった。それどころか「もしアルファ将棋と戦いたいのなら、そちらが対局料を払ってほしい」と言う始末であった。

一方、コンピュータ囲碁の世界では、2016年末、大方の予想通りに、アルファ碁が柯潔氏に圧勝する。翌2017年、なんとSamsungが囲碁ソフトのコリア碁を莫大な開発資金を投じて作り出し、柯潔氏と対局して、圧勝する。続いて、アルファ碁とコリア碁の国家のプライドをかけた対局が行われ、世界中で中継された。それに負けじと、中国が国家予算を投入して、チャイナ碁を開発する。チャイナ碁は韓国人のプロ棋士たちに勝負を挑み、全勝して、中国のプロ棋士たちにも全勝する。アルファ碁、コリア碁、チャイナ碁の勝負が毎年のように注目されるイベントとなり、開発競争も活発となる。ニューヨークタイムズはこの人工知能競争を「冷戦時代の宇宙開発競争のようだ」と称した。そんな中、それらと互角に渡り合えるほどのジャパン碁を開発する資金も技術も日本はなく、取り残された。

囲碁ソフトの国家のプライドをかけた勝負が注目されるようになったため、弱い人間同士の囲碁の人気は激減して、中国と韓国での囲碁スポンサーが次々に撤退していく。ついには中国棋院も韓国棋院も廃止され、かつての強豪プロ棋士たちが全員日本にやってくる。(やはり世間知らずな理事たちによって運営される)日本棋院は「日本は数百年も囲碁の文化を守ってきた世界唯一の国です」と言って、歓迎する。一部のファンも「世界最強のプロ棋士たちが日本に集結した」と歓喜する。しかし、日本での棋士トップ集団が全員日本語も話せない中国人か韓国人になり、しかも、その者たちが日本人棋士たちを見下す発言を繰り返して、問題となる。この結果、日本での囲碁人気も激減して、スポンサーが完全撤退する。それから数年後には、人気減少に歯止めがかからなかったプロ将棋団体もスポンサーがいなくなって解散している。

もっとも、プロ囲碁やプロ将棋が消滅したことなど、当時の日本では大したニュースにならなかった。外国産の人工知能ソフトに仕事が奪われ、日本は失業率30%以上に達しており、ついに国債デフォルトまで追い込まれ、経済が大混乱に陥っていたからだ。税理士や薬剤師といった多くの知的エリート職は事実上消滅していた。しかし、プライドだけは高い元エリートたちは、人手不足の介護職などに就くことを拒否して、生活保護費を受け取っていた。そんな者たちへの世間の怒りは強く、元エリートたちの写真がネット上に掲載され、襲撃される事件が多発した。かつてのプロ棋士たちがその襲撃対象に入っていたことは言うまでもない。

2016年9月21日 (水)

将棋で名人が人工知能に負けたからといって、人間の知能が人工知能に負けたわけではない

(私もそうですが)電王戦では、人間 VSコンピュータという表現を多用しています。しかし、将棋で人間がコンピュータに負けた程度で、人間の知能がコンピュータの人工知能に劣るというわけではありません。「人工知能という呼び方について」(http://perfect-chaos.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-9dc8.html)の記事でも書いたように、概して現在の人工知能技術は「知能」と呼ぶに値しないほど未熟です。

車や人工知能に詳しい方なら言うまでもないでしょうが、既に市販されている自動運転車でも、10年後に一般道で運転席に座らなくていい車が実現する可能性はゼロでしょう。高速道路で運転席に座らなくていい車でさえ10年後に市販される可能性を、私の知る一流自動車会社の関係者が全員否定していました(さすがに私は『そんな風に考えていることこそ、人工知能が日本で軽視されている証拠じゃないですか?』と反論しましたが)。もし「いずれ車は全て自動運転になるから、運転免許を取らない」と言っている大学生がいたら、「それが実現する可能性より、運転免許がないことで困る可能性が遥かに高いから、取っておくといいよ」と私なら助言します。

だから、電王戦を人間×コンピュータの戦いと大げさに考えるから、おかしくなるんですよ。電王戦はたかが将棋の戦いで、人間とコンピュータの頂上決戦でもなんでもありません。電王戦でコンピュータが勝ったところで、まだまだコンピュータは自動運転も自動診断も自動翻訳もできません。

いっそのこと、電王戦はプロ棋士とコンピュータの戦いと考えたらどうでしょうか。プロ棋士とコンピュータのどっちが重要ですか? こう問われて、プロ棋士と答える日本人なんてプロ棋士以外にいるんですか?

電王戦では人間VSコンピュータと強調しすぎなんですよ。将棋くらいコンピュータに負けたっていいじゃないですか。以前の記事に書いたように、ドワンゴは「(権力者の)プロ棋士×(アマチュアの)ソフト開発者」という構図を作るべきでした。

だいたいプロ棋士が将棋ソフトに勝ったとしても、これまでと同じ状況が続くだけです。なんら画期的な事件ではありません。ソフト開発者が勝ってこそ、歴史的な事件になるのです。その人工知能勝利の瞬間を電王戦視聴者のほとんどが望んでいない状況にさせたドワンゴの罪は極めて重い、と言わざるを得ません。

しかし、幸か不幸か、まだ羽生氏も名人もコンピュータに(統計事実として圧倒的に実力で負けているものの)公式には負けていません。今からでもギリギリ間に合うので、ドワンゴは大衆の見方を全力で180°変えてほしいです。

電王戦は茶番であるという批判

「電王戦など、マラソン金メダリストと自動車が競争しているようなもので、茶番であり、開催しなくていい」という批判がしばしばあります。

そうかもしれません。ということは、マラソン金メダリストが自動車に圧倒的に負けるように、羽生氏や名人が将棋ソフトに圧倒的に負けることを認めるわけですよね? だとしたら、それを羽生氏や名人に公式に言わせてください。また、これまで将棋ソフトをバカにしていたことを公式に謝罪させてください。そこまでしてくれたなら、無理を押して、将棋ソフトとプロ棋士を戦わせようとする人はほとんどいなくなるでしょう。

確かに、人と車がマラソン競争することはありませんし、人と電卓が計算競争することもありません。しかし、将棋では、今、人とコンピュータが勝負しています。なぜでしょうか? 言うまでもなく、進化したコンピュータが名人の実力に追いついた、と考えられたからです。いい勝負になるからこそ、電王戦が開催されているのです。本当に人工知能が名人に勝っているのか、みな関心があるのです。

そうであったはずなのに、冒頭のような批判が出るようになりました。その批判には、言葉にはしていないものの、「もうコンピュータが名人に勝っていることは分かっている」という前提があります。

名人とコンピュータは公式に戦っていないのに!!!!!

このブログで何度も嘆いたように、「戦わずに負ける」という情けない状況をプロ棋士とドワンゴが作ってしまったのです。武士道が尊ばれる日本の将棋で! チェスでも囲碁でも人間が戦って負けたのに! 

だから、タイトル戦を全て中止してでも、一刻も早く最強人間×最強将棋ソフトを開催すべきだと書いたのです! 羽生氏に「準備していないと戦えない」などという卑怯な言い訳をさせるな! と主張したいのです。

冒頭のような批判は、プロ棋士がコンピュータに勝っていると多くのファンが考えている頃にはあまり言われていません。2014年の第3回電王戦後くらいから、盛んに言われるようになっています。この時、下記の三つの規制を作ったにもかかわらず、プロ棋士側が41敗と負け越したからです。

1、ハードを制限する

2、将棋ソフトをハードごと事前貸出する

3、貸出後の変更不可

3の異常さは「最も不公平で面白くないルール」の記事で指摘したので、1と2の異常さをこの記事で指摘します。

上にも書いたように、将棋ソフトが少しずつ進化してきて、ようやくプロ棋士といい勝負ができるようになってきたから、電王戦のようなイベントが開かれています。進化したコンピュータとプロ棋士の優劣をつけてこそ、電王戦の意義があるはずです。だから、コンピュータのハード制限なんて論外です! 人と車の例でいえば、マラソン選手と自動車がようやくいい勝負できるようになってきたと思ったら、「では自動車のエンジンをより遅いものに変更してください」と規制をつけて勝負するようなものです。これで自動車が負けて、「まだ自動車は人に勝てませんね」と判定するバカがいたら、小学生からやり直させてください! 

