将棋

2017年2月21日 (火)

The excellent board gamer should become a professional shogi player.

Shogi shares similar rules and the same origin with chess. The all legitimate states of shogi is 10 power to 70, those of chess is 10 power to 47, and those of go is 10 power to 170. In short, shogi is more complex than chess and much less complex than go. Certainly, it’s more difficult to learn the rules of shogi than those of chess, however making money is easier for shogi than chess.

The players of shogi are estimated at about 4 million by the Japanese governmental survey. (cf: http://www.stat.go.jp/data/shakai/2011/) The top shogi player earns about 1 million dollars EVERY YEAR. (cf: https://www.shogi.or.jp/news/2017/02/201610.html) Even the rank 10th shogi player earns more than 150,000 dollars. Japan has about the 200 professional shogi players including female pros. Once you become a pro shogi player, you can usually make money enough to live in Tokyo for 20 to 40 years by playing just 10 to 80 matches per year. The rest 300 days of a year without matches? You can do whatever you want. I can’t find trustworthy data about how many chess players and how much top chess players earn, but I’m sure making money by shogi is much more efficient for effort than chess.

However, the pro shogi players are facing a risk of losing their jobs because of computer shogi. Computer shogi has revealed that the pro shogi players are so timid and so stupid that they can’t understand the truth of shogi found by computer. To my surprise, many Japanese people HAVE NOT YET understood that computer surpassed a top pro shogi player about 5 years ago even after computer go defeated a top go player last year. That is this blog topic. I think you can find an eccentric and noteworthy feature of the Japanese people on this blog.

Are the pro shogi players samurais?

The pro shogi players usually think highly of Japanese tradition. The pro shogi was born 400 years ago during samurai period, but the pro shogi players seem to think lightly of samurai spirits.

I believed the pro shogi players were samurais. Samurais always dare to challenge stronger players and never make any excuse. However, facing strong computers, a top pro shogi player had avoided challenging them for at least 5 years and made miserable excuses for it.

Interestingly, some Japanese CONSERVATIVE people have backed up this pathetic top shogi player. They said that they didn’t want to watch a top pro lose to computer even though other Japanese people had been eager to watch this historical shogi match between a human and a computer.

Why? Japanese conservative people respect samurai spirits and never accept cowards or any excuse for avoiding challenges, don’t they? One of the reasons is that conservative people despise new technology though they have never tried to defect from a high-tech country, Japan, but it doesn’t explain all of the reasons. I think that if you understand this, you could get a new insight into a Japanese or a human.

Are the pro shogi players really clever?

Meijin has been the highest title of the pro shogi players for 400 years. Mr. Ito made the first computer shogi to defeat a former Meijin, Mr. Yonenaga. (cf: https://en.wikipedia.org/wiki/Computer_shogi) Mr. Ito was also the first person to say broadly that a computer shogi surpassed even current Meijin.

It’s no wonder that almost all of the pro shogi players didn’t accept what Mr. Ito said. However, Mr. Ito proved that by statistics, Elo rating. Needless to say, shogi is a logical board game, so the pro shogi players must be good at logic, but actually most of the pro shogi players were not able to understand Elo rating for some years. They finally came to realize around 2016 that a computer shogi already surpassed the pro shogi players. (cf: http://news.nicovideo.jp/watch/nw2146725) Now, we are able to know that a computer shogi substantially surpassed a top pro shogi player in 2011 or 2012, thanks to Mr. Ito. (cf: http://aleag.cocolog-nifty.com/blog/cat60425624/index.html)

Still, without statistics, the pro shogi players must realize the contents of shogi the best in the world, so they should have come to know firstly that a computer surpassed a human. The fact is that they were not able to realize it for about 5 years. If they don’t understand even the contents of shogi, what do they exist for?

Another “Naked Emperor” in Japan

The Emperor’s New Clothes by Andersen has been one of the most popular fables in Japan. I think the reason why the Japanese people like this fable is that Japan has a lot of naked emperors.

A computer shogi defeated the pro shogi players many times,(cf: https://en.wikipedia.org/wiki/Computer_shogi) but some Japanese people still believe that it doesn’t mean computer surpassed humans because Mr. Habu, the most famous pro shogi player, has not yet been defeated by computer. Mr. Habu is the very man who has been wanted to challenge a computer shogi the most but escaped it for at least 5 years. I wrote on this blog that he spread ridiculous rumor to avoid a match with computer (cf: https://perfect-chaos.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-53db.html) and that he is the naked Emperor who insists that his clothes can’t be seen by fools.(cf: https://perfect-chaos.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-03e6.html)

However, this perspective hasn’t spread around Japan at all. Especially, the nationwide newspapers, which are the main sponsors for the pro shogi players, haven’t yet said officially that a computer shogi has surpassed Mr. Habu overwhelmingly. They managed to say that a computer might surpass a top shogi player. (cf: http://www.sankei.com/column/news/161009/clm1610090004-n1.html)

