« アルファ碁勝利後の日本人の異常な反応 | トップページ | ソフト使用スキャンダルで盲目になるプロ将棋界 »

2016年11月 2日 (水)

電王戦の意義

「人工知能が人間を目標に追いつき追い越すことについて(略)(社会を)いかにうまい方向へもっていけるかは、この電王戦の意義かなと思っています」(電王戦final5局後、ponanza開発者山本一成氏の言葉)

私を含め、電王戦を人間とコンピュータの関係を考える機会と捉えている人は少なくありません。ドワンゴの川上会長や朝日新聞社説からも同様の見解はうかがえるはずです。しかし、いまだコンピュータの誤解が蔓延しており、山本氏の言う電王戦の意義が達成できているとはとても思えません。日本がIT社会(コンピュータ社会)に遅れてしまった要因が、電王戦によって炙り出されていると私は考えています。

コンピュータ社会は20年以上前から到来しています。日本でも、いくつかの仕事がコンピュータによって消滅してきているはずです。しかし、先進国で際立って低い日本の生産性(http://www.jpc-net.jp/annual_trend/)の要因として、しばしばIT化の遅れが挙げられています(一例としてhttp://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je07/07b02030.html)そこでもう一歩踏み込んで、なぜ日本でコンピュータによる合理化が進んでいないのか、と考えてみると、「コンピュータへの誤解の蔓延」は必ず挙げられるべき要因だと今の私は確信しています。

母国民を称賛して恐縮ですが、日本人は極めて精密に仕事を進めます。その正確さと速さは世界中のどの国民をも圧倒しており、まるでコンピュータのようです。それこそが、1980年代後半、日本が歴史上最高の存在感を世界に示せた大きな要因であったはずです。しかし、コンピュータのような精密さは、進化するコンピュータそのものには、やはり勝てません。日本はかつての成功体験に執着して、コンピュータ優位の現実をいまだ受け入れられていないと私は考えます。

今後10から20年で日本の就業人口の49%が人工知能やロボットなどで代替可能になるとの予想が昨年末に発表されました(https://www.nri.com/~/media/PDF/jp/news/2015/151202_1.pdf)IT化がこれほど速く進むほどの「素晴らしい日本の未来」を私は想像できませんが、日本人がどれほど抵抗しても、100年後、コンピュータによって代替されている仕事は、49%かそれ以上あるとは想像しています。そして、コンピュータへの効果的な切り換えが遅くなるほど、日本人の生産性成長率が低くなり、世界経済から取り残されることは間違いありません。そんな当たり前のことすら理解せず、日本人は未開人のようにコンピュータを敵視し、その歴史の流れに抵抗しています。それは技術面の問題でなく、精神面での問題です。

まさに電王戦は、その日本人のコンピュータ認識問題を浮き彫りにしてくれました。この機会にこそ、自らの中にあるコンピュータへの異常な抵抗感に気づくべきです。もしかしたら、こんな機会は日本に2度とこない可能性だってあります。

人工知能はまだ学習能力も、思考能力も、感性能力もありません。人間に使われる道具に過ぎません。

一方で、コンピュータを有効活用すれば、事務作業を中心に、多くの仕事から人間を解放してくれるのも事実です。

将棋での人間とコンピュータの関係を通じて、いかに日本人が愚かであったかは、このブログでいくつも指摘してきました。非科学的な都市伝説を生み出し、人間有利の理不尽なルールを設定し、人間がコンピュータに負けている現実を何年間も理解しませんでした。囲碁で先にコンピュータ優位と決まった後でさえ、大多数の国民はその異常さに気づいていません。

また、コンピュータを考慮しなくても、プロ将棋やプロ囲碁がいかに異常な制度になっているかも指摘してきました。それらの指摘は私以前にも多くの人がしてきたにもかかわらず、「そういう習慣だから」などの非科学的、非経済的な理由で、抜本的な改革もなされないまま、制度が継続してきています。そんな硬直的な制度は、日本で他にいくらでも見つけられるはずです。
日本人はこれらの異常さを、取り繕わずに、ありのままに「異常だ」と直視すべきです。その正しい現状認識ができない限り、なにも始まりません。そして、異常な現状を真摯に反省して、これからの未来、どうコンピュータを活用していくべきかを正しく考えなければならないはずです。


ただし、別の観点で見れば、希望もあると思います。日本人は認識を変えればいいだけで、これから長期間努力して新しい技術を獲得する必要はないからです。今ある技術を有効に活用すれば、それだけで日本人全体の生活水準を劇的に上げられると推測します。「日本が世界最高のAI国家になる方法」の記事(http://perfect-chaos.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/ai-4d6f.htmlに、私の考える、その最良の方法を述べています。

« アルファ碁勝利後の日本人の異常な反応 | トップページ | ソフト使用スキャンダルで盲目になるプロ将棋界 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電王戦の意義:

« アルファ碁勝利後の日本人の異常な反応 | トップページ | ソフト使用スキャンダルで盲目になるプロ将棋界 »