2の事前貸出も不要です。floodgateを見れば、将棋ソフトの棋譜は無料でいくらでも調べられます。また、2013年の時点でも、フリーの強い将棋ソフトbonanza6.0などは公開されています。事前にコンピュータ側の戦略を研究しようと思えば、好きなだけ研究できたのです。これで「ダウンロードの仕方が分からない」なんて言っても、一般社会で通用しないでしょう?(もし通用すると言う人がいたら、よほどバブルな会社にいるのでしょう。失礼ですが、そんな競争力のない会社があるから、日本全体での生産性が低くなるのだと思います)

以前の記事で指摘したように、「不屈の棋士」という本では、フリーソフトのAperyをダウンロードする程度でさえ、「(プロ棋士は)将棋に勝つためにパソコンの技術を習得しなければならないのか」と嘆いています。なにも将棋ソフトを自力で作れというのでありませんよ? たかがフリーソフトをダウンロードする程度ですよ? どこまでプロ棋士に甘い本なんでしょうか。これがまともな大学なら、どう対応されますか? 「実習で使うフリーソフトのダウンロードの方法が分からなかっただと? それでは実習にならない。帰って、自分で調べるなり、友だちに聞くなりして、次の授業までにダウンロードしてこい」と言われますよ。それでもダウンロードできなかったら、留年ですよ。仕事に必要なフリーソフトをダウンロードするくらい、知的職業に入るかどうか微妙な事務職であっても、社会人になる前に身に着けておくべき能力です。天才とまで崇められるプロ棋士たちにそれくらいの能力すらないのなら、プロ棋士団体なんて解体すればいいんですよ。

ドワンゴは、こんな異常な規制を三つも作ってしまいました。まるで既得権益(プロ棋士団体)を保護するために規制を作るお役所のようです。ドワンゴがまがりなりにもITベンチャー企業の誇りを失くしていないのなら、こんな規制は今からでも即刻撤廃してほしいです。

ソフト開発者を悪役にしたニコニコ動画の大罪

しばらくコンピュータと関係ない記事が続いたので、以前に書いた理屈の繰り返しになりますが、コンピュータの話題に戻ります。
最近、人工知能という言葉を新聞等でもよく見かけるようになりました。週刊ダイヤモンドの2016/8/27号でも特集記事があり、人工知能の分野で日本はアメリカに対して遥かに遅れている、下手したら中国にも遅れをとっている、と分析されており、またしても恐ろしくなってきました。
「コンピュータ脅威論の本質的な問題」の記事でも書きましたが、コンピュータで代替可能な仕事は、誰がどう抵抗しても、いずれ縮小していき、いくつかは消滅していくに違いありません。だから、それに対して規制などで守ったりするのは無意味です。本当にすべきことは日本の人工知能産業を育成して、コンピュータに代替される富を日本にもたらし、場合によっては海外にソフトを輸出して富を生み出すことです。これが逆になって、日本人に入っていた富を海外のソフト会社に奪われたら、悪夢です。ベーシックインカムを今後日本に導入したとしても、富の平等分配ではなく、貧困の平等分配になってしまうでしょう。
しかし、上記雑誌の記事では「日系メーカーがAIを使って競争力を高めた例は多くない」と書かれています。その理由として、東京大学の松尾豊准教授は「技術の問題より、人の心の壁の問題だ」と指摘しています。日本企業では、AI開発などのIT分野の評価が非常に低いそうです。
いつから、なぜ、こうなったのでしょうか?
それに答えられるほどの知識は私にはありません。ただ、電王戦は、日本でのプログラミング軽視の傾向を一変させる画期的なイベントにできる、人工知能の価値を日本人に知らしめる一大事件になれる! ……はずでした。
しかし、今に至るまで、電王戦で将棋ソフト開発者側を応援する人は少数派です。将棋ソフトの勝利を日本の人工知能技術向上の金字塔だと、歓喜する大衆の声は現在まで全く聞かれていませんし、これからも聞かれそうにありません。
その最大の理由は、ドワンゴが電王戦でソフト開発者を悪役にしてしまったことでしょう。(私もあまり考えていなかったので、本当ならこんなに偉そうに言える立場ではないのですが)どうしてソフト開発者が悪役になるのでしょうか?
多くのプロ棋士は将棋ソフトをバカにしてきました。将棋ソフトがプロ棋士に勝つことは永遠にないと見下していましたし、今でも将棋ソフトに対して「戦ってやる」という態度を貫いています。
一方、ソフト開発者は全員アマチュアです。相手のプロ棋士は1日中将棋のことばかり考えて、対局するだけで給料をもらっていますが、ソフト開発者は仕事や勉強の合間に、やっと強い将棋ソフトを作り上げても、給料はもらえていませんでした。
それでも、ソフト開発者はプロ棋士への敬意を示し続けています。将棋連盟を訴えた伊藤英紀氏でさえ、当初はプロ棋士へ尊敬の念を持っていたことが伊藤氏のブログを読めば分かるはずです。伊藤氏をいまだに悪者だと思っている方は本人のブログを読むか、最低でも次の動画(http://www.nicovideo.jp/watch/so14358566)くらいは観ておいてください。
こんな事実があるのですから、ソフト開発者を「不屈の」挑戦者、プロ棋士を「傲慢な」権力者と見せる方法はいくらでもあったはずです。
どうして、ドワンゴはそうしなかったのでしょうか? ITベンチャー企業のくせに、強者の味方をしないでほしかったです。今からでも、これまでのようなPVを一変させて(公式にお詫びしてもいいと思います)、電王戦を21世紀の日本のために価値あるイベントにしてもらいたいです。
ドワンゴの保守性は、電王戦の悪名高い規制にとりわけよく現れています。また繰り返しになりますが、次の記事でその規制について論じます。

2016年9月18日 (日)

プロ棋士界が現状より悪くなる可能性

前回の記事が、私が予想する最悪のプロ将棋の未来です。あそこまでプロ将棋が成功して、プロ棋士たちの人間性がひどくなる可能性は低いでしょう。ただ、それに近い状況になるのすら好ましくないと私は考えます。

以前の記事でお詫びした通り、このブログでの主張には最初から矛盾がありました。「プロ棋士団体を解散しろ」と主張する一方で、「プロ将棋をもっと利益の上がるように改革しろ」と主張していたからです。「現状を変えろ」という意味では同じですが、「どう変えるか」という意味では真逆になります。それに私が気づいていませんでした。

プロ棋士の未来について深く考えて、私の理想はいわゆる「アマチュアリズム」にあることが分かりました。金儲けを排した近代オリンピック発祥時の理念が、プロ将棋にとっても理想だと考えます。アマチュアでも、一流選手の競技は素晴らしく、多くの人を感動させられるからです。スポーツにしろ、囲碁将棋にしろ、多くの一般人を感動させることで社会的な価値が生まれるのであり、その競技自体に社会的な価値はないのですから、その競技をするだけで生活できる人がいるべきでないからです。

ただ、これはあくまで私個人の理想なので、同意してくれる人は少ないかもしれません。プロ将棋をビジネスとして成功させるべきだ、極端な話、前回の記事くらいでもいい、と考える人が多くいるのかもしれません。確かに、そちらの方が経済は発展するでしょう。

なんにしろ、このブログがプロ棋士の未来を考える上で、新しい視点を提供して、少しは参考になってくれたなら、本望です。

ところで、大手新聞社をスポンサーとして、日本将棋連盟がプロ棋士団体を組織している現状は、私がこのブログで徹底して批判してきたほど悪い状況なのでしょうか? 必ずしもそうでないと私は思うようになりました。最悪なのは、今よりもさらに人間性に問題のあるプロ棋士が増えることだと考えるからです。もし自由経済に任せたら、前回の記事の状況に近づく可能性も少しはあると思います。公益社団法人の日本将棋連盟がプロ棋士たちを規制して、日本の中で比較的良心的な企業である大手新聞社がスポンサーになることで、プロ棋士はプロスポーツ選手ほど人間性に劣る人たちになっていない、とも思います。ちなみに前回の記事は、プロ棋士がプロスポーツ選手のようになることを想像しながら書かれています。

プロ将棋ビジネス大成功!