Actually, not only the pro shogi players but also a lot of the well-educated Japanese people haven’t realized that a computer surpassed Mr. Habu about 5 years ago although it can be proven scientifically, and some of them still don’t accept it. It’s unbelievable for a lot of the Japanese people not to realize it after an American computer go defeated a Korean top go player who is stronger than all of the Japanese pro go players. Shogi is more complex than chess and much less complex than go. Therefore, computer defeats humans firstly in chess, secondarily in shogi, and finally in go. Definitely, the things go that way. If you went through Japanese math education, you must understand that simple logic. It’s impossible even for Mr. Habu to win against computer because computer already defeated humans in go. I wrote that many times on this blog, but all of the nationwide newspapers, which must have a lot of Japanese well-educated journalists, haven’t yet referred to that topic. It’s so weird, but pathetically those kinds of peculiarities happen in Japan. The Japanese people sometimes consider a naked emperor well-dressed even though they know the emperor is actually naked.

If you know a well-known Western journalist, could you make him/her write this absurd fact? It’s very embarrassing to say, but the Japanese people suddenly admit a fact after the Western people point to it.

2016年11月 5日 (土)

日本が世界最高のAI国家になる方法

日本が世界で最も情報公開を進めれば、今すぐにでも世界最高のAI(コンピュータ)国家になれるでしょう。ビジネスチャンスは飛躍的に広がり、先進国で極端に低い生産性は段違いに向上するはずです。実力は正当に評価されるようになり、福祉に取り残された人たちを救えると考えます。

コンピュータが社会生活を豊かにする条件は、次の三つがあるでしょう。

①コンピュータ技術の向上

②コンピュータ使用についての法整備

③社会のコンピュータ認識の変化

ここでは①については触れません。現状のコンピュータ技術のままでも②と③を進めるだけで、日本が世界最高のコンピュータ国家になれると確信しているからです。まず、次の(1)を実現するだけでも、現在なら世界最高になれるでしょう。

(1)日本中の法人の金銭取引を全てネット上に公開する

この法人には行政機関も含め、金銭取引は給与も含めますが、私人の金銭取引は除きます。日本中の法人の全ての商品、全てのサービスの現在と過去の販売価格がネット上に公開されます。世界中どこからでも、日本語を理解している人なら、日本での金銭取引がネット上で簡単に把握できます。

たとえば、私が「プロ将棋ビジネス大成功!」で書いたスポンサー支援のプロ将棋リーグ企画が実現可能かどうか、以上の情報がネット上で収集可能であれば簡単に調べられます。どこそこの会場使用料と運営料はいくらで、どこの企業にチケット販売を委託する値段がいくらで、棋士の給与がいくらで、あちらの企業はスポンサー費用として観客〇人につき×万円を払ってもらえるから、観客を△人集めれば黒字にできる、などが一般人でも無料で計算できます。こんな社会になれば、ビジネスチャンスは今と比較にならないほど広がります。若者の起業家数は今の何%増ではなく、何倍にもなるに違いありません。国内や海外からの投資額は大幅に増えるでしょう。

メリットはこれに留まりません。「これだけ勤勉に働いているのに、なぜ日本人の生産性が低いのか」の疑問もこれで氷解します。同業他社と比べれば、非効率に人件費をかけている部署が分かるからです。また、自分の給与が全国規模で比較して不当に安いと分かり転職できるので、実力は正当に評価されやすくなります。倒産寸前の違法な会計操作は日本企業の情けない習慣になっていますが、それも事実上撲滅できます。生活保護の不正受給はゼロに近くなり、一方で、本来福祉の対象にすべき人たちが明らかになります。公的機関の金銭取引や公務員の給与も全てネット上に公開されるので、税金の無駄は激減するでしょう。

なお、全ての企業の全役員、全従業員の給与は公開しますが、その給与を得ている個人名は非公開です。家族に内緒でパチンコに費やしている金額や、買った下着の値段と種類などの個人の消費がネット上に公開されるわけでもありません。

それでも個人事業主などの収入が全世界に公開されるので、お金持ちが泥棒に狙われやすくなる恐れはあるでしょう。確かに、上の改革は大きなデメリットも確実にあります。しかし、全体で考えれば、メリットがデメリットを遥かに上回ると私は確信しています。また、そうなるように政府、国民が制度を運営できるはずですし、そうすべきです。たとえば、泥棒が発生しないように恵まれない人の福祉を充実するなどの方法があります。この制度を適切に運用して、日本中の理不尽や不条理や非効率や不公平を解消していけば、犯罪率はむしろ下げられるはずです。

この制度の導入により、事務処理の効率化は各段に進むと期待できます。そう遠くないうちにキャッシュレス社会にも自動的に移行するでしょう。日本中の全ての人がそれぞれ欲しいデータをネット上で探しやすくするため、あるいは比較しやすくするため、SEやプログラマーの仕事は大幅に増えるのは間違いありません。また、効率化によって削減できた人手は、現状で圧倒的に不足している福祉の手を差し伸べるソーシャルワーカーなどに大量に回すべきでしょう。パワハラ撲滅のための役人数などは数十万人単位かそれ以上に増やしてもいいはずです。

こんなことを提案すれば、「それでは企業秘密が世間に知れ渡ってしまうではないか」と猛反対する人が出てきます。しかし、企業が持つ技術や会議資料を公開するわけではありません。あくまで企業の金銭取引だけをネット上に公開します。どうしても金銭取引を非公開にする必要があれば、公的機関の許可を得た時のみ例外的に認めるべきで、よほどの事情がない限り、企業名と商品と金額と経費と給与を1円に至るまで随時ネットで公開すべきと私は考えます。

なお、何十年後かの未来でないと実現しないかもしれませんが、次の(2)(3)の改革も今すぐ適切に実行できれば、他国が到底追いつけないほど、日本がIT先進国になるでしょう。

(2)私人間の金銭取引を全てネット上で公開する

(3)日本人の位置情報を全てネット上で公開する

日本人であれば世界のどの場所にいるか、ネット上で正確に把握できます。また、誰が何時にどこの店でなにを買ったかネット上に一つ残らず記録され、統計データが出ます。希望しない場合は、個人データを非公開にすることも簡単にできますが、匿名の統計データとしての記録は保持されます。

こんなことを書くと「世間知らずの大バカ野郎! それだと嫉妬深い妻に、若い女性社員が飲み会にいたとバレるだろう! それだけで浮気したって激怒するんだぞ! データ公開拒否したって妻なら猜疑心から怒るに決まっている! 人の結婚生活を壊す気か!」などと考える人がいるでしょう。でも、そんな嫉妬深い妻がいる自体、おかしいですよ。その妻は精神的なサポートが必要で、(2)(3)の導入以前に重要な問題があります。むしろ、上のようなシステムを導入することで、その妻が精神サポートの対象だと社会に認知され、夫にとっても問題を一人で抱えなくて済むので、いいじゃないですか。

私は(2)(3)が今すぐ導入されても問題ありません。(2)(3)の導入に抵抗する人は、本当に浮気しているか、近しい人に嘘をついているか知りませんが、なんらかの後ろめたいことがあるからでしょう。結婚後の浮気(不貞)は不法行為ですし、後ろめたいことは誰にでもあるので、なにも嘘をつかなくてもいいはずです。個人情報を非公開にするシステムでも救済されないほどに嘘をつく必要があるなら、大抵、その裏には個人ではなく社会として解決すべき問題が隠されていると推測します。確かに(2)(3)にデメリットはありますが、メリットも多くあります。より成熟した社会になれば、メリットがデメリットを凌駕するように運用していけると私は考えています。

(2)(3)のメリットとしては、まず、家に鍵をかけなくていいことが挙げられるでしょう。持ち主の許可なく泥棒が家に入った時点で、その泥棒の位置情報が警察に自動的に行って、すぐに逮捕できます。集団どころか個人の消費行動まで追跡できるので、在庫は極限まで減らせるでしょう。一人ずつの需要と供給を結びつける開発、製造、流通、販売システムも完成できるはずです。社会面でいえば、上記のように浮気が難しくなるので、もてる人が複数の異性と付き合うことは少なくなるに違いありません。あるいは、女性が自身の収入以下の男性と結婚する確率は3%以下であるが、20代女性の平均収入以下の20代男性は33%であると、怪しい雑誌の調査ではなく、公的な統計で判明したりすれば、結婚率上昇のためにどのような対策をとるべきか社会全体で考えられ、少子化問題を解決できるかもしれません。

このような情報公開社会を提案すると、「1984年」などのSF小説を読みすぎなのか「管理統制社会」と批判したり、戦時中の憲兵による風紀介入を引き合いに出して「デートも気軽にできなくなる」と批判したりする人が必ず現れます。もちろん、公的機関、特に警察の情報介入は適切になされるべきで、それについては十分に考慮すべきです。しかし、役人が把握できる情報は原則、全てネット上に公開すべきだと私は考えています。公的機関の一部専門家は知っているが、一般人は知らない情報があるのは好ましくないでしょう。

それに、現在だってGoogleamazonなどの外国企業が日本企業や日本政府以上に日本人の位置情報や金銭取引情報を把握し、それを活用して利益を産み出しています。だからといって、日本社会に大混乱など生じていません。なにより、外国企業に日本人の膨大な情報を日本企業や日本政府以上に利用されて、悔しくないですか?