201X年、コンピュータに負けたプロ将棋の存在価値を見出せなくなった大手新聞各社がスポンサーから完全撤退を決める。この状況の到来を虎視眈々と狙っていた川上(仮名)はすぐに一般社団法人・プロ将棋機構を設立し、日本将棋連盟から人気のあるプロ棋士たちをほぼ全員引き抜くことに成功する。なお、川上はその倫理観に大きな疑問を持たれているものの、頭の回転の速さでは人後に落ちないカリスマ経営者である。

川上はプロ将棋を5人制の団体競技に修正する。3局の通常将棋と、1局のアドバンスド将棋(コンピュータ補助ありの将棋)、1局の女流棋士将棋の5番勝負である。チームは本拠地を持ち、それぞれのチームごとにスポンサーを募り、スポンサーがプロ棋士と将棋ソフト開発者を雇う。

当然、対局者が着る袴にはスポンサー名が大きく印刷されている。それだけでなく、将棋盤にも「TOYOTA」などと大きい文字が目出ち、駒にも「日立」などと小さく書かれている。

川上は観る者を楽しませることを最優先し、対局時間を格段に短くして、口達者な解説者を選抜して、面白い解説方法を徹底して指導する。また、ビジネスとして成立させるため、アドバンスド将棋では観戦料を払ったファンの間近での観戦を可能にして、その他の対局でも大盤解説場で入場料をとるようになった。

この川上の企画は大成功して、プロ将棋は莫大な人気を獲得していく。仕事後、プロスポーツの代わりにプロ将棋の対局を観戦する者が数万人単位で増えてくる。ついには、スポーツ番組で、プロ将棋の勝負結果を必ず放送するまでになる。

その機を逃さず、川上は文科省に働きかけ「西洋でチェスはPE(体育)の授業に取り入れられている」と説得して、全国の体育授業で将棋を選択可能にする。川上は筋金入りの国粋主義者であるが、西洋拝外主義の強い文科省相手に「西洋を見習うべきだ」と主張するのは朝飯前である。

若年者へ将棋が普及し、完全実力主義となったプロ将棋界では、中学生でプロになるのは珍しいことではなくなる。高校卒業資格を持つプロ棋士はほとんどいなくなり、そのせいか、棋士のモラルの低下が問題視されることになる。実力・人気が最高の棋士である藤井(仮名)がチームの優勝が決まった後、風俗店を渡り歩き、数百万円を一夜で使い果たしたことが週刊誌に報道されてしまう。この風紀の乱れについて報道陣に質問された川上は「それくらい勝負師はストレスがたまった状況で戦っているということですよ。囲碁の藤沢秀行だって盤外では、酒、女、ギャンブルと散財していたけど、『豪快』と好かれていたじゃないですか」と平然と言ってのけた。

女流棋士もモラルが低下したのか、現役の林葉(仮名)が失踪事件を起こして、問題になる。これについて質問された川上は「別に違法行為ではないですよね。各チームのスポンサーが対応を決めればいいだけで、私がどうこう言う問題ではありません」と、事実上の容認発言をする。林葉はその後も男性棋士と不倫の噂が流れたり、ヌード写真集を発売したりして騒動を起こすものの、20年間、現役女流棋士であり続けた。日本将棋連盟に所属する将棋普及員(元プロ棋士)は「昔では考えられない。なぜプロ将棋機構はすぐに永久追放しないのか」と川上の対応を批判した。

もっとも、プロ棋士たちのスキャンダルはこの程度でおさまらなかった。中には、婦女暴行で逮捕される者、薬物乱用で逮捕される者、脱税で逮捕される者、八百長事件を起こす者などが毎年のように現れた。違法行為を犯した者や、八百長疑惑に関わった者に川上は容赦せず、プロ将棋機構からの追放処分などを下した。

このような川上の尽力により、プロ将棋は野球、サッカー、相撲と並んで、日本の4大スポーツと認識されるまでになった。プロ将棋界では川上を「プロ将棋の父」と呼び、多くの将棋関係者から尊敬の念を集めた。

川上の死後、NHKは「プロ将棋の父、その偉大なる生涯」という特別番組を放送した。初期のプロ将棋機構で最高の人気棋士であり、引退後に破産宣告を受けている藤井は番組で次のように涙ながらに語っている。「川上さんはいつもこう言っていました。『体力遊戯である野球やサッカーなどのスポーツ選手だけが人気なのはおかしい。知力で勝負できる遊戯、将棋の棋士も人気であるべきだ』 今では子どもの将来なりたい職業ランキングで、棋士は必ず10位までに入ります。川上さんの功績は単に将棋文化の普及をもたらしただけではありません。日本人全体の知力の底上げにも確実につながっています。川上さんほど偉大な人は、日本史上いなかったと私は考えています」

2016年9月17日 (土)

どうしてプロ棋士たちは傲岸不遜で視野が著しく狭いのか

上のタイトルの答えは、周りの人たち、特にファンたちが「将棋や囲碁が上手い」というだけでプロ棋士たちを頭脳明晰とこの上なく褒めそやしたり、尊敬したりするからでしょう。これはプロ棋士に限らず、プロスポーツ選手全員、あるいはもっと広げて、有名人全員に言える危険性だと思います。

以前の記事に書いたように、これでは裸の王様とその民衆の集団です。そんな異常な状況が続いていれば、客観的に見れば狂信集団になります。民衆にとっても、王様にとっても、好ましい状況のはずがありません。

こんな記事(https://blog.mint.com/how-to/from-stoked-to-broke-why-are-so-many-professional-athletes-going-bankrupt-0213/?display=wide)があります。平均2600万ドルも稼ぐアメリカのプロバスケットボール選手が、引退後5年間で60%も破産しているそうです。アメフト選手も引退後5年間で78%破産し、野球大リーグの選手も引退後に破産する率は一般人の4倍だそうです。いくらなんでもこれは大げさなデータのように思いますが、世界中でプロスポーツ選手の引退後が問題になっているのは事実です。

筑波大学のプロスポーツのセカンドキャリアのHPhttp://www.shp.taiiku.otsuka.tsukuba.ac.jp/tacs/?page_id=406)によると、ヨーロッパでは将来のプロスポーツ選手を普通より1年多く高校に通わせ、教養を身に着けさせることで引退後の仕事に備える支援制度が整っているようです。しかし、そんなヨーロッパのスポーツ選手でさえ、特別な人生を歩んできた「プライド」や、失敗者という事実を認めたくないといった「プライド」がセカンドキャリアの邪魔になっている、と上のHPで指摘されています。おそらく、それは人間社会が常にはらむ危険性なのでしょう。だからこそ、プロスポーツ選手、プロ棋士、有名人たちは、そんな危険があると最初から最後まで強く意識し続けなければならないと思います。

また、プロスポーツ選手、プロ棋士、有名人たちを熱狂的に褒めそやす人たちにも伝えたいです。それは褒める相手にとっても、社会にとっても、褒める人自身にとっても、有害です。全ての人には長所と短所があり、長所も見方によって短所になりますし、逆もまたしかりです。無条件で絶賛できる人物などこの世に存在しない、という当たり前の見識を何年かかってもいいので、習得しておいてください。

プロ棋士の未来

将来、プロ棋士がどうなるかについては、下記の3パターンがありえると考えます。

①チェスのようにプロ制度がなくなり、将棋・囲碁大会だけが存続していく

②現在のように、大手新聞各社が各棋戦のスポンサーであり続ける

③中国や韓国のプロ囲碁のように、新聞社に限らない大企業がスポンサーとなってリーグや大会を開催する

ここでお詫びさせてもらいます。私はこれまで②を否定して、①か③になればいい、とこのブログで主張していました。しかし、私の主張には矛盾がありました。申し訳ありません。

前回や前々回の記事で自分の意見をまとめているときに、①、②、③のどれも私の理想でないと気づきました。特に、③のようになって、今よりプロ棋士界が発展して、プロ棋士の人数が激増したり、収入が増えたりするのは反対です。また、(ドワンゴのような)不良企業がスポンサーになって、人間性に問題のあるプロ棋士が増えるのなら、現状の②がよほどマシです。

とはいえ、私が心配しなくても、③のようにいろんな企業がスポンサーになったところで、プロ棋士経済が発展する可能性はほとんどないでしょう。大手新聞社以上にお金を払って、プロ棋士団体のスポンサーになりたい企業があれば、既に声をあげているはずです。それに、日本将棋連盟も日本棋院も公益社団法人なので、プロスポーツ団体ほど自由に営利活動はできないようです。また、この記事(http://d.hatena.ne.jp/hokaze153/20121108/1352380084)によると、4年ほど前のニコニコ動画の対談で、日本将棋連盟専務理事の経営感覚(と常識)のなさが露呈されたみたいです。

現在の大手新聞社がスポンサーから外れたら、自動的に①のように規模縮小し、プロ制度はいずれ消滅していく、と予想します。ただし、オリンピックスポーツのほとんどはプロ制度がないのに、しばしば人気選手がプロになっているように、大会の賞金やスポンサー料だけで生活する事実上のプロ棋士は残るでしょう。