少し話は脱線しますが、「アップル帝国の正体(文藝春秋、後藤直義著,森川潤著)」という、日本のiPhone使用者全員に読む義務を課したいような本があります。iPhoneの精密部品の多くを日本企業が作っているものの、アップルにそれらの精密部品を安く買いたたかれて、膨大な利益をアップルに持っていかれている構造が赤裸々に書かれています。私にとって最も悔しかったのは、iPhoneの液晶画面を1億個も作っているシャープ工場のある三重県亀山市で、「そんな田舎でiPhoneが売られていたらブランドイメージに傷がつく」という理由から、アップルがiPhoneの販売を認めていない現実です(現在は販売されているようです)。幕末、高杉晋作が上海に行って、「中国人が作った中国にある橋なのに、イギリス資本という理由で、中国人の無料通行は一切認められていない」現実を知り愕然としたことを思い出しました。アップルによる屈辱的な搾取が起きる大きな理由は、日本製造業についてのアップルの情報収集能力だと、上記の本を読めば分かります。情報を非公開にしたところで完全機密にするノウハウもない日本人相手なら、情報の価値を知り抜いている外国企業相手に勝てません。だったら、最初から情報を全て公開すればいいんですよ。それに、一部の怪しい情報通、一部の大企業、公的機関だけが情報を利用できる不平等は好ましくありません。どんな人でも日本中のあらゆる基本情報をネット上で簡単に利用できていたなら、新しいアイデアが今の何百倍以上も生まれていたはずです。日本語の特殊性があるのに外国企業につけこまれることもなく、日本人の誰かがiPhoneのような製品を作って、数兆円規模の利益が日本に毎年入っていたことでしょう。

(1)(2)(3)の改革は夢物語のように思われるかもしれませんが、100年後にはどの国でも導入しているに違いありません。そのような情報公開制度を効果的に運用する社会をいち早く実現すれば、日本が世界をリードできると私は確信しています。多くの日本人が1日でも早くそれを理解して、日本が世界に先駆けて情報公開社会を達成し、物資的にも精神的にも豊かになれることを願っています。

(付記)

粗削りですが、この記事のアイデアは「新・船中八策」と呼べるほどに、日本の進むべき情報社会の姿を20年から50年は先取りして示せたと自負しています(とプライドの高い筆者が自惚れています)。こんなブログで「便所の落書き」で終わるのはもったいないアイデアのように思うので、誰か広めてくれると嬉しいです。これ以上のアイデアは私に考えられないでしょうから、『アメリカとヨーロッパの経済比較から、プロスポーツやプロ棋界の廃止により日本人の一人当たりGDPが向上する仮説』『人工知能バブルが起こる危険性』『将棋・囲碁を教育に用いた場合の悪影響』『プロ棋士は性格(礼儀作法や話し方)が素晴らしくても、人間性(話す内容)は空っぽである』など、語り残したテーマはありますが、こちらのブログはしばらく休止する(あるいは終了する)つもりです。上から目線と皮肉の度合いがひどくなる一方のブログをここまで読んでいただき、誠にありがとうございます。また、特にプロ将棋ファンの心情を著しく害して、大変申し訳ありませんでした。

2016年11月 4日 (金)

ソフト使用スキャンダルで盲目になるプロ将棋界

次の記事で、このブログは一度閉める予定ですが、その前にこの記事を挿入しておきます。プロ将棋界の視野狭窄はこれまでに指摘した通りで、この記事を書く時期に話題になっているソフト使用スキャンダルはプロ将棋の存在価値を広い視野で見つめる絶好の機会のはずなのに、そうはなっていません。むしろ情報発信する棋士やファンの多数は、新しいスキャンダル情報のたびに興奮して、その真偽に振り回されている有り様で、視野狭窄は極限まで進み、もはや盲目と言っていいほどひどい状況です。

日本人全体でいえば最初から記憶に残っていない方が大半でしょうが、プロ将棋界ではこの1ヶ月ほどソフト使用スキャンダルで天地が動転したかのように大騒ぎしています。それは別にいいのですが、「この機会にプロ将棋界のあるべき姿を考えよう」「ソフトが強くなった今、プロ将棋はどうあるべきか考えなければいけない」の掛け声はあるものの、そこから踏み込んで「どのような改革を断行すべきか」の案がなぜか出てこないようです。せいぜい不正防止策などの案が出る程度です。それだけでは、スキャンダル前の状況に戻るに過ぎません。私がこのブログに書いてきたような考察はどこにも、本当に一つも見つけられません。まるで政治スキャンダルの報道にはいちいち過剰に反応して批判を浴びせるくせに、政治改革の報道になると難しいからとそっぽを向く無知蒙昧な大衆を観る気分です。以前にも書きましたが、バカな政治家がいるのはそれを支持するバカな民衆がいるからで、プロ棋士制度が対局時間の大幅短縮などの最低限の改革すら行われていないのは、それを固持しようとするプロ棋士たちがいて、それを支持するファンがいて、無関心ながらそれを容認する国民がいて、そしてプロ棋士制度を金銭的に援助するスポンサーがいるからです。

この機会に、プロ棋士全員にどうして今の仕事をしているか、聞いてみたらどうでしょうか。

・家族の食い扶持を稼ぐためでしょうか?