それは私の理想と異なります。私の究極の理想を述べさせてもらえば、次のようになります。

④オセロのように世界選手権の優勝賞金も30万円程度にして完全にプロ棋士がいなくなる

かなり先の未来ならともかく、すぐに④のようになる可能性はゼロでしょう。そのため、どうしてもプロが出現して、裸の王様も出てくるようになると思います。

なぜ私がそれを好ましくないと考えるかについての説明を次の記事で書きます。

オリンピックとプロ棋士の価値

前回の記事の続きになります。

今の中高生は知らないでしょうが、東京は2016年にもオリンピック開催を目指していたものの、落選しました。リオに負けた最大の理由は、国民および都民の支持率の低さです。当時、かなりの割合の国民や都民はオリンピックなど望んでいなかったのです。私も望んでいない一人でした。

2020年に東京オリンピックが開催することになりましたが、どんなに政府が努力しても、1964年の東京オリンピックより盛り上がることはまずありません。もう日本人は成熟した国民です。マスコミがいくら国民を熱狂させようとしても、それに流される日本人の割合は50年前より確実に少なくなっているでしょう。「誰かが誰かより0.1m高く飛び、0.1秒速くゴールしたところで、自分の人生のなにかが変わるわけでもない」という事実を認識して、冷めた目で見る人たちはそれなりの割合でいます。

万一、50年前よりも盛り上がる奇跡が起きても、オリンピックに無制限の価値があるわけでないことは、教養のある国民なら全員が知っています。だから、3000億円もかかると分かったメイン会場の計画を縮小し、現都知事が予定より遥かに大きくなりそうなオリンピック予算の削減に努めているわけです。プロ将棋をオリンピックスポーツにたとえて擁護する人は、この程度の事実は把握しておいてください。

そして、以前の記事に書いたように、ほとんどのオリンピックスポーツにプロ制度はありません。だから、「コンピュータに棋士が負けても、人間同士の将棋の価値がなくなるわけではない。それは車にボルトが負けても、人間同士の100m走に価値がなくなるわけではないのと同じだ」という主張は、人間同士の将棋の擁護にはなっても、プロ棋士の擁護にはなっていません。むしろ、将棋を100m走のようにするのなら、100m走にプロ制度がないように、将棋にもプロ制度をなくすべきでしょう。上の意見でも、プロ棋士は否定されてしまいます。

よくあるプロ棋士を擁護する意見はだいたい否定できたと思うので、ここでもう一度、前回の記事のタイトルを書かせてもらいます。

「プロ棋士制度を解体して社会的な損失はあるんでしょうか?」

(私はそう思っていませんが)将棋の上手い人は頭もいいんですよね? だとしたら、将棋ばかり考えさせるのはもったいないですよ。どうせコンピュータには負けるんですから。どんな将棋が上手くても、それは趣味にさせるべきでしょう。頭のいい人は、もっと世の中の役に立つ仕事をしてもらいましょう。

日本将棋連盟はプロ団体を解散して、将棋の普及に努める団体になればいいのではないでしょうか。将棋が上手い人たちだけの団体にするのではなく、将棋が好きな人や、将棋を普及させる能力に優れた人たちの団体になるべきです。

将棋のプロ団体がなくなることで、社会的な損失は一つもないのではないですか。あったら教えてほしいです。

(※経済的な損失ならあります。それについては、これ以降の記事で論じています)

プロ棋士制度を解体して社会的な損失はあるのか

以前の記事に書いたプロ棋士擁護論への反論をもう一度まとめてみます。強いて一文で表現するならなら、「プロ棋士を擁護する意見に、プロ棋士を擁護すべき理由がない」になると思います。

まず、「将棋の価値がある」という意見があります。「400年の歴史がある」だとか、「年齢も性別も関係ない」だとか、「難解性が高く偶然性が少ない」だとか、全て将棋の価値についての言及です。しかし、将棋の価値があるからといって、将棋のプロがいるべき理由にはなりません。チェスは競技人口が将棋よりも遥かに多く、歴史が将棋以上に長いですが、プロ制度はないじゃないですか。他にも、反例は無限にあげられます。

「人間同士が対局するところを将棋ファンは見たい」という意見もあります。私も同意見です。しかし、(当たり前すぎて書くのも躊躇されますが)プロ棋士がいなくなっても、人間同士の対局は見えます。近所の囲碁・将棋クラブに行けば、真剣に考え勝負している人たちがいるでしょう。テレビやネットよりも、遥かに臨場感はあるはずです。また、プロ棋士がいなくなっても、将棋の上手い人がいなくなるわけでも、将棋大会がなくなるわけでもありません。賞金のつくような将棋大会なら、現在のプロ棋士たちは、プロ棋士でなくなった後でも出場するでしょう。人気さえあれば、そんな将棋の上手い人たちの対局はニコニコ動画で生放送されるに違いありません。よって、プロ棋士制度がなくなっても、上手い人たちの将棋だって見えます。

「将棋の上手い人に価値がないなら、ボルトの金メダルにも価値がないのか!」という意見は最近、本当によく見かける気がします。私が以前の記事で指摘したマンガ(http://seiga.nicovideo.jp/watch/mg172932)の影響でしょうか。かなり浅はかな意見で、おそらく中学生や高校生が主に発していると思われます。多分、そんな中高生は、私のこの長い文章を読む能力がないと思うので、上の意見を見かけたら、誰かその間違いを指摘してあげてください。

事実として、誰かがマラソンで一番でゴールしても、それ自体で社会の役に立つことはありません。マラソンに限らず、スポーツ競技は全てそうです。100m走でボルトが0.1秒速く走ることそのものに、社会的な意義は全くありません。他の誰かがそれを見て感動したり、同じ話題で盛り上がったりすることで、始めて社会的な意味が生まれます。他者を楽しませない限り、スポーツ(や囲碁将棋)に社会的な価値は一切ありません。

換言すれば、本来全く価値のないものに、マスコミが無理やり価値をでっちあげているんですよ(という見方もあるんですよ)。上のような浅薄な意見を言う奴は、マスコミに洗脳されて、「金メダルに価値がある」という固定観念から抜け出せないんでしょう。だいたい、そんなに凄いと思っているのなら、ボルトを尊敬しているんですか? ボルトの歩んできた人生や人生観に共感しているんですか? 共感する以前に調べてもいないでしょう? たまたまマスコミで大きく報道しているから、それに乗っかって興奮しているだけじゃないんですか? そんなマスコミに流される奴らの意見こそ、価値なんてないんだよ! 一人前に意見を言いたいのなら、マスコミに流されずに、自分で考える力を身に着けてからにしろ! それができない中高生か、中高生程度の教養しか持たない奴らはまず勉強して、自他を共に相対化できる人間として最低限の視野の広さを習得しておけ!

(言葉が汚くなったので、この記事はここで絞めさせてもらいます)

プロ棋士界と、裸の王様とその民衆の世界

将棋プロ棋士は5年くらい前にコンピュータに実力で追いつかれたので、コンピュータに負けた場合のプロ棋士の存在価値については、5年以上前から議論されています。私はこのブログを始める半年前まで、将棋・囲碁についても、プログラミングについても、興味などないに等しかったです。未だにそれらについての知識も乏しいと思います。だから、コンピュータに負けるプロ棋士の存在価値について私以上に長期間いろいろな視点から考えて、私以上に深い洞察を持っている方はいくらでもいるはずです。

しかし、そういった洞察を持った本は未だに発売されずに、「不屈の棋士」のような「とんでも本」が発売されて、称賛の声を集めています。

もしかして、プロ棋士たちは裸であることに気づいていない裸の王様たちで、プロ棋士ファンは裸の王様を裸と気づいていない民衆たちなのだろうか、と思ってしまいます。

裸の王様が最初に民衆の中を歩いた時に、「裸だ!」と正直に指摘する人がいれば、笑い話で済みます。しかし、裸の王様が裸のまま10年、20年、あるいは50年と民衆の中を歩き続けて、民衆たちも裸の王様を裸と気づかないで称賛の声ばかりあげ続けていたら、どうでしょうか? 「王様は裸だ」と気づいても、もはや民衆の中で声を上げるのは、怖くてできないでしょう。王様が裸であるという事実を、王様にも民衆にも納得させることは難しくなっているかもしれません。