・頭がいいとチヤホヤされたいからでしょうか?

・自分の好きな遊びでお金儲けをしたいなんて幼稚な理由でしょうか?

最後の理由を幼稚と言うのは失礼かもしれませが、私の実感です。好きなことを仕事にできないどころか、できればしたくない仕事に従事して、なけなしの金を稼ぐだけの若者なんて、日本に何百万人もいます。ストレスばかり感じて、毎日自殺を考えている若者だって何名いるか分かりません。無料の自殺相談電話に24時間いつかけても、すぐにかからないことを知っているプロ棋士は何人いますか? あまりにかける人が多くて、まずつながらないのです。そんな状況から這い上がって、なんとか医学部に入ったが、卒業前には奨学金の借金が1千万円を越えている奴だって世の中にはいます。そんな奴からすれば、上記の三つに類似した理由だけで棋士であるなら、くだらないですよ。自分やその周りの人だけではなく、社会的に本当に価値のある仕事をしてください。

ここで「棋士がどれだけ努力しているか知っているのか! 十年以上も努力し続けて、ようやくプロ棋士になった若者が、人間とは桁違いに計算力の高い将棋ソフトに仕事を脅かされているなら、かわいそうと思わないのか。上の例で出てくる医学生が医師になった途端に、診断ソフトの登場によって仕事を奪われるようなものだ!」と言う人がいれば、私ならこう答えるでしょう。

「診断ソフトの登場によって、その医学生が診断の仕事をできなくなるのは仕方ありません。そもそも、その医学生が医師になる個人的な理由はともかく、人を病気から救うために、医師が社会的に価値を持ち、仕事として成立していることは理解しているはずですし、理解しなければなりません。診断ソフトが医師以上に人を病気から救えるのなら、その医学生は診断以外で人を病気から救えばいいだけです。ところで、棋士はなんのために将棋を指しているのですか? 日本人の1%も楽しみにしていない退屈な対局のためですか? ソフトが判断すればミスも多いプロ将棋の棋譜を、どこかのカルト集団の教祖の言葉のように、実は内容をよく理解していないファンたちに崇めてもらうためですか? 今回のスキャンダル騒動では、『不正を告発して、不正がなかった場合、告発者が罰せられる』というチェス界にあるらしい妙なルールを導入すべきだ、と主張する奴までいるようですね。チェスではソフト不正使用と不正摘発のイタチごっこをしていますが、そんなことまでプロ将棋界は後追いするつもりなんですか? プロ将棋界が世界に率先して示せる改革案や矜持はないのですか?」

2016年11月 2日 (水)

電王戦の意義

「人工知能が人間を目標に追いつき追い越すことについて(略)(社会を)いかにうまい方向へもっていけるかは、この電王戦の意義かなと思っています」(電王戦final5局後、ponanza開発者山本一成氏の言葉)

私を含め、電王戦を人間とコンピュータの関係を考える機会と捉えている人は少なくありません。ドワンゴの川上会長や朝日新聞社説からも同様の見解はうかがえるはずです。しかし、いまだコンピュータの誤解が蔓延しており、山本氏の言う電王戦の意義が達成できているとはとても思えません。日本がIT社会(コンピュータ社会)に遅れてしまった要因が、電王戦によって炙り出されていると私は考えています。

コンピュータ社会は20年以上前から到来しています。日本でも、いくつかの仕事がコンピュータによって消滅してきているはずです。しかし、先進国で際立って低い日本の生産性(http://www.jpc-net.jp/annual_trend/)の要因として、しばしばIT化の遅れが挙げられています(一例としてhttp://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je07/07b02030.html)そこでもう一歩踏み込んで、なぜ日本でコンピュータによる合理化が進んでいないのか、と考えてみると、「コンピュータへの誤解の蔓延」は必ず挙げられるべき要因だと今の私は確信しています。

母国民を称賛して恐縮ですが、日本人は極めて精密に仕事を進めます。その正確さと速さは世界中のどの国民をも圧倒しており、まるでコンピュータのようです。それこそが、1980年代後半、日本が歴史上最高の存在感を世界に示せた大きな要因であったはずです。しかし、コンピュータのような精密さは、進化するコンピュータそのものには、やはり勝てません。日本はかつての成功体験に執着して、コンピュータ優位の現実をいまだ受け入れられていないと私は考えます。