それはもはや狂信集団です。王様も民衆も全員、精神を病んでいる可能性があります。

プロ棋士たちやそのファンたち、「不屈の棋士」のおかしさに気づかなかった方たち、あるいはこのブログの意見に妙に腹を立てている方たちに問いたいです。

「裸であることに気づいていない裸の王様になっていないでしょうか?」

「裸の王様を裸と気づかずに称賛している民衆の一人になっていないでしょうか?」

また、私以上にプロ棋士の存在価値への見解が広く深い方にお願いです。「不屈の棋士」のような偏屈な見解の本が称賛されている状況を正して、より本質を突いた本を出版してください。また、プロ棋士やそのファンに「よく見てください。裸ですよ」と事実を伝えていってください。

「不屈の棋士」と「あの日」の相似

以前の記事で「不屈の棋士」(大川慎太郎著、講談社現代新書)は「あの日」(小保方晴子著、講談社)のようだと書きました。その時はあまり深く考えずに指摘したのですが、考えれば考えるほど似ている気がします。

端的に説明すれば「あの日」は、STAP細胞事件を起こした小保方氏が自身の無罪を主張している本です。都合の悪い事実は触れずに、しばしば事実を歪曲しています。科学的反証の本ではなく、自分が悲劇のヒロインだと自己陶酔しているような表現に満ち溢れた文学的な本です。

「あの日」は何十万部も売れて、何万人もの知性のない日本人が小保方氏の無罪を信じた事実があります。嘘みたいですが、「STAP細胞はある」と主張する「あの日の真実」という本まで発売されて、アマゾンで高評価になっています。

そこまではともかく、「あの日」の主張を鵜呑みにした人が続出したことに、私はそれほど驚きませんでした。小保方氏の批判報道中も、「批判されても仕方ない」と思う人よりも、批判報道を批判する人や「小保方さんが無実であってほしい」と思っている人の方が多かったように感じていたからです。それこそ、アマゾンのレビューで「あの日」を称賛する声が、批判する声よりも多いように、です。

しかし、当然ながら、大手マスメディアや学術団体は「あの日」の主張などまともに相手していません。一部のバカな記者が小保方氏の主張を信じても、新聞社として「小保方さんは不正をしていなかった」なんて記事を出すことはありえませんし、世界のどこかの研究機関が「STAP細胞の新プロジェクトに予算〇億円を投資して、小保方さんを採用した」なんてこともありえません。

(小保方氏をどう弁護しても、せいぜい、かつての師である若山氏にも責任があった、という程度です。社会常識として、立場が上の人ほど責任は重くなります。博士号をとってハーバードに留学して、あまつさえ日本最高の研究機関で働いてから、世界最高峰研究誌のnatureに不正論文を投稿したのですから、責任重大なのは当然です)

「不屈の棋士」は、観戦記者が馴染みのプロ棋士たちに、強くなった将棋ソフトとプロ棋士の存在価値について質問した本です。こんな設定で中立になるわけがなく、全面的にプロ棋士びいきです。プロ棋士たちの言いたい放題で、論理が錯綜していても、著者は指摘していません(おそらく、著者は論理の錯綜に気づいてすらいません)。必然的に、本全体には棋士たちのプライドの高さが充満しています。P169170では、フリーソフト「Apery」のダウンロードでさえ、「ややこしい作業はハードルが高いという棋士も少なくない。学校や会社でパソコンを習っていないからだ」と、ゆとり教育世代の専門学校1年生程度のパソコン能力すらプロ棋士たちにないことが示唆されていますが、それでも多くの読者はプロ棋士の頭脳の優秀性を疑わないようで、その言葉に重みを感じているようです。

アマゾンのレビューでも「不屈の棋士」は称賛コメントばかりです。嘘みたいですが、弁護士や学者までがネット上でこの本のおかしさには触れず、絶賛しています(『不屈の棋士』で検索したら出てきました)。「え? 棋士たちの教養の低さを知る上で有用っていう嫌味な意味じゃなくて? 本気で素晴らしい本だと思っているの?」と私も思って、このブログで書いたような強い主張をしてしまいました。

「不屈の棋士」を読んで、著者(とプロ棋士たち)がレーティングの基礎理論すら分かっていないと気づいたのは私だけではないはずです。「この期に及んで、まだこんなレベルのことしか言えないのか。プロ棋士もダメなら、著者の観戦記者もダメだな」と私以上に上から目線の感想を持った方もある程度の割合でいるはずです。

なぜそういった意見が広がり、主流にならないのでしょうか。ファンはそんな事実を知りたくないからでしょうか。裸の王様に裸と言ってはいけないんでしょうか。でも、そんなおかしな集団が社会にいたら、危険ではないですか。

その危険性について、また大げさになりますが、次の記事で書かせていただきます。

2016年9月15日 (木)

9マス将棋プロ棋士

このブログは批判ばかりなので、たまには褒めたいと思います。

9マス将棋というボードゲームが先月新しく発売されて、現在大人気のようです。9マスでも「成」はあるし、千日手もある。ちゃんと将棋になっています。

将棋で人間がコンピュータに負けるようになって、プロ棋士は将棋より複雑な新しいゲームを生み出すのではないか、と私は予想していました。実際、チェスで人間がコンピュータに負けた後、チェスを複雑にしたアリマアというゲームができたそうです(wikipediaのコンピュータチェス参照)

ただ、アリマアでも、人間がコンピュータに既に負けています。どんなに複雑でも、二人零和有限確定完全情報ゲームなら、人間はコンピュータにいずれ負けます。だから、新しいゲームを作るのなら、コンピュータを意識するのではなくて、人間を、一般大衆を意識すべきなんですよ。今の将棋だって、私を含むほとんどの一般大衆には複雑すぎて、どうして勝って負けているのか、よく分かりません。理由不明なら、その人にとっては頭脳ゲームとは言いにくくなるでしょう。だから、新しい将棋に似たゲームを作るなら、手軽に楽しめる単純なゲームが理想的だと思います。9マス将棋は将棋単純化の極限解でしょう。

ところで、9マス将棋が私にとって魅力だった最大の理由は、私がいつかプログラミングを勉強するとき、必勝法を見つける練習問題に使えると思ったからです。

そんなことを言われると、9マス将棋を真剣に解く気がなくなるかもしれませんね。でも、いずれ普通の将棋もコンピュータで完全解析されるわけですから。また、コンピュータで簡単に解けるからといって、それを自力で解く難しさと面白さがなくなるわけではありませんよ。

ただし!(ここで、このブログのテーマに戻ります) 9マス将棋のプロ棋士団体を作るとしたら、どうですか? 9マス将棋の100種類の問題をできるだけ早く解く(詰みか千日手に持っていく)ことに長けた者たちの集団です。

さすがに「そんなプロ集団いなくていい」と思いませんか? そして、もし9マス将棋のプロ集団がいなくていいのなら、将棋のプロ集団がいることをどう正当化するんですか?

という風に、9マス将棋はプロ棋士の存在意義について別の視点から考えられる素材にもなっています。

(褒めるつもりが、最後にはまた皮肉になって申し訳ありません)

2016年9月13日 (火)

井山氏7冠達成の最大の原因は日本が中韓にボロ負けしていることにある

チェス<将棋<囲碁の順で複雑さは増していきます。複雑になればなるほど、人間がまだよく分かっていない範囲が広くなるので、不確定要素が強くなります。持ち時間を使い切って秒読み段階に入ると、将棋では大抵ギリギリまで考えてから指しますが、囲碁では手番が回ってすぐに打つこともそれほど珍しくありません。囲碁がそれだけよく分かっていないということでしょう。

将棋では、ある棋士の勝率が極めて高くなったり、タイトルを独占したりすることがしばしば起こります。1996年に羽生氏が7冠独占して史上初と騒がれていましたが、タイトル独占は1960年代のまだ5冠しかない時代に大山康晴氏が何度も達成しています。1920年代~1930年代には木村義雄氏が常勝将軍と呼ばれるほどの勝率を誇っていたこともあります(坂口安吾氏によると『10年不敗』)。

一方、囲碁では20世紀の100年間、上記3人ほどに抜きん出た実力者がついに現れませんでした。それくらい囲碁は不確定要素が大きかったはずです。しかし、その100年間現れなかった他を圧倒する実力者の井山氏がついに囲碁界に登場し、7冠制覇しました。

「凄い! 100年に一度の天才だ!」と羽生氏7冠達成以上に画期的なニュースのはずなのですが、羽生氏7冠達成ほどの熱気はなかったように感じます。なぜでしょうか? それはやはり、このレーティング表(http://sports.geocities.jp/mamumamu0413/total.html)が示すように、井山氏よりも強いプロ棋士が中国や韓国にいっぱいいる、とみんな知っていたからでしょう。そして、このレーティング表こそが、100年間も起きなかった偉業がなぜ今達成されているかの最大の理由を示していると私は考えます。言葉を換えれば、井山氏7冠達成は奇跡的偉業ではなく、起こるべくして起こった事件だと考えています。

1990年代後半、既に中韓の囲碁の実力が日本を圧倒していることが国際棋戦の成績を調べてもらえれば分かります。しかし「国際棋戦は持ち時間が短い」「相手側は国際棋戦に合わせて調整しているが、日本の棋士は賞金の高い国内戦が重要なんだ」と、まるで「本当は負けてないんだ!」と主張せんばかりの言い訳が当時は普通にあったようです(今ではどんな条件であろうと日本が負けることは明らかなので、あまり言われません)。これは現在、将棋プロ棋士が将棋ソフトに圧倒的に負けている事実をなかなか認めないのに似ているように感じます。ただし、現在、将棋ではプロ棋士を擁護する声が、私のように批判する声よりも、遥かに大きいのに対して、当時から囲碁では、日本のプロ棋士を「情けない!」と批判する声はそれなりに大きかったようです。やはり、同じ人間相手で、しかも、お隣の中国や韓国に負けているので、これは自然な反応だったように私は思います。ネットで調べても「負ける理由が分かっているならシステムを改革すればいいだろう!」「国際戦に合わせて国内戦のルールを全面的に変更しろ!」「こんなに弱いガラパゴス集団なら日本のプロ囲碁制度なんて廃止しろ!」という声はあったようですが、日本のプロ囲碁制度がこれといった大きな改革をされることはなく、まして廃止されることもなく、現在に至ります。当然、この20年間、中韓と日本の囲碁プロの実力差はレーティング表にあるように大きく開いたままです。

しかし、ここまで差がついているのなら、埋めればいいんですよ。中韓のトッププロが打てるのなら、日本人の誰かだって打てるはずでしょう? お手本の棋譜が既に何百と公開されているじゃないですか。もう20年間も日本は中韓に大きく後れをとっています。中韓のトップと言わないまでも、トップ集団に近い実力の棋士が日本に一人くらい現れてもいいはずです。

そして、今、ようやく、それくらいの実力を持つ井山氏が現れてくれたわけです。先ほどのレーティング表によれば、井山氏でも現在世界29位の実力のようですが、日本でタイトル独占するには十分みたいです。

なんのお手本もない状況で、ある一人の棋士が他の棋士を圧倒するほどの実力を身に着けるのは難しかったでしょう。しかし、これだけ強い棋士が海外に多くいるのですから、それに近い実力を一気につけるのはそれほど難しくないと考えます。

だから、100年に一度の天才であるはずの井山氏に、実力の匹敵するライバルが来年突然現れて、タイトルは井山氏とそのライバルが独占する時代が続いたとしても、私は全く驚きません。それどころか、数年後、井山氏から全てのタイトルを奪取して、再び7冠独占する別の棋士が現れても不思議ではないでしょう。むしろ、中韓とこれほど実力差があるのなら、そんな日本人棋士が現れてほしいです。

2016年8月29日 (月)

プロ将棋界の改革

プロ棋士が自身の存在価値を客観的に判断するのは難しいでしょうし、プロ棋士の観戦記者(「不屈の棋士」の著者)がプロ棋士に鋭い質問をするのも難しいでしょう。プロ棋士の存在価値がないのなら、プロ棋士のおかげで収入がある観戦記者の存在価値もなくなってしまうでしょうから。

だからこそ、私が何度も書いているように、大手新聞社の記者にはプロ棋士たちにより踏み込んだ質問をし、スポンサーとして改革を促す責任があると考えます。そもそも社会の知的エリートであるはずの大手新聞社の記者たちは、私が以前の記事に書いた統計学的事実(羽生氏がコンピュータより弱い)は把握しているはずです。イロレーティングの基礎理論も理解できないのに、経済や財政について社会に広く報道する企業に入っているべきではありませんから。

プロ将棋界でも、新しい経済的価値を生む改革案はいくらでもあるでしょう。

たとえば、チェス、将棋、象棋(中国将棋)の全てを使って各国の選手が対局して、国別にレーティングの合計を競う大会などを開催してもいいのではないでしょうか。世界競技にすれば、将棋が注目されるかもしれませんし、国際的に普及するかもしれません。

もしくは、将棋の観戦記者が地域の将棋大会に出向いて、取材と記事作成の仕事を請け負ってもいいのではないでしょうか。参加者以外にも広く読まれる記事が作成できれば、将棋ファンを増やして、さらに観戦記者の仕事も増えていくでしょう。

他にも、チームを組んで団体戦にする、本拠地を作って地元密着型にする、一般人と一部ソフトありのハンデ戦大会を開催するなど、いろいろアイデアは出てくるはずです。

もっとも、ここに書いたアイデアで、プロ棋士団体が大幅な利益を得る可能性はあまりないでしょう。それでも転職するのではなく、プロ棋士として生活していきたいのであれば、上のようなファンを広げる改革案に挑戦すべきだと考えます。

プロ野球やプロサッカーでも球団経営で成功するために、スポーツに興味のない一般人に球場に足を運んでもらう努力を常に続けて、改革に取り組んできました。プロ棋士団体も、そんな経営改革に取り組むべきでしょう。

プロ棋士の存在価値とは その2

議論の前提として、事実は正誤が定まりますが、意見は正誤が必ずしも定まりません。日本人は事実と意見をしばしば混同して、議論が錯綜することがよくあるように思います。

「〇〇に価値がある」は全て意見です。だから、その正誤を科学的に証明することは不可能です。たとえば、「ノーベル賞に価値がある」も意見なので、それが正しいとは言い切れません。もちろん、誤っているとも言い切れません。

意見の正誤は、多数決などで政治的に決めないと、あるいは金銭面で経済的に決めないと、定まりません。プロ棋士の存在価値なら、政治的に決めるのは適切でないでしょうから、経済的に決めるべきだと思います。プロなんですから。

ここで話は少し逸れますが、電王戦のHPに下のようなマンガが載っています。

http://seiga.nicovideo.jp/watch/mg172932

ここにある「人間が車より遅いからといって、マラソンの金メダルに価値がないわけではない」という比喩は、失礼ですが、笑ってしまいます。なぜなら、それはプロ棋士の弁護ではなく否定になっていますから。マラソンにプロ制度はありません。

私がこのブログの最初の記事から書いているように、まさにオリンピックの陸上競技のように、これから将棋のプロ制度を解体して、4年に1度くらいの頻度で将棋世界一決定戦が開かれるようになればいいんですよ。というより、将棋にそれくらいの経済的価値はあるでしょうから、最悪でも、その程度には存続していくでしょう。

上記マラソンの比喩と似たような反論を森内氏が「不屈の棋士」P235でしています。

「チェスの世界ではコンピュータに抜かされたからといって、大会がなくなったわけではありません。昔と同じように続いています」

私がこのブログでも書いているように、コンピュータに負ける前からチェスにプロ制度はありません。そして、人間がコンピュータに負けた後、通説によると、チェス大会の賞金は大幅に減ったそうです。つまり、チェス能力の価値が激減したのです。「将棋もチェスのようになるのではないか」というのは、将棋大会の擁護にはなっても、プロ将棋の擁護には全くなりません。「不屈の棋士」の著者は私以上に真剣にコンピュータとプロ将棋の関係を考えいたはずなのに、どうして上のような森内氏の発言を聞いて「では、将棋もチェスのようにプロ制度がなくなって続いていくということですか?」という質問が出てこなかったのでしょうか。

「人間同士の対局だから観ていて面白い」といった反論もよく見かけます。これは意見なので絶対に正しいわけではありませんが、おそらく、多数決なら採用される意見になるでしょう。私も同感です。しかしながら、それも将棋のプロ制度の存続価値があることの証明にはなりません。むしろ、コンピュータが人間よりも強くなった今、上の意見は「将棋ファンは強い将棋を見たいわけではなく、弱くてもいいから人間同士の対局が観たい」ことの証明でしかないでしょう。大多数の将棋ファンはプロ棋士の実力を正確に把握できていないので、恐らく、これは昔からの真実だと思います。だから、プロ棋士が強い将棋を指すことの価値は既になく、観る側を楽しませることだけに価値がある、と私がこちらのブログで何度も書いてきたのです。だとしたら、単に将棋が強いだけで選ばれた現プロ棋士たちは、人間性や教養や人気や年齢などの指標で選抜し直すべきではないのでしょうか。