今後10から20年で日本の就業人口の49%が人工知能やロボットなどで代替可能になるとの予想が昨年末に発表されました(https://www.nri.com/~/media/PDF/jp/news/2015/151202_1.pdf)IT化がこれほど速く進むほどの「素晴らしい日本の未来」を私は想像できませんが、日本人がどれほど抵抗しても、100年後、コンピュータによって代替されている仕事は、49%かそれ以上あるとは想像しています。そして、コンピュータへの効果的な切り換えが遅くなるほど、日本人の生産性成長率が低くなり、世界経済から取り残されることは間違いありません。そんな当たり前のことすら理解せず、日本人は未開人のようにコンピュータを敵視し、その歴史の流れに抵抗しています。それは技術面の問題でなく、精神面での問題です。

まさに電王戦は、その日本人のコンピュータ認識問題を浮き彫りにしてくれました。この機会にこそ、自らの中にあるコンピュータへの異常な抵抗感に気づくべきです。もしかしたら、こんな機会は日本に2度とこない可能性だってあります。

人工知能はまだ学習能力も、思考能力も、感性能力もありません。人間に使われる道具に過ぎません。

一方で、コンピュータを有効活用すれば、事務作業を中心に、多くの仕事から人間を解放してくれるのも事実です。

将棋での人間とコンピュータの関係を通じて、いかに日本人が愚かであったかは、このブログでいくつも指摘してきました。非科学的な都市伝説を生み出し、人間有利の理不尽なルールを設定し、人間がコンピュータに負けている現実を何年間も理解しませんでした。囲碁で先にコンピュータ優位と決まった後でさえ、大多数の国民はその異常さに気づいていません。

また、コンピュータを考慮しなくても、プロ将棋やプロ囲碁がいかに異常な制度になっているかも指摘してきました。それらの指摘は私以前にも多くの人がしてきたにもかかわらず、「そういう習慣だから」などの非科学的、非経済的な理由で、抜本的な改革もなされないまま、制度が継続してきています。そんな硬直的な制度は、日本で他にいくらでも見つけられるはずです。
日本人はこれらの異常さを、取り繕わずに、ありのままに「異常だ」と直視すべきです。その正しい現状認識ができない限り、なにも始まりません。そして、異常な現状を真摯に反省して、これからの未来、どうコンピュータを活用していくべきかを正しく考えなければならないはずです。


ただし、別の観点で見れば、希望もあると思います。日本人は認識を変えればいいだけで、これから長期間努力して新しい技術を獲得する必要はないからです。今ある技術を有効に活用すれば、それだけで日本人全体の生活水準を劇的に上げられると推測します。「日本が世界最高のAI国家になる方法」の記事(http://perfect-chaos.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/ai-4d6f.htmlに、私の考える、その最良の方法を述べています。

2016年11月 1日 (火)

アルファ碁勝利後の日本人の異常な反応

私がこのブログを始めたのは「将棋より囲碁で先にコンピュータVS人間が決着した意味を、もしかして日本人の誰も理解していないのか」という戸惑いがあったからです。ブログを始めて7ヶ月くらいたちますが、上は全国紙社説から下はネットメディアまで、私と同様の意見を発見することはありません。それどころか「不屈の棋士」などに代表される全く逆の見解や、「一体どこをどう見て考えたんだ?」という私には理解不能な見解が満ち溢れています。

10年後の日本人には信じられないかもしれませんが、いまだに次のような事実があることを記しておきます。

1、囲碁でのコンピュータ勝利ニュースが世界中に流れた後に、「将棋でコンピュータがトッププロに勝っているのか?」という疑問を、多くの日本人ジャーナリストが普通に持っています。なお、ネットで1日も調べれば、その答えは4から5年前に出ていると、義務教育修了程度の統計能力があれば証明できます。

2、上のような疑問を持つのに、「もし将棋でトッププロがコンピュータにいまだに勝っていたなら、日本のコンピュータ技術はどこまで遅れているんだ?」という、私だったら必然的に生じる疑問は全く出てきません。

3、アルファ碁ニュースに「囲碁文化の乏しいアメリカのコンピュータがトッププロに勝ったのに、どうして日本製コンピュータがまだトッププロを倒していないんだ!」、「遥かに複雑な囲碁でコンピュータ優位が公式に決まったのに、将棋でコンピュータVS人間決戦が遅れているのは日本の恥だ!」と私は考えたのですが、それらの発想がほぼ全て(推定で99.9%以上)の日本人にありません。

繰り返しますが、アルファ碁勝利直後だけの話ではなく、7ヶ月たった今も、上の事実が継続しています。10年後の日本人なら、「なんで誰も上の事実の異常さに気づかないんだ? Googleが日本中に催眠電波でも送っているのか?」という私の戸惑いを理解してもらえるのではないでしょうか。

1980年代後半、世界最高最強の国家であるアメリカの人たちに「憎らしいほど精密な日本製品をぶち壊せ!」と発狂行動をとらせるほど、高度な科学技術力を誇った日本の姿はもはやありません。ITメディアまでが、プロ棋士と人工知能(コンピュータ)を並べると、プロ棋士を応援して、コンピュータを敵視しているほどです。コンピュータを使って書いた『コンピュータは敵だ』メッセージをコンピュータ上に流していることに、なんの疑問も感じず、そんな記事を書くライターにIT企業が給与を払っているのですから、喜劇以外のなにものでもありません。コンピュータで生活がこれまで豊かになってきて、これからも豊かになっていくことに、本当の本当に気づいていないようです。現在、アメリカが先導する科学技術相手に発狂しているのは、日本人です。