また、「コンピュータに負けたといっても、プロ棋士の存在価値はある」と個人的な意見をネット上で発する方がいます。もちろん意見を言うのは自由です。ただ、そういった方は「私はプロ棋士の対局観戦料として1局1万円払っていい」のように自分で支払ってもいい金額を書いてもらいたいです。その発言にどの程度の重みがあるか判断できないからです。「〇〇を支援すべきだ」と思いながらも「では100円募金お願いします」と言われたら断る、なんてことは私にもあったりします。

もっとも観戦料や棋譜閲覧料だけでプロ制度が存続していく必要はありません。本当にそうすれば、プロ将棋は一部のコアなファンだけの存在になってしまいます。しかし、今のように大手新聞社が採算を度外視して、プロ棋士たちを特権階級のように保護しているのは、社会正当性に乏しいと私は考えます。将棋や囲碁以外にも社会的に保護すべき人たち・文化はいくらでもあるはずです。だから、タイトル戦のスポンサーは、客観的な数値で人気が測れるニコニコ動画だけになればいい、と私は書いたわけです。

プロ棋士の存在価値とは その1

この記事も、これまで述べた理屈の繰り返しになります。

「不屈の棋士」では、登場する全ての棋士にプロ棋士の存在価値について質問を投げかけています。しかし、論点を明確にしていないため、各棋士が思いつくままに意見を言っていて、まとまりがありません。勝又氏と佐藤氏に至っては、プロ棋士の価値ではなく将棋の価値を個人的な意見として言っています。「ある知的遊戯に個人が価値があると思う」→「その個人が知的遊戯をすることで生活していい」という命題は、世の中のほとんどの知的遊戯において成り立ちません。いえ、そんな自分中心な理屈は、プロ将棋界だって通じないはずです。せめて「公正な調査により、日本に将棋を一番の趣味にする人は〇万人いて、プロ将棋の棋譜を1週間に1回以上調べる人は〇万人いて、これはプロスポーツと比較すると……」などと客観的データを示してほしかったです。

事実として、将棋は知的遊戯であり、将棋の強い人がいなくても、社会は成り立ちます。ただし、それは、プロ棋士がコンピュータに負ける前と後で、変わりません。プロ棋士が負けて変わったのは、将棋に強いことが一部の人だけの特殊技能でなくなったことです。コンピュータさえ使えば、誰でも強い将棋を指せるようになったのです。こちらのブログ(http://mune1232007.blog121.fc2.com/blog-entry-2755.html)によると、第1期電王戦に使われたPCは20万円程度のようです。

もしこれが電気掃除機や電気洗濯機なら、当然、みんな新しい機械を使います。現在、人の手で掃除や洗濯をすることは、まずなくなりました。結果、洗濯や掃除をするお手伝いさんの仕事は激減しました。

あるいは、これから開発されるであろう、どんな医師よりも早く正確に診断するソフトが実用化されたら、誰も高い金を払って医師に診断を仰がないはずです。それは多くの医師の仕事を奪うでしょうが、大多数の一般人にとっては医師の診断能力を所有できることになるので、朗報のはずです。

だから、優秀なコンピュータの登場によって起こった最も本質的な変化について切り込んで、「不屈の棋士」の著者は次のように質問すべきだったと考えます。

「プロ棋士の特殊技能が20万円のコンピュータに劣ると分かったのに、毎年その何倍、何十倍、何百倍もの収入を得ていることをどう正当化するんですか? 普通なら、ある特殊技能が機械に能力でも費用でも劣ったなら、その特殊技能による仕事は淘汰されるはずです。存在価値を全否定されてもおかしくない現実が目の前にあるのに、目をそむけたり、逃げたりして、今までと同じように将棋を指していて、いいわけがないでしょう。新しい存在価値を見つけるため、将棋の歴史を根底から覆す大改革でも断行するほどの覚悟が必要なんじゃないですか?」

「不屈の棋士」のとんでもない点

「不屈の棋士」を興味深く読んだ方も多いと思います。そんな本を私が批判ばかりして、大変申し訳ありません。実は私も「プロ棋士の存在価値についてプロ棋士に聞いた本」が発売されたと知ると、すぐに注文して、届いたその日に読んでいます。しかし、読んだ後、小保方氏の「あの日」のように「とんでも本」でもあると思ってしまいました。

この本が「とんでも本」になってしまったのは、P99~100の勝又氏の次の発言にあります。

『あの方(羽生氏)がモンスター(のように強い)というのは数字上からも表れているようです』

勝又氏が根拠にしている論文がネット上に公開してある「将棋名人のレーティングと棋譜分析」です。実際に読んでもらえれば分かりますが、そんなこと、どこにも書いていません。というより、読むまでもなく「ある人が超科学的に強いこと」なんて科学的に証明できるわけがありません。正直な私の感想を書けば「なにを言っているんだ? 正気か、この人は?」になります。著者や読者の誰もが、この発言の異常さに気づかなかったのでしょうか? 

棋士たちは将棋にかける情熱の10分の1くらいを注いで数学を学習してもらいたいです。高校卒業程度の論理的思考力を身に着ければ、上のような「とんでも発言」のおかしさには気づけるはずです。

参考までに、統計局のHPを下に載せておきます。現在の学習指導要領の統計部分を抜粋した文書があります。

http://www.stat.go.jp/teacher/c3index.htm

極めて失礼な指摘になり申し訳ありませんが、以前の記事に書いた私のレーティングについての説明を理解できない方なら、高校数学の学習指導要領については、その目標を達成する以前に、その文章と数式すら理解できないでしょう。しかし、さすがに中学数学の指導要領の文章なら理解できるはずです。日本人なら、義務教育である中学数学の指導要領が目指すところには到達しておいてほしいです。

「不屈の棋士」の残念な点

これまで私が既に述べた理屈の繰り返しになります。ただ、ネットでの「不屈の棋士」(大川慎太郎著、講談社現代新書)のどの書評を見ても、この本のおかしさに一切言及していないので、「もしかして、読者の誰もこの論理の破綻に気づいていないのだろうか?」と思ってしまったので、あえて述べさせてもらいます。

「不屈の棋士」のP47にこんな表現があります。

『(羽生氏は)最強ソフトの強さも「分からない」(と言う)。たしかに自分の手元に置いて、ある程度対局してみなければ何とも言えないだろう。羽生の言うことは正しい。しかし、あまりに正しすぎる言葉は(以下省略)』

書くまでもないかもしれませんが、対局してみないと分からないというのは、全く正しくありません。その理屈でいえば、私と羽生氏は対局したことが一度もないので、私と羽生氏の実力差が不明になってしまいます。そんな訳はありません。私が100回対局しても、1回も勝てないに決まっています。

いえ、正確にいえば、私と羽生氏の対戦成績は、最強ソフトと羽生氏の対戦成績よりは不明です。私のレーティング数値は私自身も知らないからです。しかし、最強ソフトと羽生氏のレーティングは既に分かっています。そこから勝率も概ね正確に予想できます。この著者はそのレーティング理論を否定するのでしょうか。それは統計学を否定するに等しいです。

そう思いながら読み進めると、案の定、P120にこんな言葉が現れてしまいます。

『(レーティングが)200点上がると期待勝率は76%になる、と西尾は言う』

レーティングの基礎理論を伝聞調で書いています。マイナス金利が有効かどうかの議論をしているときに、「供給曲線は値段が上がるにつれて量が増加する、とA教授は言っていました」とミクロ経済学の基礎理論を伝聞調で言われた気分です。こんなことを言い出す人は、議論に参加する資格はありません。

著者はレーティングの基礎理論すら理解していないのに、レーティングという言葉を何度も著書で使っているのでしょうか。この本を読む限り、そうとしか思えません。たとえば、P146~147に、千田氏のこんな間違い発言をそのまま掲載しています。

『たとえば、タイトル戦の成績をレーティングに換算できるかどうかは疑わしい。五番勝負のタイトル戦は30でも32でも「勝つ」という意味では同じ。なのにほかの対局と同様に換算するのは違う気もします』

イロレーティングの定義を調べれば分かりますが、3032で、レーティングの結果は当然変わってきます。もちろん、羽生氏のレーティングも計算可能で、次のHPに掲載されています。

http://kishi.a.la9.jp/ranking2.html

なお、コンピュータのレーティングと人間のレーティングは別物で、単純に比較はできないと著者は考えているように思います。しかし、2011~2012年に bonkrasが将棋倶楽部24で人間相手に前人未踏のレーティングを叩き出した時点で、その論理は破綻しています。

私もこのブログを始めた時点では、「囲碁でコンピュータが人間に勝った」かつ「将棋は囲碁より単純なゲームである」→「将棋でもコンピュータが人間に勝っているはずだ」といった論理で、コンピュータが羽生氏に勝っているだろう、と考えていました。ただし、これだと「戦ってみないと分からない」と言われると、完全には否定できません。

しかし、こちらのブログ(http://aleag.cocolog-nifty.com/blog/cat60425624/index.html)を読んで、レーティングについて理解した後は、伊藤英紀氏が言うように「ボンクラーズが名人に勝っている」は意見でなく、統計学的事実だと把握しました。

たとえ来年の電王戦でコンピュータが2連敗しても、それで人間がコンピュータに勝った科学的な(統計的な)証明にはなりません。以前の記事に書いたように、ルールが不公平で、かつ、対戦回数が少ないため実力差が出ていない可能性があるからです。来年の電王戦の結果によらず、何年も前から、コンピュータが人間に勝っていた事実は変わりません。

レーティングを理解できない方に

ある将棋ソフト開発者が次のようなことを言っていて、驚いたことがあります。

「ソフトBはソフトAに勝ち、ソフトCはソフトBに勝つが、ソフトAがソフトCに勝ってしまう。これだと、どれが一番強いソフトか分からない」

まさに、こんな状況で強さを客観的に示すために、イロレーティングが有効です。

たとえば、じゃんけんのように「AB10割勝ち、BC10割勝ち、CA10割勝つ」関係なら、ABCを任意に十分な数だけ対戦させれば(それは「ABの対戦数≒BCの対戦数≒CAの対戦数」になるということですが)、A,B,Cのイロレーティング値は振動するものの、それらの平均値は3者で等しくなります。

また、「引き分けなしの勝負で、AB6割勝ち、BC7割勝ち、CA8割勝つ」のなら、レーティング数値の平均はB=CAに落ち着きます。

これは3者の単純な例なので、プログラミング知識のゼロの私でもすぐ分かります。しかし、4者以上になって「AB7割勝って、AC5割勝って、AD3割勝って、BC8割勝って……」などと複雑になると、書いて整理しないと強い順に並べられません。しかし、プログラミングとイロレーティングを使えば、4者になろうが、100者になろうが、瞬時に強い順で、数値つきで示せます。

さらに書けば、イロレーティングの利点は、現に対戦していなくても、お互いの数値さえ見れば、実際に対局した時の対戦勝率が概ね正確に予想できることです。前回の記事で示したグラフがそれを示しています。

ところで、この記事や前回の記事を読んで、意味が分からない方もいると思います。大変失礼ですが、その方は大卒なのかもしれませんが、高校卒業程度の論理的思考力(数学力含む)は確実にありません。もしかしたら、中学卒業程度の論理的思考力すらないのかもしれません。私はイロレーティングを説明するために、難しい数式は一つも使っていません。中学卒業程度の学力さえあれば、理解できるように書いたつもりです。

「学力低下は錯覚である」(神永正博著、森北出版)によれば、どの時代でも、高校の内容を習得している者は30%程度で、それには及ばないが中学校の内容は習得している者が40%程度、中学校の内容すら習得していない者が30%程度いるようです。

上の説明が理解できない方に、同じ日本人としてのお願いです。今からでも遅くないので、中学や高校の数学をもう一度学習して、基本的な統計的思考力を身に着けてほしいです。

その学力を身につけたくない方は、最低限、これだけは覚えておいてください。科学が数学的に処理できると分かったので、現代文明はこれほど発展したのです。プロ棋士を含めた全ての日本人は将棋や囲碁がなくても生きていけるでしょうが、インターネット、電車、エアコン、医療、銀行取引などの科学文明なしでは生きていけないはずです。数学が切り開いた科学文明の恩恵を受けているなら、将棋や囲碁が上手いだけの人を尊敬してもいいですが、科学的思考力を持っている人はそれ以上に尊敬すべきでしょう。

レーティングの有用性の証明

現在、チェス、囲碁、将棋の強さはイロレーティングの数値でしばしば表されます。イロレーティングの定義については英語版のwikipediaや本などを参照するといいと思います。イロレーティングは完全に正確ではないものの、強さを数値化しているため、客観的で分かりやすく、広く使われています。

レーティングの数学を理解できない人でも、次のHPのグラフを見れば、レーティング差と勝率が見事なほど関係していることは理解できるはずです。

http://www10.plala.or.jp/greenstone/content3_1.html

上のHPにあるチェスの約22万対局の「USCFレーティングの解析結果」だと、レーティング差と勝率のグラフがキレイに右肩上がりになっています。少なくともチェスでは、レーティングの数値で強さを客観的に示していいと、理解できるはずです。もちろん、理論値とはずれています。チェスの強さ分布がイロレーティングの前提としている正規分布に従わないこと、対戦相手によって向き不向きがあること、同じ人でも戦法や調子によって実力に差があることなどが原因でしょう。ただ、そんなずれがあったとしても、ここまで大規模なテストで、ここまでの正の相関関係が出ていれば、理論的思考能力のある人なら、誰だってイロレーティングを使って強さを判断したくなるはずです。

チェスほど大規模なデータではありませんが、将棋と囲碁でも、レーティング差と勝率がほぼ正の相関関係にあることが下の二つのHPに示されています。

http://kishi.a.la9.jp/kitai_2016.html

http://english.baduk.or.kr/sub03_04-1.htm

将棋や囲碁のネット対戦運営会社には、レーティング差と勝率の膨大なデータがあるはずです。ぜひ、そのデータの詳細を公開してもらいたいです。それらは、将棋や囲碁がチェスと比較して、どのようなゲームなのか客観的に判断できる素晴らしいデータになりますから。

2016年6月27日 (月)

ニコニコ動画だけがプロ将棋のスポンサーになればいい

1期電王戦後のインタビューで、ドワンゴの川上氏は「これからもずっと叡王戦をサポートしていきたい」と発言しています。

叡王戦の全生放送の総視聴者数は電王戦より多く、その宣伝費用で黒字になったのかもしれません。また、叡王戦は将棋連盟の公式戦であるため、費用が税金控除対象になったせいかもしれません。なんにしろ、経営的なメリットがない限り、上のような発言はしないと推測します。

そうであるなら、全ての棋戦から、ドワンゴ以外のスポンサーは降りていいと思います。新聞読者の1%も楽しみにしていないだろう各タイトル戦の棋譜の掲載をするために、毎年、1000万円や1億円以上も払う利点はないでしょう。既にコンピュータの方が強い棋譜を作り続けていますし、タイトル戦の棋譜だってすぐにネット公開されます。

もし「やねうら王騒動」を起こすドワンゴのような企業に日本の伝統文化である将棋のタイトル戦を全て開催させてはいけない、と考えるのなら、スポンサー料を100分の1くらいにして、見張り役としてスポンサーに入っていればいいでしょう。

ドワンゴだけがスポンサーになれば、視聴者数によって、あるいは客観的な人気指標によって、プロ将棋が維持されます。プロ将棋がファンのためだけに存在意義があるなら、それがあるべき姿だと考えます。

斬新な棋戦の開催

wikipediaで各棋戦について調べて、その勝敗ルールがあまりに似通っていることに驚きました。私に言わせれば、7大タイトル戦、全部同じ基準で戦っているようなものです。それにもかかわらず、タイトル独占者があまり出てこないことこそ、タイトル戦は運の要素が強いことの証明ではないでしょうか。

それはともかく「ドキュメント電王戦」で「(コンピュータによって)将棋が完全解析されたら、その瞬間、将棋は終わっちゃいませんか?」という夢枕獏氏の質問に、羽生氏はこう答えたそうです。「だいじょうぶです、ルールを1個変えればいいんです」

「終わりですね」と認めたくなければ、こう答えるしかないでしょう。

それを踏まえての提案です。以前の記事に書いた対局時間と対局数を変更するだけでなく、他のいろいろなルールでの棋戦を始めてみてはどうでしょうか? たとえば、次のような棋戦はどうでしょうか?

1、とった駒を使えない将棋

2、王ではなく別の駒をとられたら負けの将棋

3、「成」のない将棋

4、最初の駒の配置が今と異なる将棋

5、中将棋や大将棋(wikipedia参照)