どうして日本人は科学技術でここまで落ちぶれてしまったのでしょうか。まるで「魂を抜かれる」とカメラに怯える未開人のようです。残念ながらカメラにそんな凄い機能がないように、人工知能にも日本人が恐れるほどの凄い機能はありません。

いいかげん、未開人並みの発想を逆転させましょう。「人間の仕事の49%がコンピュータに奪われる」のではなく、「人間の仕事の49%がコンピュータにしてもらえる」が正しいです。つまり、今やっている仕事の49%もコンピュータが自動的に処理してくれるのです。人類にとって進歩以外のなにものでもないはずです。

たとえば、次の事実はどう思いますか?

1920年から2000年までの80年間に、ある産業の就業人口割合が約49%も下落しました(http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/11/s1111-6b.html)

もちろん、その衰退した産業は農林水産業(第一次産業)です。これを、機械が人間の仕事を奪ったと解釈しますか? 普通に考えれば逆でしょう。機械が人間の代わりに面倒な仕事をしてくれるようになったのです。結果、人間の生活が楽になり、空いた時間により価値ある仕事ができるようになりました。この流れを止めることはできませんし、止めるべきでもないはずです。もし止めようとしたら、日本経済が最悪の状況に追い込まれるだけでしょう。

また、上の事実に対して、もし1920年からのわずか20年間で第一次産業の就業割合が49%減少していたら、それをどう考えますか? 日本が急ピッチで近代化を進めた証拠になったでしょう。むしろ喜ばしいニュースのはずです。

電王戦の意義は、日本人のコンピュータに対するひどい誤解を浮き彫りにしたことにある、と私は考えています。あるいは、電王戦こそ、日本人が既に到来しているコンピュータ社会にいかに適応していくべきか考える絶好の機会である、場合によっては最後の機会である、と考えています。これについて、次の記事でさらに掘り下げます。

2016年10月27日 (木)

将棋とプロ将棋は区別すべきである

プロ棋士やプロ棋士ファンがしばしば混同していますが、将棋とプロ将棋は別物です! あまりにも混同されているので、この違いはどんなに強調してもいい気がします。また、私もこのブログの一番初めに書くべきだったかもしれませんが、この違いの差こそ、プロ野球との最大の差でしょう。つまり、野球で遊ぶ人よりもプロ野球ファンは遥かに多いのですが、プロ将棋ファンは将棋で遊ぶ人よりも遥かに少ないのです。重要な違いなので、下に繰り返します。

 野球 ……  野球競技人口   << プロ野球ファン人口

 将棋 …… プロ将棋ファン人口 <<  将棋競技人口

より具体的な数値を出します。

プロ野球ファン人口……2998万人(参照:三菱UFJリサーチ&コンサルティングとマクロミル「2015 年スポーツマーケティング基礎調査」)

野球(キャッチボール含む)競技人口……812万人(参照:総務省「平成23年社会生活基本調査」)

将棋競技人口……393万人(参照:総務省「平成23年社会生活基本調査」)

プロ将棋ファン人口……不明

残念ながら、プロ将棋ファン人口を公平に求めたデータは見つけられませんでした(あったらコメントにぜひ書いてください)。ただ、将棋番組の推定視聴率と私の周りにいた将棋好きとの会話から考えて「プロ将棋ファン数<<将棋好きの数」だと確信しています。ほとんどの将棋ファンは、プロ将棋に関心など全くなく、将棋で遊んでいると推測します。だから、プロ野球を廃止したら、そのせいで野球競技人口が激減する可能性は高いかもしれませんが、プロ将棋を廃止しても、そのせいで将棋競技人口が激減する可能性はあまりないでしょう。

もしそうであるなら、トッププロがソフトよりも実力で遥かに劣る今、プロ将棋が存在する意義はないはずです。まずはプロ将棋ファン人口と将棋競技人口が等しくなる程度には、プロ棋士たちは普及活動に邁進すべきではないでしょうか。また、どのように将棋を活用すれば今後の社会で有益であるか、私がこのブログで論じてきたよりも広く深く、プロ棋士たちは考える責任があるはずです。

ところで、日本将棋連盟の公式HPには、根拠を示さずに将棋人口を1500万人と書いています(http://www.shogi.or.jp/faq/other/)。どうやら将棋連盟は日本政府の公式調査を信用できないようなので、公益社団法人認定を取り消して、日本から出て行ってもらうといいでしょう。
冗談はともかく、日本将棋連盟は定款で「普及」を目的としているので、プロ将棋ファン人口はどんなにお金がかかっても、公平に求める義務があるはずです。会社の利益増を目標にしたのに、今年の利益数値を知らない上に、目標値を定めていないでは、話になりません。また、日本将棋連盟のスポンサーである大手新聞各社も、プロ将棋ファン人口の数値には敏感になるべきでしょう。
というより、日本で最も質の高い情報を集められるはずの大手新聞各社が例外なく将棋連盟に毎年、何千万円や何億円と寄付しているのに、プロ将棋ファン人口の公平な数値が発見できないのは、一体どうしてなのでしょうか? 新聞社はなんの計画もなく、なんのチェックもせず、なんの改善要求も出さないまま、日本の伝統文化だからと、将棋連盟に何十億円も払い続けてきたのでしょうか。

2016年10月26日 (水)

将棋は面白いゲームですが、人生をかけてはいけません

こんなたとえ話はどうでしょうか?

わずか3才で九九を暗唱できるようになった佐藤くんがいました。そんな佐藤くんの優秀な頭脳に感動して、佐藤くんの掛け算能力を伸ばすことを目的とする変な団体ができてしまいました。佐藤くんは団体の人たちに励まされ、毎日家の中で掛け算能力を伸ばすことだけに没頭して、学校にも通わず、就職もしませんでした。佐藤くんの生活の世話は全て団体がみます。佐藤くんはその甲斐あって99×99を暗唱できるようになり、999×999を暗唱できるようになりと、掛け算能力を伸ばして、団体の人たちはそれを褒めそやします。そんな生活を続けたまま佐藤くんは47才になって、ついに10桁の九九を暗唱できるまでになります。そこで佐藤くんを発見した私が「世の中には電卓というものがあるんですよ」と教えます。「私が人生をかけて取り組んできた計算は、全く意味のないことだったと言うのか!」と佐藤くんが叫びます。私はこう答えます。

「そんなの当たり前じゃないですか。どうしてもっと早く気づかなかったんですか? どうしてもっと視野を広げなかったんですか? どうしてそんな当たり前のことをあなたに教える人がいなかったんですか?」

プロ棋士は、上のたとえ話を笑えるでしょうか? 上では佐藤くんより計算能力の高い電卓が現れていますが、そんな機械の有無にかかわらず、人生を費やして将棋や囲碁を考えるべきでないことは自明の理です。その自明の理に気づかないどころか、全く反対の信念を何十年間もの長期に渡って持っている人は、本来、この社会にいるべきではありません。上のたとえ話が現実にあったら、もはや佐藤くんの社会復帰は不可能で、残りの生涯は精神病院かどこかで収容しないといけないほどの危険人物になっているかもしれません。

……というのは、意地悪この上ないコメントですね。プロ棋士はもちろん、将棋や囲碁を趣味にしている人に、こんなコメントを言えば、気分を害することは間違いありません。(もう何度目か分かりませんが)私の性格の悪さを露骨に出して、申し訳ありませんでした。

ただ、「不屈の棋士」を改めて読んで、プロ棋士たちは将棋を指してお金をもらっていることに生涯で一度も疑問を感じていないのではないか、と強く思い、特に佐藤康光氏の傲慢さと視野狭窄と自己中心さと非科学的思考はひどすぎると感じたので、あえて書いています。

(以下は蛇足です)

なお、言うまでもなく、全てのプロ棋士は義務教育を修了しています。社会で生きていくための最低限の視野の広さは身に着けています(そのはずです)。その後の生涯だって、外からの情報を遮断されているわけではありません。上のたとえ話なら、変な団体が加害者で、佐藤くんは被害者と言えるかもしれませんが、プロ棋士はそんな言い訳もできません。以前、このブログに「たかが将棋に本気になってしまうのか、本気になれるのか」と私は書きました。これは「酒は飲んでも飲まれるな」と同じような意味のつもりです。たかが将棋に本気になれるのは、人生をより豊かにすることになるので、好ましいと思います。しかし、将棋のことになると正気を失くしてしまうほど没頭してしまうのは危険です。あくまで自分が主体的に将棋に取り組むべきで、将棋が主で自分が従になってはいけません。全ての人にとって、将棋と比較できないほど大切な存在はいくらでもあるはずです。それくらいは社会人である以上、自明の理にしておくべきでしょう。

このブログを読む人には未成年者もいるかもしれないので、将棋ではなく上司が主となって犯罪者になった知人の話を付け加えておきます。その知人はパラハラ上司の命令で嫌々ながら飲酒運転をして、警察に捕まり、「上司に命令されたから仕方なかった」と被害者であるかのように主張しました。もちろん、1人前の社会人のそんな言い訳が通用するはずもなく、立派な前科がつきました(明らかな脅迫があれば話は別だったでしょうが、その証拠がなかったり、性格のキツイ上司に頼まれた程度だったりしたなら、当然、罰が科されます)。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー